サーフィンのパドル(パドリング)の基本とコツを解説!【お手本動画あり】

パドル

 

サーフィンの基本テクニックの一つパドル(パドリング)、パドルの速さはサーフィンの技術に直結するため初心者は基本とコツをしっかりマスターしたいところ。今回は初心者向けにパドルの基本とコツを解説します。お手本【動画】もあります。

 

そもそもパドル(パドリング)とは?

正式名称はパドリング(paddling)、サーフボードの上に横ばいになって手で海面を漕ぐ動作のことで一般的には「パドル」といわれています。沖に素早く出るためやテイクオフの前にしっかり加速するために必要になるテクニックで基本中の基本ですがサーフィンの上達に直結します。

 

パドル(パドリング)の基本

パドルの基本動作を解説します。

ボードの重心と体の重心を合わせる

パドルをする前、ボードに横ばいになりますがこのときに正しい位置に乗ることで大切です。前に乗り過ぎたり後ろに乗りすぎたりしているといくら漕ぎ方が良くても中々加速しません。正しい位置とはボードの重心に体の重心(へそ)を合わせます。

胸を張る

正しい位置に横ばになったらボードのノーズ(先端)が海面に出るように胸をやや張リます。

手を適度に閉じる

ストローク(漕ぐ動作)をするときに手が開いていて指と指の間隔があると海水をしっかり掴めないので加速しません。手を閉じすぎて力が入ってもいけませんが手はリラックスして適度に閉じます。

腕をしっかり伸ばす

ストロークが長ければ長いほど加速しやすので腕をしっかり伸ばしてできるだけ長く漕ぎます。

 

パドル(パドリング)のコツ

「パドルが苦手」「漕いでるのになかなか進まない」というかたは以下のポイントをチェックしてみてください。

力み過ぎない

パドルは漕ぐ動作ですので当然、力は必要です。しかし常に筋肉に力が入っていると出力が落ちてパドルのスピードも出づらくなります。筋肉は脱力後に収縮速度がアップする「サイレントピリオド」という特性があり大きな力を出す直前には一度力を抜いたほうがいいので、常に力を入れるのではなく出力の強弱が大切になります。

足を閉じる

両足が「ハの字」に開き過ぎていると水の抵抗を受けてパドルが進みづらくなります。両足はなるべく閉じてボードの幅に収まるようにすることで水の抵抗を減らすことができます。両足を閉じるとバランスを保つのが難しくなりますが、パドル上達のためにはバランスを保てるように慣れることが大切です。

胸をボードに押し当てる

パドルをするときに体が固定されていないと、いくら力を出してその力が外に逃げてボードは進んでいきません。胸骨の下あたりをボードに押し付けて体を固定することでそこで力を受け止めることでボードに力が加わり速く進んでいきす。

 

参考になるお手本動画がこちら

まとめ

サーフィンの基本テクニック、パドル(パドリング)の基本とコツを解説しました。パドルの上達はサーフィンの上達に直結するのでしっかりマスターしたいところです。参考になれば幸いです。

 

その他テクニックに関するおすすめ記事

 

About 波乗りハック編集部 52 Articles
「サーフィンがもっと楽しくなる!」をコンセプトにした情報メディアです!初心者から熟練者までが役立つ情報を発信しています!