サーフィンの世界ランキングとは、一般的にWSL(World Surf Legue)のCT(Championship Tour)の順位のことを指します。ここでは【2019年最新版】のCTランキングTOP10をメンズ・ウイメンズ別に紹介!ランキングは大会ごとに変動するため随時更新します。

※現在は2019年9月10日時点でのランキングです。日本の五十嵐カノアは第7位。

2019年!サーフィン世界ランキング【メンズ】

1位:フィリペ・トレド(ブラジル)

2位:ジョーディー・スミス(南アフリカ)

3位:コロヘ・アンディーノ(アメリカ)

4位:ガブリエル・メディナ(ブラジル)

5位:ジョン・ジョン・フローレンス(アメリカ・ハワイ)

6位:イタロ・フェレイラ(ブラジル)

7位:五十嵐 カノア(日本)

8位:オーウェン・ライト(オーストラリア)

9位:セス・モニーツ(アメリカ・ハワイ)

10位:ケリー・スレーター(アメリカ)

2019年!サーフィン世界ランキング【ウイメンズ】

1位:カリッサ・ムーア(ハワイ)

2位:サリー・フィッツギボンズ(オーストラリア)

3位:ステファニー・ギルモア(オーストラリア)

4位:レーキー・ピーターソン(アメリカ)

5位:キャロライン・マークス(アメリカ)

6位:コートニー・コンローグ(アメリカ)

7位:マリア・マニュエル(アメリカ・ハワイ)

8位:タティアナ・ウェストンウェブ(ブラジル)

9位:ブリッサ・ヘネシー (コスタリカ)

10位:ジョアンナ・デフェイ(フランス)

2018年のサーフィン世界ランキングはこちら!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事