サーフィンは体で覚えろ!…でもどうやって?体に覚えこませるコツを伝授!

サーフィン

「サーフィンは体で覚えろ」

というと、「がむしゃらにとにかく数をこなせ」と聞こえるかもしれないがそうではない。サーフィンに限らずスポーツはがむしゃらにやっても上達に限度がある。それどころか変な癖が付くことも…

「サーフィンを体で覚えろ」とは『無意識でも体が正確に動くように』ということ。

 

サーフィンを体で覚えるとは?

テイクオフの動作『手をついて体を起こす』という簡単な動きを例にしてみよう。初めてサーフィンをする人は『手をついて体を起こす』という動作を手を伸ばし前をみて体も起こしてなど…考えながら体を動かすことになる。これは意識しながら体を動かしているので体で覚えてる状態ではない。

逆に中上級者はテイクオフで体を動かすことに意識を置いていない。波に乗れたら立とう。そう思うと反射的に無意識のうちに『手をついて体を起こす』さらには足まで持ってきてしまう。これは体が覚えている状態。

要はサーフィンのあらゆる技術をこの状態にできれば、頭で何も意識しなくても波に合わせて勝手に体が動く。おそらくプロサーファーほどの実力があればこれに近いだろう。

 

サーフィンを体に覚えさせるコツ

ではサーフィンを体で覚えるにはどうすればいいのか?それは正確な動作を頭で意識しながら繰り返す。これを続ければ徐々に意識しない状態でも体が反応して動けるようになる。正確な動作を頭で意識して繰り返していくと、正確な動作をするための力の入れ具合などもわかってくる。

そうなると一つ一つの動きの過程に意識を置くのではなく、力の入れ方に意識を置くようになってより無意識に近づいていく。そして力の入れ方に慣れてくれば反射的に体が動くようになる。そしてその時、「体が覚えた」状態になる。

気をつけなければならないのは、これによって悪い癖も体が覚えること。悪い動作を繰り返せば自然に体がその動きを覚えて直すのも難しい。

 

まとめ

自分のイメージ通りに体は使いたい。でもそこには意識を使ってしまうと他の事が疎かになってしまう。

1つ1つの動作に意識をとられなければ新しいことにチャレンジできる。ただでさえ波は変化していて気をとられやすいので、なるべく自分の意識の容量は余らせながらサーフィンができると上達も早くなるのではないか。

 

About 波乗り和尚S 27 Articles
寝ても覚めても海が好き。頭の中はサーフィンのことでいっぱい。サーフィン歴は15年で特技は脳内サーフィン、悟りを開くために日々瞑想。