ウェットスーツの洗い方&メンテナンス術を解説!寿命が1年伸びる?

ウェットスーツ

 

ウェットスーツの正しい洗い方・メンテナスをご存知ですか?日頃のメンテナス次第で寿命が1年伸びるともいわれているウェットスーツは高額ですので少しでも長く使いたいアイテム。今回はウェットスーツの正しい洗い方&メンテナンス方法を紹介します。使えるおすすめアイテムも!

 

なぜウェットスーツを洗う?

「どうせ海に入って濡れるのに何でウェットスーツを頻繁に洗うの?」と疑問を持つかたもいるでしょう。ウェットスーツを頻繁に洗うべき理由は主に2つです。

・雑菌・臭い対策

・長持ちさせるため

ウェットスーツを洗わずに使い続けていると雑菌が繁殖して嫌な臭いが発生します。嫌な臭いを発するウェットスーツは着る本人だけでなく周りの人も不快にさせます。また毎回サーフィン後に海水が着いたままウェットスーツを放置していると塩によってウェットスーツが劣化しやすくなります。ウェットスーツの素材は海水に弱いので頻繁に洗って潮抜きをすることでウェットスーツの長持ちにつながります。

 

ウェットスーツの洗い方

①潮抜きをする

②シャンプーで洗浄

③洗い流して陰干し

サーフボードと同じようにウェットスーツも塩が天敵で海水がついたまま放置しているとゴムの劣化が進みやすくなります。またウェットスーツの素材は熱に弱いため熱いシャワーのお湯で洗うと痛めることになります。そのため使用後は大きめのバケツに真水を貯めてウェットスーツをつけて潮を抜く作業をします。

ウェットスーツを洗うときに使えるバケツがこちら

 

潮抜きをした後はウェットスーツ専用の洗浄シャンプーで汚れを落としていきます。

市販のウェットスーツ洗浄用シャンプー

 

ウェットスーツ専用の柔軟剤もありシャンプーに加えてシリコンなど入った柔軟剤を使用すると仕上がりが柔らかくなり匂いもよくなります。

 

 

ウェットスーツの日頃のメンテナス

・日陰に干す

・折りたたまない

・熱のあるところに近づけない

サーフィンでの使用後や洗った後に日の当たるところに長時間干していると色あせの原因になると共に素材の劣化も進みます。なるべく日陰に干すことが大切です。

またシーズンが終わったウェットスーツを保管するときに折りたたんでしまうのもよくありません。ウェットスーツは柔軟性に優れた素材を使用しているので折りたたんでしまうと生地が伸ばされて痛みやすくなります。保管するときはハンガーにかけるようにしましょう。

そして先ほども少し説明しましたがウェットスーツは熱に弱いためストーブや車のマフラーなどに近づけすぎると痛むだけでなく表面が溶けてしまうこともあります。熱のあるところには近づけないようにしましょう。濡れているウェットスーツをドライヤーで乾かすのもよくありません。

 

まとめ

ウェットスーツの正しい洗い方とメンテナンス方法を紹介しました。わかっていてもなかなか気が進まないというかたもいるでしょう。ただ今より少し気にかけるだけでも効果はあるはずですので愛用ウェットスーツの洗い方やメンテナンスを少し気にかけてみてはいかがでしょうか。

 

その他ウェットスーツに関するおすすめ記事

About 波乗り修行僧K 37 Articles
サーフィンに魅了されて海近へ移住、サーフィン歴は5年でチューブの波に乗ることを夢見て日々修行中。