大原洋人のプロフィール!身長は低い?実績やスポンサーは?姉も有名人?

サーフィン

日本人プロサーファーとして初めて、全米のオープン大会で優勝を果たした大原洋人さん。日本・千葉県生まれで一宮育ちという大原洋人さんですが、現在は世界を舞台に活躍するサーファーとして注目されています。

ここでは、東京オリンピック代表候補ともされているサーファー・大原洋人について詳しくご紹介していきたいと思います。まだまだ日本ではマイナー競技のサーフィンですが、オリンピックでメダルを獲得すれば一気にメジャースポーツとしてさらに人気が出るはず。そんなメダル獲得への期待も高い大原洋人さんのルーツをさっそく見ていきましょう。

 

大原洋人って?

 

View this post on Instagram

 

Hiroto Ohharaさん(@hirotoohhara)がシェアした投稿

大原洋人さんは、「全米オープン優勝」という日本人で初めてビックタイトルを獲得したプロサーファーです。小柄な体格ながら海外の選手に引けをとらないパワフルなサーフィンで、ランキングをぐんぐんと伸ばしている国内若手サーファー注目株のひとりとなっています。

大原洋人さんは高校生の頃からプロ意識が高く、英語での日常生活も問題なくこなせるほどの語学力を持っているサーファーです。これは若い頃から世界を見据えて勉強してきた結果で、英語の成績だけでなく、中学生の頃にはすでに日本でサーファーのプロ資格も取得しています。

なお、大原洋人さんは高校卒業後、ハワイへと移住し、トレーニングと主戦場を海外へと移しました。小さな頃から海の近くに住んでいて、波とは常に一緒に遊んできたという大原洋人さん。東京オリンピック2020においては日本代表候補のひとりに名前が挙がっていて、同じ若手サーファー・五十嵐カノアさんと共に日本のサーフィン界を牽引していく存在です。

五十嵐カノアのプロフィールはこちら

 

大原洋人のプロフィール

 

View this post on Instagram

 

Hiroto Ohharaさん(@hirotoohhara)がシェアした投稿


大原洋人さんは公式サイトにて身長を162cmと公表しています。海外のサーファーと比べるとかなり小柄で、世界のトップ選手はだいたい180cm前後です。しかし、小柄な体格を活かしたライディングを得意としていて、エッジの効いたターンなどが魅力でもあります。

1996年11月14日生まれで、2018年現在においては22歳となる年代にあたります。まだまだ若手の括りとされていますが、8歳からサーフィンを始めているため経歴としてはすでに15年のキャリアがあります。

大原洋人さんは千葉県の外房に位置する志田下・釣ヶ崎海岸をホームとしていて、日本の大会にも数多く参戦しているプロサーファーです。出身高校は「明聖高等学校」で、通信コースを卒業。高校自体は千葉県・千葉市にありますが、通信制なのでほぼ自宅学習のみといった生活を送っていたようです。

ちなみにこちらの明聖高等学校にはサーフィン部があり、全日本サーフィン選手権などで毎年上位入賞を果たすほどの強豪校です。おそらくこうした実績も込みで、こちらの高校に進学したのでしょう。

実際に、大原洋人さんが住んでいた千葉県長生郡・一宮町からだとかなり距離がありますから、ほぼ部活動メインの青春を過ごしていたことが予想されます。

また、自分の勉強したい英語などを集中的に学べたのも、この自由な校風ならではといったところです。10代半ばですでに自分の将来を明確にビジョン化できていたというわけですから、ものすごい選手といえるでしょう。

 

大原洋人のサーフィンの実績

 

View this post on Instagram

 

Hiroto Ohharaさん(@hirotoohhara)がシェアした投稿


大原洋人さんはいくつもの「日本人初」という実績を残しているプロサーファーです。16歳になる年にはカリフォルニアで開催された全米アマチュアオープン大会で日本人初優勝。

そして同じ年に日本の湘南で行われたワールドサーフリーグ「WQS湘南オープン」では最年少優勝を果たしています。

翌年には世界のアンダー20クラスでの大会で日本人初優勝。その後、高校を卒業した大原洋人さんはサーフィン一本の生活になります。2015年には19歳になった大原洋人さんですが、この年に日本人として初めて全米のオープン大会で優勝という偉業を達成しています。

これはカリフォルニアのハンティントンビーチで開催された「Vans US Open of Surfing」の大会ですが、世界のトップクラス・人気サーファーを抑えての優勝ということでサーフィン界でも大きなトピックスとして取り上げられました。

この大会の優勝をきっかけに大原洋人さんは世界のトップサーファーの仲間入りを果たし、世界でのQSランキングも最高2位という成績を残しています。
これまで日本人でQSランキングの上にあたる、CT(チャンピオンシップツアー)ランキングに名前を連ねた人はいませんでしたので、こちらも日本人初のCT入りが期待されていましたが…。

その役目は同年代のプロサーファーである五十嵐カノアさんに持っていかれてしまいました。しかし、もちろん大原洋人さんも今後CT入りを有望視されていますので、注目したいところです。CTに参戦できる可能性がある日本人というだけで、正直かなりスゴイことですのでぜひ応援しましょう。

2020年に行われる東京オリンピックではサーフィンが正式種目に初めて登録されていますから、大原洋人さんの「初出場」そして「日本人初」のメダルに期待です。

 

大原洋人は姉も有名人?

大原洋人さんは自身だけでなくお姉さんも「日本人初」の記録を持っています。あまりにも日本人初を連記しているので、なんだか軽く思われてしまいそうですが、どれも偉業揃いです。

大原洋人さんの姉は、プロボディーボーダーの「大原沙莉」さんです。ちなみに「さり」と読みます。お母さんがボディーボードに携わっていたということで、大原家では小さなころからマリンスポーツに関わる習慣があったようです。

お姉さんである大原沙莉さんは、日本人女性として初めて世界のボディーボード大会で優勝した実績を持っています。さらに初優勝後にはワールドツアーで2位や3位といった好成績を連続で収め、最高で世界ランキング3位にまで登りつめている実力者です。

当たり前ですがこのランキングも日本人としては初めての偉業で、いまだにこの記録を超える選手は現われていません。姉弟揃ってプロマリンスポーツ選手ということですから、洋人さんがオリンピックに参戦すれば注目を集めそうな予感です。

 

大原洋人のスポンサーは?

 

View this post on Instagram

 

Hiroto Ohharaさん(@hirotoohhara)がシェアした投稿


プロサーファーである大原洋人さんには数多くのスポンサーが付いています。
代表的なところでいいますと「ムラサキスポーツ」や「Hurlay」といった会社です。そのほかにも有名なサーフブランドも数多くバックアップしています。

また、日本だとスポーツアイウェアブランドとして知られるオークリーや、エナジードリンクでお馴染みのモンスターなどの企業がスポンサードの対象としているため、その注目度の高さが伺えます。

ちなみに東京オリンピックのサーフィン会場として選ばれている場所が、千葉県の一宮に決まっているので、大原洋人さんからすると地元開催になります。
そうしたところに目を付ける企業も出てくるかと思いますので、代表選考の結果によってはさらにスポンサーを獲得することになるでしょう。

特に地元である千葉県を本拠地にする会社にとっては全世界に自社ロゴが発信されるチャンスですから、そういった面でも大原洋人さんには期待が寄せられています。

 

まとめ

これまで、千葉県出身のプロサーファー大原洋人さんについてご紹介してきました。小柄ながら抜群の身体能力と持ち前の度胸で、世界に挑む姿には感動すら覚えますが、その勇姿をぜひともオリンピックで見たい!というファンも多いことでしょう。

これから日本のサーフィン界、マリンスポーツ界を引っ張っていく選手でもありますので、今後も注目していきたいところです。
ぜひとも大原洋人さんには日の丸を背負って、故郷に錦ならぬメダルを飾ってもらいたいと思います。

About 波乗りハック編集部 70 Articles
「サーフィンがもっと楽しくなる!」をコンセプトにした情報メディアです!初心者から熟練者までが役立つ情報を発信しています!