真冬でもサーフィンを楽しみたい、季節問わずサーフィンをして自分の実力を上げたいという方には、冬用の防寒具として効果の高いネックウォーマーがおすすめです。ネックウォーマーというと街中で着用するものを想像しがちですが、実はサーフィン用のネックウォーマーというものも販売されていることをご存知でしたか?

ネックウォーマーも然りですが、とにかく体を温めるというのはサーフィンのパフォーマンス向上のために必要なことですし、ケガを防止してくれるというメリットもありますのでぜひとも着用してもらいたいところ。

そこで、ここではおすすめのサーフィン用ネックウォーマーをはじめ、真冬のサーフィン対策として便利な防寒アイテムをご紹介していきたいと思います。ぜひ、ご紹介するアイテムたちを利用して、この冬のサーフィンを快適におこなってみてください。

サーフィン用のネックウォーマーがある?

ネックウォーマーというのはファッション用とは別にサーフィン用のものも販売されています。使い方としては普通のネックウォーマーのようにすっぽりと被るものが多く、ウェットスーツの首元部分にはめることで海水の浸入を防ぎ、ウェットスーツの保温性を高めてくれるという役割があります。

真冬などは特に首元からウェットスーツ内に海水が浸入してくると途端に体温が下がり、パフォーマンスの低下に繋がってしまいますので注意が必要です。また、体温が低下すると手足が思ったように動かなくなりますので、仮に岩場などでケガをした際にも溺れてしまうリスクが高まってしまいます。

こうした海での危険を避けるためにも、体温を一定以上に保っておくというのは必要なことなのです。

サーフィン用のネックウォーマーの効果

サーフィン用のネックウォーマーを選ぶ際には、まずその機能を知らなければいけません。そこで、サーフィン用のネックウォーマーにはどういった効果があるのかという部分を、もう少し詳しく解説していきたいと思います。

浸水を防ぐ

サーフィン用のネックウォーマーの大半は、ウェットスーツの首部分にあたるラバーとジャージ素材に挟むような形で着用します。こうすることでウェットスーツ内に冷たい海水が浸入することを防ぐことが出来るわけです。

海水が浸入してこないということは、ホットジェルなどを体に塗っている場合も効果が持続しますので、着けていない場合と比べても長時間サーフィンができるようになります。せっかく冬でも海に行くのであれば、なるべく長くサーフィンを楽しみたいものですよね。

そうしたときにもネックウォーマーというのは必要不可欠な存在となってきますので、ぜひ着用をしてもらいたいところです。

首を温める

サーフィン用のネックウォーマーは内側がジャージ素材となっているものも多く、シンプルに首周りを温めてくれるという効果があります。またウェットスーツの外側に着用できるタイプもありますが、こうした着脱が素早くできるネックウォーマーというのがサーファーからも人気です。

ちなみに外側に着用するタイプでも十分に海水の浸入を防いでくれるため、あるとないのとではかなり体感温度が変わってきます。冬場は首から冷えて上半身・下半身と体温が下がっていきますので、ぜひ寒い時期のサーフィンにはこうしたネックウォーマーを利用しましょう。

サーフィン用ネックウォーマーおすすめ3選

それではここから実際に販売している、おすすめの「サーフィン用ネックウォーマー」を3つご紹介していきたいと思います。

どれも機能性・保温性に優れたものばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

【ポイント2倍】 タバルア TAVARUA ネックウォーマー 男女兼用

こちらはヘッドバンド・イヤーウォーマーとしても使えるおすすめの商品です。着脱のしやすさが抜群で、手軽に利用できるところが魅力的な部分となっています。ウェットスーツと同じ素材ですので着ていて違和感もなく、サイズもMとLが用意されていますので男女ともに利用することが可能です。

こちらは3ミリのラバースキン素材を使用したインナー用ネックウォーマーです。ウェットスーツの中に着用することで海水の浸入を防いでくれます。また、内側はジャージ素材となっているため保温性にも優れているところが特徴的です。

外側のスキン素材が水や風を弾いてくれるため、中まで冷たさが伝わってこないという優れもの。体感温度も飛躍的にアップしますので、サーフィンのパフォーマンス向上にも最適です。

内側がジャージ素材、外側が5ミリのラバーとメッシュスキン素材で加工された最強の真冬用ネックウォーマーがこちらです。体感温度が3℃以上はアップするという高性能ネックウォーマーで、お値段も非常に手頃と魅力的な要素が満載となっています。

また、生地に使われている素材が中空構造(マカロニのような形)をしているため、温かな空気を逃がさないというのも特徴のひとつです。極寒の時期にもぴったりの商品となっていますので、ぜひとも一度その性能をご自分の確かめてみてください。

ネックウォーマー以外のサーフィン用防寒グッズ

ここからはネックウォーマー以外にも販売されている、冬用の防寒サーフィングッズをご紹介していきたいと思います。

グローブ

冬場の海はとても冷たいので、長時間入っているとまず手から凍えてきます。そんな問題を解消するにはサーフィン用のグローブをするのがベスト。

グローブを選ぶときは「手首がちゃんと締まって水が入ってこないかどうか」「手のひらや指部分の素材」などをチェックしてください。中には、グローブをした状態で顔を拭ったりすることを考え、一部だけソフトなジャージ素材としているアイテムもあります。

ラバー素材で顔をゴシゴシすると肌が荒れてしまいますので、こうした細かな配慮がされたグローブを選ぶと実際に使ったときにも便利です。

ブーツ

冬場のサーフィンにサーフブーツは必須のアイテムといえるでしょう。サーフブーツは大まかに分けると靴下のようにフィットするタイプと長靴のようなタイプの2種類があります。前者は素足の感覚に近いため、いつも通りのライディングができるというのがメリットですが、その分やはり保温性が低くなります。

対して後者はその逆で、温かさは抜群ですがフィット感という点では劣るといったイメージです。なお、サーフブーツに関してはその日の気温・海水温度よって使い分けるといいかと思います。あとは短時間勝負なら靴下タイプでも十分に保温性がキープできますので、短い時間しか海に入らないのであれば靴下タイプがおすすめです。

サーフィン用ブーツに関する記事はこちら

ホットジェル

ホットジェルというのは素肌に塗ることで体温を高めてくれるというアイテムです。ウェットスーツを着る前に塗っておいて、ネックウォーマーやブーツでウェットスーツへの海水浸入を防げば、かなり長時間温かな体温をキープできます。

ちなみに、おすすめは「ジェラルド・ホットジェル 」という商品ですが、こちらにはレギュラーとハードという2種類が用意されています。より温かさを求めるのであればハードがおすすめですので、ぜひ使ってみてください。

サーフィンの防寒グッズに関する記事はこちら

ネックウォーマーを着用して冬のサーフィンを楽しもう

真冬にもサーフィンがしたいという方に向けて、サーフィン用のネックウォーマーやそのほかの防寒グッズをご紹介してきました。

ネックウォーマーは特にウェットスーツの中に海水が入ってくることを嫌う人におすすめですので、ぜひまだ使ったことがないという方は着用してみてください。きっとこれまでよりも快適にサーフィンが楽しめるようになるはずです。

こちら記事もおすすめ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事