湘南で風をかわすポイント4選!風が強くてもサーフィンできるのはどこ?

風の吹き流し

 

湘南エリアでのオンショアの風向きは南東から西風。サーフィンで風をかわすことができるポイントを紹介します。

湘南のサーフィンポイントについてはこちら

 

【大磯】

西側にある漁港の防波堤の影響で西系の風をかわすポイント。冬の西高東低の西風の時にはパワフルで比較的面の良い波で遊べます。地形が深いことが多いので満潮は避けると良い波に巡り会えるかも。

 

【茅ヶ崎パーク】

こちらも西側にある防波堤(Tバー)で西系の風ををかわすポイント。西風よりは南西くらいの向きの方が波質が整っていることが多い。ただし、そんな日の夕方はローカルキッズ達やローカルプロサーファーが堤防脇でセッションを繰り広げています。

そんな時は堤防脇よりは風の影響を受けますが東側に行けば空いていることが多いのでオススメ。初心者であれば潮の流れに気を付けながら堤防寄りのインサイドが狙い目です。

 

【由比ヶ浜】

実はこのポイントは風をそれほどかわせません。ですが湘南のよく吹く南西風がまっすぐ陸に向かって吹くストレートなオンショアとなりサイドから吹く風波とは違いオンショアの割に乗りやすい風波となるのです。初心者は東寄りの材木座方面に避けた方が波が小さいのでオススメです。

 

【逗子海岸】 

湾の奥である事と比較的西向きのポイント、正面から風を受ける西の風波が乗りやすいオンショアとなります。普段は波が立たないビーチなので上記のポイントより1〜2サイズ位小さいこともあって初心者向き。ただビーチの西側にはリーフがあり、風が強いときには沢山のウィンドサーファーで賑わうので注意は必要です。

 

こちらの記事もおすすめ!

 

About 波乗り和尚S 29 Articles
寝ても覚めても海が好き。頭の中はサーフィンのことでいっぱい。サーフィン歴は15年で特技は脳内サーフィン、悟りを開くために日々瞑想。

1 Trackback / Pingback

  1. 湘南のサーフィンポイントまとめ!エリア別に特徴を紹介!初心者向けはどこ? | 波乗りハック

Comments are closed.