ドルフィンスルーのやり方&コツを解説!練習方法も!【動画あり】

イルカ

 

サーフィンをより楽しむために初心者がいち早く身に付けたいテクニックの一つ「ドルフィンスルー」、パドルのスピードは不可欠ですが身に付けているとサイズのある波でも波をかわして沖に出やすくなります。

素早く沖に出るためのテクニックであると同時に、波に巻かれての事故を防ぐためのテクニックでもあります。

ドルフィンスルーは基本テクニックですが、実は苦手という熟練サーファーが多いのは事実です。今回は初心者向けにドルフィンスルーのやり方とコツを【動画】を交えて解説します。上達するための練習方法も!

 

そもそもドルフィンスルーって?

ドルフィンスルー(Dolphin Thru)とはパドルで沖へ出るときにうねりやスープに巻き込まれないようにボードと体を沈めて波をかわすテクニックです。アヒルが波をかわす姿に似ていることから海外ではダックダイブといわれています。

ドルフィンスルーはショートボードで使うテクニックで浮力のあるファンボードやロングは板を沈めるのが難しいのでローリングスルーなどのテクニックを使います。

腰以下のサイズのオフシュアの波であればドルフィンスルーを身につけていなくてもサーフィンを楽しめますが、それ以上の大きな波やオンショアなどで沖まで出なければならないときはドルフィンスルーができないと沖に出づらく波に巻かれる危険もあります。

 

ドルフィンスルーのやり方

ドルフィンスルーの基本手順

ボードのノーズ(前)を手で沈める

テール(後)を足で押し込む

体をボードに近づける

浮き上がる

パドルで勢いをつけて、ノーズ(前)を両手で沈め、テール(後)を足またはヒザで押し込み、体をボードに近づけて浮上します。

 

ドルフィンスルーのやり方の動画がこちら

 

ドルフィンスルーのコツは?

・パドルで勢いをつける
・体重をかけてノーズ(前)を沈める
・押し込む反対の足を上げる
・潜ったらボードに体を密着

ドルフィンスルーは下に潜って波をかわすので、ある程度深く潜らなくてはなりません。深く潜るにはノーズ(前)を沈めるギリギリまでパドルで勢いをつける必要があります。初心者でよくありがちなのが早い段階でパドルをやめてしましスピードがつかず勢いのないまま波に押し返されてしまう失敗です。

深く潜るためにノーズ(前)をしっかり沈めるのもポイントで腕の力に頼るよりも体重をかけて沈めたほうがよりノーズ(前)が沈みやすくなります。

テール(後)を足で押し込むときは反対の足を上げたほうが動作がやりやすくなります。そして沈めたボードに体をより密着させたほうが波の抵抗を避けられます。

 

ドルフィンスルーの練習方法は?

最後に、ドルフィンスルーの練習方法についてです。実際にドルフィンスルーをするべき波の状況でとにかく数をこなすことも大切ですが、初心者はまず波のない日やない場所で基本の形を覚える練習がおすすめです。

波のない日やないところでドルフィンスルーの手順

ボードのノーズ(前)を手で沈める

テール(後)を足で押し込む

体をボードに近づける

浮き上がる

この動作を繰り返し基本の形や動作がイメージできるようになってから実際の波で練習したほうがより上達が早くなります。

 

初心者向けテクニック解説記事のおすすめはこちら

About 波乗りハック編集部 52 Articles
「サーフィンがもっと楽しくなる!」をコンセプトにした情報メディアです!初心者から熟練者までが役立つ情報を発信しています!