サーフィンはオールシーズン楽しめるスポーツですが、冬は寒さがネックになります。寒いとう理由で海に行く気が進まず、躊躇することも…。ただ「冬の海は空いている」というサーファにとって嬉しいメリットがあるので、防寒対策をして海へ足を運びましょう。今回は冬のサーフィンで重宝する防寒グッズを5つ紹介します。

サーフィンの防寒グッズ(ドライ・セミドライウェットスーツ)

防寒対策として、冬用ウェットスーツは必須です。冬用ウェットスーツには水が全く入らない構造の「ドライスーツ」とゴム素材とジャージ素材を掛け合わせた「セミドライスーツ」があり、サーフィンをする地域や好みによってどちらを選択するか分かれるところです。基本的に日本では北エリアで気温・水温が低めの場所はドライスーツ、高めの「南エリア」はセミドライです。いくら冬の気温・水温が高めの地域でも3ミリフルスーツでのサーフィンは厳しいため、ドライまたはセミドライウェットスーツは冬のサーフィンに不可欠です。

ドライ・セミドライウェットスーツに関する記事はこちら!

サーフィンの防寒グッズ(グローブ)

ウェットスーツで覆われていない手の寒さ対策としてグローブがあります。グローブをしない冬のサーフィンは気温・水温の低さに加えて、濡れた手に冷たい風が当たることで寒さを一層感じます。サーフィン中は体を動かしていますが、海への行き帰りは寒さが増します。特に自転車を使うサーファーは重宝する防寒グッズです。

サーフィンの防寒グッズ(ブーツ)

足もウェットスーツに覆われていないため手と同様に寒さ対策が必要になります。特に足は海水に浸かっている時間が長いため、水温が低いと寒さを感じやすく、足の冷えは体全体の冷えにもつながります。グローブとブーツは優先すべき防寒グッズです。

サーフィン用ブーツに関する記事はこちら

サーフィンの防寒グッズ(キャップ)

サーフィンの防寒対策としてキャップ(帽子)は頭から耳、アゴまで覆うタイプで冷たい海水や風から肌を守るだけでなく、ウェットスーツ素材で顔に密着するため保温効果もあります。さらに防寒対策だけでなく、冷たい海水が耳に侵入することが原因と言われている「サーファーズイヤー」の予防にもなります。

サーファーズイヤーに関する記事はこちら

サーフィンの防寒グッズ(ホットジェル)

これまで紹介してきたのは体を覆う防寒グッズでしたが、最後に紹介するのはサーフィン前に身体に塗ると温まるホットジェルです。ウェットスーツに着替える前に体に塗り混むことで寒さを感じにくくなります。紹介しているホットジェルの成分はトウガラシエキス(温感成分)ジオウエキス(保湿成分)ヒアルロン酸ナトリウム(保湿成分配合)で効果は約1~2時間続きます。

防寒対策をして冬のサーフィンを満喫しよう!

寒い冬はどうしても海に行くのを躊躇しがちになりますが、空いてる環境でサーフィンを楽しむことができます。防寒対策をしっかりして冬のサーフィンを満喫しましょう。

こちらの記事もおすすめ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事