サーフィンの日焼けは【シミ・シワ】の原因?知っておきたい日焼け・紫外線のこと

日焼け止め

 

日焼けがシミ・シワの原因になるのは通説です。サーファーは日差しを遮ることができず照り返しのある海に長時間入ることが多いので紫外線の影響を多く受けます。

男性サーファーでシミやシワを気にする人はあまりいないと思いますが、女性サーファーはそうではありません。サーフィンを楽しみたいけどシミ・シワは作りたくないというサーファーは多いはずです。もちろん過剰に日焼けや紫外線を気にしていてはサーフィンを存分に楽しむことはできませんが、知識があって損をすることはありません。

今回はサーフィン女子向けに紫外線の種類や日焼けがシミ・シワの原因になる理由を解説します。

 

紫外線の種類

目に見えない紫外線は3種類あります。それが【UVC・UVB・UVA】で人間に影響があるのは【UVB・UVA】です。

UVCは強力な紫外線ですが地球の表面オゾン層に吸収されるので地表まで届くことはありません。

真っ赤に日焼けして皮膚の表面が赤くなるのはUVBの影響です。UVBは透明性が低いので曇り空の日は雲に遮られて地表に届く量が減ります。

しかしUVAはUVBほど皮膚を焼く強さはありませんが透明性が高く、曇り空やガラス越しでも私たちの皮膚に影響を及ぼします。曇り空でも紫外線の影響を受けるのは主にUVAが原因です。

紫外線による体への影響は日焼けや紫外線角膜炎など急性的なものからシミやシワ、そばかす、皮膚がんといった慢性的なものまであります。

また意外と知られていませんが紫外線は免疫力も低下させます。体の免疫機能に関わるゲルハンス細胞は紫外線によるダメージを受けやすいからです。

 

日焼けがシミ・シワの原因になる理由

シミの原因は体内で作られるメラニン色素です。紫外線を受けると皮膚では有害な活性酸素が発生します。活性酸素は体の細胞に攻撃をするため、体はその攻撃から細胞を守るためにメラニン色素を作ります。

メラニン色素は体を守る働きをしますが、皮膚に残ってしまうとそれがシミとして表面に出てきてしまいます。

メラニン色素は肌が生まれ変わる(ターンオーバー)ときにはがれ落ちて放出されますが、日焼けのし過ぎで過剰にメラニン色素が作られていると放出し切れずに肌にとどまりシミになるのです。

シワの原因は加齢によるものが一般的ですが紫外線によって皮膚の細胞が傷つけられて肌の弾力を保つのに必要なコラーゲンなどを作る機能が低下することによっても発生します。

シミやシワを防ぐのは「紫外線から肌を守ること」「日頃の保湿ケア」が大切になります。日焼け止めなどで紫外線から肌を守ればメラニン色素が過剰に発生することはありません。また肌が乾燥しているとバリア機能が失われるので日焼けをしやすい状態になります。日頃からの保湿ケアが重要になります。

日焼け止めについてはこちらの記事がおすすめ

 

まとめ

紫外線の種類や日焼けがシミ・シワの原因になる理由を解説しました。日焼けや紫外線に対して過剰になればサーフィンの楽しさも失われてしまいますが知識として頭に留めておけば自ずと行動も変わるのではないでしょうか。

 

その他サーフィン女子におすすめ記事

About 波乗りハック編集部 53 Articles
「サーフィンがもっと楽しくなる!」をコンセプトにした情報メディアです!初心者から熟練者までが役立つ情報を発信しています!