サーフィンでよくある怪我や事故は?原因や防ぐ方法を解説!

怪我注意

 

スポーツに怪我や事故は付き物、どんなに注意をしていてもゼロにすることはできません。サーフィンも同様で最善の注意をはらっていても防げない怪我や事故は多数あり、自然を相手にするので事故が死に直結することも。とはいえ起こり得る怪我や事故を把握してしっかり対策していれば起こる確率は下がります。

 

サーフィンでよくある怪我は?

サーフボードの接触による怪我

 

サーフィンでもっとも起きやすい怪我はサーフボードの接触による怪我です。自ら使うボードや他人のボードが体に接触して怪我につながります。ワイプアウトやゲットアウト中に波に巻かれて自分のサーフボードが体にぶつかったり近くにいた人が波に巻かれてそのボードが直撃したり、そうした事故によって打撲や骨折、出血することもあります。サーフボードは硬さがあり波の力が加わると衝撃はとても強くなります。

サーフボードの接触による怪我を防ぐには波に巻かれてボードが自分から離れたときは顔や頭を腕や手で覆って体を丸めます。顔や頭にボードが直撃すると大怪我に繋がりますが、その他の場所であれば軽傷ですみやすく体を丸めればボードが当たる確率も下がります。

またゲットアウトするときにパドルをしているサーファーの真後ろにいないことも大切です。前にいるサーファーが波に巻かれてそのボードが直撃するといった事故を防げます。

 

障害物に衝突する怪我

 

ポイントによってはリーフやテトラなど障害物に当たっての怪我も起こり得ます。ボードから下りたところにリーフがあって足を出血、波に流されてリーフやテトラに衝突など大怪我につながることもあります。障害物に衝突しての怪我を防ぐにはレベルに合ったポイントでサーフィンをすることです。特に初心者はリーフや障害物のあるポイントは避けたほうがいいでしょう。

 

まとめ

緊張感を持って海に入る初心者よりも少しサーフィンに慣れてきた中級者に怪我や事故が多いのは事実、余計な怪我や事故でサーフィンが楽しめなくなるのを防ぐために初心者はもちろん、中級サーファーも今一度心に止めてみてはいかがでしょうか。

 

その他 海の危険・トラブルに関する記事

About 波乗り修行僧K 37 Articles
サーフィンに魅了されて海近へ移住、サーフィン歴は5年でチューブの波に乗ることを夢見て日々修行中。