新型コロナウイルスが世界的に蔓延していることによって、いまや生活をする上で欠かせないものとなってきたのが「マスク」です。

もちろん新型コロナウイルスの影響というのはサーフィン業界にも響いていて、多くの大会などが中止となっています。

そこで、ここではサーファーにおすすめの「サーフブランドマスク5選」をご紹介していきたいと思います。

ちなみにサーフブランドから出ているマスクの中には、感染症予防という目的以外にも防寒グッズとして使えるものもあります。

さらにご紹介するサーフブランドのマスクは見た目にも気を使ったデザインばかりですので、ファッション性が高く街中でも使用可能です。

そんなサーフブランドのマスクをどうぞ参考までにご覧になっていってください。

マスクの選び方

最初にマスクを選ぶときの条件というのを見ていきましょう。

素材

マスクには色々な素材のものがありますが、サーフブランドから販売されているものにはポリエステルや綿素材を使っているものが多く見られます。

これは速乾性や伸縮性を重視しているからであり、医療用などのマスクとは少し異なる特徴を持っています。

特に汗をかいたときにすぐ乾くというのは重要なポイントで、マスク内での蒸れを防ぐ効果があるので最初によくチェックしておきましょう。

なお、綿素材は伸縮性には優れるが速乾性という点ではやや劣るといった特徴が挙げられます。

ただし繰り返し洗濯をして使うには綿素材のものが優れています。どちらを重視するかは人それぞれですが、出来れば一度試してみて着用を続けるかどうか決めてみてください。

サイズ

マスクにはサイズも色々とありますが、鼻・口にしっかりとフィットしてズレないものを選びましょう。M・Lサイズに分かれているものもありますが、多くはフリーサイズのものとなっています。

デザイン

マスクにはシンプルなものから見た目にも派手でオシャレなものまで幅広くあります。

もちろん人それぞれ好みがありますので好きなデザインを選べば問題ありませんが、汚れを目立たせたくないのであればブラックカラーが無難かつおすすめです。

また、ブラックカラーのマスクは洗濯してもそこまで色落ちが気にならないというメリットもあります。

なお、マスクの形としては耳に引っ掛けるオーソドックスなタイプから首元までを覆うネックウォーマータイプのマスクまで様々です。

どちらが自分にとって動きやすいか、そして呼吸しやすいかをイメージしながら選んでみてください。

とは言っても、やはり実際に一度着用してみた方が分かりやすいので、色々なブランドのマスクを試してみてもらいたいところですね。

次に、こうしたマスクの特徴からおすすめのサーフブランドのマスクを5つご紹介していきたいと思います。

サーフブランドのマスクおすすめ5選

サーフブランドからリリースされているマスクには実に色々なものがあります。ここでは機能性やビジュアルから考え、優れている商品を5つピックアップしました。

次にサーフィンへ行くときにも使ってもらいたいマスクばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

ビラボン

世界的にも有名なサーフブランド・ビラボンからは、シンプルなブラックカラーのマスクがリリースされています。

形としてはネックウォーマーのように首の回りに巻いて装着するタイプで、高いフィット感が得られるようになっています。

なお、伸縮性を重視し脱着を素早くできるよう超伸縮性ジャージ素材が使われている点が特徴的な部分です。

また、立体裁断デザインなので呼吸もしやすく、アクティブなシーンには最適な1枚と言えるでしょう。

ワンポイントロゴのシンプルな見た目というのも選びやすくて良いですね。

ちなみにウェットスーツにも使われている素材をベースに作ってあるので、耐熱性や防寒性といった点でも優れています。

そのため、冬の海に入る際の防寒グッズとしてもおすすめできるアイテムと言えそうです。

サイズに関してはMとLの2サイズが展開されています。

ロキシー

こちらは通常のマスクのように耳に紐を掛けるタイプのマスクです。

ロキシーというと派手めなデザインが特徴に挙げられますが、こちらのマスクはシンプルなワンカラーデザインなので、誰でも気軽に選べる1枚と言えるでしょう。

PM2.5や花粉はもちろんのこと、飛沫99%カットフィルター付きなので安全性も高いマスクとしておすすめが出来ます。

もちろん繰り返し洗濯をして使えるマスクです。ちなみにこちらのマスクには付属としてフィルターが3枚セットになっています。

街中用として使うにもオシャレですので、ぜひ1枚購入してみてはいかがでしょうか。

ハーレー

首元から鼻・口全体をガードするタイプの形で、防寒グッズにも使える1枚がこちらのハーレーのマスクです。

デザインが色々とあるのでファッション性も高く、ネックウォーマーとしても使える優れものとなっています。

なお、薄手のポリエステル素材で作られているため、速乾性という面でもおすすめが出来るアイテムです。

オールシーズン使えるマスクですので、1枚持っておくと非常に便利ですね。

ルーカ

オシャレなサーフブランドとして人気の高いRVCA(ルーカ)のマスクもおすすめアイテムのひとつです。

ノーズワイヤー入りで紐の調整ができるため、自分の鼻・口回りにフィットさせることが出来ます。

また、綿素材で作られているため付け心地が柔らかく、圧迫感があまりないところも魅力的な部分ですね。

街中用のマスクとしても使えるほどスタイリッシュなので、サーフィンの行き来の際に使うマスクとしても重宝すること間違いなしです。

なお、サイズはフリーで付属のフィルターが3枚セットになって付いてきます。

ボルコム

最後にご紹介するのは老舗サーフブランド・ボルコムのマスクです。

ボードショーツの端切れを材料として使ったエコなアイテムで、繰り返し洗濯しても生地がへこたれないといった特徴を持っています。

また、鼻から口の下までを大きく覆うような形をしていて、カバーする面積が広いというのも非常に特徴的な部分と言えるでしょう。

なお素材はポリエステルで、デザインは2パターンあります。

メンズ・レディース両方におすすめ出来るアイテムですので、ぜひ一度試しに着用してみてください。

サーフブランドのマスクを選んでみては

サーファーにおすすめのサーフブランドマスクを5つご紹介してきました。

いまやマスクは生活に欠かせない必需品です。ぜひ自分好みのマスクを1枚見つけてもらえればと思います。

なお、ご紹介したマスクは医療用マスクとは異なりますので、医療用マスクと同じ効果・目的を期待しての使用は控えてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事