人気恋愛バラエティー番組「テラスハウス」のハワイシーズンに登場した佐藤魁さん。恋愛模様も注目でしたが、プロサーファーということでその実力にも興味を持った方が多いのではないでしょうか?そこでここでは佐藤魁さんのプロフィールや、プロサーファーとしての実績をご紹介していきたいと思います。

また、俳優としても活躍しているとのことで、映画出演情報についても合わせてご覧いただきます。イケメンサーファー佐藤魁さんに興味がある方も、初めて知ったという方も、どうぞこの機会にチェックしていってください。

佐藤魁はテラスハウスに出演したプロサーファー

View this post on Instagram

 

魁さん(@guy.kid__)がシェアした投稿 -

まずは佐藤魁さんを知らない方のために、彼のことを簡単に説明しましょう。佐藤魁さんの名前は「さとうがい」と読みます。「魁」というと「かい」に読みがちですが、「がい」が本名となっています。

佐藤魁さんが注目を浴びるきっかけとなったのは、知らない男女が集まりひとつ屋根の下で生活を送るという恋愛バラエティー番組「テラスハウス」のハワイシーズンに出演したこと。もともとテラスハウス自体が人気コンテンツとして知られていますが、やはりハワイというロケーションとプロサーファーという肩書きを持つ佐藤魁さんがマッチしたのか、瞬く間に人気を獲得していきました。

また、番組内でも披露をしていますが、サーフィンの腕前は確かなもので日本のプロサーフィン連盟(JPSA)に所属しています。ちなみに佐藤魁さんというと、番組に出演するようになり、テラスハウスメンバーとも打ち解けていこうとする途中にサーファーならではのアクシデントに見舞われたことでも話題となりました。

それがサーフィン中での事故。撮影中は軽快なライディングを披露し、その腕前が放送されていたものの、どうやらカメラが回っていないタイミングでサーフィンに没頭していたところ、波に巻き込まれてリーフと衝突。

結果1週間の安静と、直近に控えた大会のキャンセルという事態になりました。なかなかテレビ番組でこういったリアルな事故やその姿を見ることはありませんが、ある意味、佐藤魁さんが本物のサーファーであることがよく分かるアクシデントとも捉えられます。

ちなみにこのときを振り返り、佐藤魁さんにどんな感じだったのかと番組側がインタビューをしたところ「もし意識を失っていたらそのまま死んでいたかもしれない」とも語っています。

たしかに誰も見ていない状態でのソロライディングで、事故にあったら誰も助けてくれないですから、実はかなり危機一髪の状態だったということです。もちろんその後はリハビリを終えて、現在もプロサーファーとして活動をおこなっています。

佐藤魁のプロフィール

次に佐藤魁さんのプロフィールについて見ていきましょう。まず佐藤魁さんの生年月日ですが、1996年11月17日生まれということで2018年現在においては22歳ということになります。

年齢からするとオリンピックを狙える世代となりますが、佐藤魁さんのサーフィンの実績については後ほどご紹介します。佐藤魁さんは身長169センチ、体重62キロということで平均的な日本人の体型です。ただし、プロサーファーだけあってかなり引き締まった身体つきで、テラスハウス内でもそのたくましい姿を見たことがある人もいるかもしれません。

佐藤魁さんは5歳のときに連れていかれたバリ島で、親がボディーボードをやっていたこともあり、旅行先で初めてボードに乗ったそうです。その後、その感覚が楽しかったのか7歳の頃から本格的にサーフィンを始めることになります。

中学生の頃には世界大会にも出場していますので、かなりセンスがあったのでしょう。ちなみに佐藤魁さんは神奈川県の茅ヶ崎出身ということですから、小さな頃から海が身近な存在だったと言えるようです。プロサーファーになる人というのは海の近くで生まれ育った方が多いのですが、佐藤魁さんも例外に漏れずといった形となります。

佐藤魁さんは2012年、16歳のときにプロテストに合格。そこから着実にステップアップを重ねて、日本のトッププロランキング上位にも入るようになっていきました。契約している会社はボルコムやRachieh Smoothieといったところで、スポンサードを受けながら、サーフィンに取り組んでいます。

佐藤魁のサーフィンの実力は?

View this post on Instagram

 

魁さん(@guy.kid__)がシェアした投稿 -


さて、佐藤魁さんのサーフィンの実力ですが、ジュニア時代には「クイックシルバージュニアオープン」で準優勝、地元開催のオープン大会「ムラサキ湘南オープン」でも準優勝とシルバーコレクターな印象もありますが、「VOLCOM TCTチャンプス」では優勝を飾っています。

ちなみに日本プロサーフィンツアーの大会で優勝したのは2017年の開幕戦が初めてのことでした。本人も語っているのですが、それまでは「なかなか優勝できないサーファー」として佐藤魁さんは苦渋の道を進んでいます。

そんな中、2017年の4月10から4月14日までの間に、バリ島クラマスで行われた「JPSA2017ショートボード開幕戦」で見事に初優勝。ようやく日本のプロサーファー界の一員として認められるようになります。

そしてその2017年には日本ランキング7位、翌2018年は8位となっていますので、非常にこれからの成長が楽しみな選手でもあるというわけです。

なお、オリンピックに関しては目標ではあるものの、それにこだわらずに日々のサーフィンに集中していきたいと語っていますので、今後2019年の大会の成績やランキングもチェックしていきたいと思います。

佐藤魁は映画にも出演?

View this post on Instagram

 

魁さん(@guy.kid__)がシェアした投稿 -

佐藤魁さんはプロサーファーでありながら俳優としても映画デビューを飾っています。その映画とは2018年公開の「ハナレイ・ベイ」、日本の文壇では圧倒的な人気と知名度を誇り、さらには世界的にも知られている村上春樹さんが原作を書いた物語です。

村上春樹さんの原作が映画化されるのは「ノルウェイの森」以来ということもあり、かなり注目を集めた作品ですが、この作品に佐藤魁さんは出演しています。物語自体がハワイを中心とした話ですので、サーフィンの得意な若者である佐藤魁さんが選ばれたのかもしれませんが、きっとそれだけではない魅力があったのでしょう。

ちなみに「三宅役」として出演していますので、ぜひチェックしてみてください。なお、この「ハナレイ・ベイ」という作品ですが、実は少しだけ佐藤魁さんと共通する部分もあり、本人としても演技に入り込めた様子。

それは物語のベースが「息子をサーフィン中の事故で亡くした母親の話」ということで、前述のように佐藤魁さんも、ハワイでの事故があっただけに他人事には思えなかったようですね。サーフィン中の事故で帰らない人となった息子を、ひたすらその事故があった海岸で待ち続ける母親。

映画の中とはいえ、その光景を見てプロサーファーである佐藤魁さんの気持ちの中にも、何かこみ上げてくるものがあったのではないでしょうか。

まとめ

プロサーファーでもあり、そして俳優としても活動を始めている佐藤魁さん。同じテラスハウス出身の方でも、番組出演をきっかけに俳優の道へと進む人は少なくありませんでしたので、佐藤魁さんのこれからの俳優活動にも注目したいところです。もちろんオリンピックへの夢もあるでしょうから、日の丸を背負って戦う姿も見てみたいものです。

インタビュー動画がこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事