サーフィンは気温の高い夏場がメインのスポーツと思われがちですが、冬場でも多くのサーファーたちが波乗りを楽しんでいます。しかも冬のサーフィン方が海が空いていて、良い波に乗れる可能性も高く、ある程度自由に波を選べるという快適さもあります。

しかし、やはり冬場は海水の温度が低く、なかなか海の中に入っていく勇気が沸かないものです。そんなときに重宝するのがサーフブーツです。ここでは冬にサーフィンをする際、とても便利なアイテムである「サーフブーツ」について詳しくご紹介していきます。タイプや選び方、さらにおすすめのブーツまでご覧いただきますので、ぜひ参考にしてみてください。

サーフィン用ブーツとは?

サーフィン用のブーツというのはウェットスーツと同じように装着し、足元を保護するものを指します。サーフブーツを履くメリットというのは、当たり前ですがまず暖かさ・保温性です。足というのは多くの血管が集まる場所でもあり、長時間海水に浸っていると足からどんどんと体温を奪われてしまいます。

サーフブーツは履くことによって、体温が下がることを防ぎ、サーフィンのパフォーマンス低下を抑えようという目的があります。また、ほかにもリーフ(岩場やサンゴ礁など)などで怪我することを防ぐ役割がサーフブーツには備わっています。

岩などが剥き出しのポイントでは、ワイプアウトした際に岩と激突して足が裂傷を負うことも珍しくありません。こうした事故で足を負傷し、そのまま泳げずに波にさらわれてしまうという最悪の事態を防止するためにもサーフブーツは利用が薦められているわけです。

関連記事

サーフィン用ブーツの種類・タイプ

サーフブーツには大きく分けて2つのタイプがあります。ひとつはスタンダードな固定式のもので、こちらはマジックテープなどで足首や足の甲をしっかりと固定するためサーフィン中でもあまりズレることがないという部分が特徴的です。

また、比較的足の底にあたる部分が硬く、怪我を防止するという点でも優れているのがこちらのスタンダードタイプとなります。さらにサイズがぴったりと合いやすく、また水の浸入を防ぐ性能が高いため初心者サーファーには非常におすすめのアイテムです。

しかし、スタンダードタイプは素足の感覚があまりないため、サーフィンのパフォーマンスを上げるという観点から見ると少し物足りません。そこで中級者や上級者以上の方々は、ソックスタイプのサーフブーツを選ぶことが多いようです。

このソックスタイプのサーフブーツは、フィット感が非常に高く、またスタンダードタイプよりも安価に手に入るという点が魅力的な部分となっています。ただしサイズ選びが難しく、少しでも大きいと水の浸入が著しく、サーフィンどころではなくなってしまうというデメリットがあります。

そんなデメリットを改良したものが、ソックスタイプでも自分の足の形にぴったりと合わすことができる「熟成型サーフブーツ」です。おすすめのアイテムとしてもご紹介しますが、こちらのタイプは自分の足の形に合わせて何度も修正ができるブーツとなっているため、非常に優れたフィット感を得ることが可能となっています。現在では世界の主流にもなってきているタイプのため、いろいろなレベルのサーファーの方におすすめです。

サーフィン用ブーツの選び方

サーフブーツを選ぶ際のポイントは第一にサイズです。サイズが異なるだけでまったくサーフィン用のブーツとして機能しなくなりますので、とても注意が必要になります。スタンダードタイプであれば何度か履くうちに自分のサイズが分かるかと思いますが、ソックスタイプの場合は、大まかな目安としては自分の足のサイズより1センチほど小さなものを選ぶと良いとされていますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、自分がどの季節に多くサーフィンをおこなうのかという点も重要です。それによってサーフブーツの厚さが変わってきますが、夏場なら3ミリ以下・冬場なら5ミリ以上ということを念頭に置いて選びましょう。

冬場のサーフィンでは、ウェットスーツもそうですが3ミリタイプのものだと体温の低下が激しくパフォーマンスどころではなくなってしまいます。そのため、サーフブーツも冬場に使用するためであれば5ミリ以上を推奨しています。

コスト面でサーフブーツを選ぶというのも考えられますが、もしそこまで冬場にサーフィンをするわけではないのであれば、安価なソックスタイプのものをひとつ購入しておけば事足りるはずです。パフォーマンスを重視するという部分でもソックスタイプは安定感のある履き心地がありますので、おすすめとなっています。

それでは次にそんなサーフブーツの中でもおすすめのアイテムを5つご紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

サーフィン用ブーツおすすめ4選

【SOLITE CUSTOM PRO】

こちらの「SOLITE」は、先程少し説明した「熟成型サーフブーツ」を販売しているブランドです。スタンダードタイプとソックスタイプ、両方の良さを体感できるサーフブーツですので、幅広いレベルの方々におすすめされています。熟成型というのは簡単に言いますと、「熱によりブーツの形が変化し、冷めることで形状を記憶する」というロジックを詰め込んだものです。

熱湯をブーツに注ぎ、しばらくして温まったところで人肌になるまで待ち、そこで足を入れて冷めるまで放置することで自分の足の形にジャストフィットしたサーフブーツを作る事が可能となります。ちなみにこの作業は何度でもおこなえますので失敗することがありません。ぜひサーフブーツを選ぶのであれば、こちらSOLITEのアイテムを一度ご覧になってみてください。

【ONEILL(オニール) MUTANT4ブーツ】

こちらはソックスタイプのサーフブーツとして非常にメジャーなアイテムであり、世界的にも有名なONEILLから販売されているものです。保温性に優れていて、足元にぴったりとはまる感覚が魅力的な一足となります。

ONEILLは元々世界で初めてウェットスーツを開発したブランドでもありますので、その信頼性の高さもおすすめのポイントです。ブーツの中で足がズレないように工夫もされていますので、初心者の方にもぴったりなサーフブーツとなっています。

【IGNITE(イグナイト) サーフブーツ 3mm】

こちらIGNITEから販売されているサーフブーツでおすすめの「3mmタイプ」のものです。夏場のサーフィンには最適なアイテムで、4,000円弱で購入できるというリーズナブルさも魅力的な部分となります。また、ソックスタイプですがしっかりと足首と甲の間で固定できるようになっていますので、安心して利用が可能です。

【surf8 リーフブーツ 2.5mm】

サーフブーツは岩場での使用を目的とすることからリーフブーツとも呼ばれることがあります。こちらは有名なサーフブランド「surf8」から販売されている「2.5mmタイプ」のリーフブーツで、とても素足に近い感覚でサーフィンが楽しめるところがおすすめのポイントです。

まとめ

サーフブーツは冬場のサーフィンに欠かせないアイテムのひとつですが、サイズやタイプを慎重に選ぶ必要があります。ご紹介してきたポイントをしっかりと見て、自分の足に合ったサーフブーツを購入するようにしましょう。また、最近では大半の方がソックスタイプのものを選ぶ傾向にありますので、そちらも参考にセレクトしてみてください。

こちらの記事もおすすめ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事