世界中でプラスチックゴミが問題になっている現在、身近にできる取り組みとしてマイボトル習慣があります。外出の際に自身のボトルに飲み物を入れて持参することで、ペットボトルなどプラスチック製品の購入機会を減らすことができます。

近年はマイボトルが推奨されていることもあり、ファッションとしても注目されていておしゃれなボトルやタンブラーが多数販売されています。ここではサーファーにおすすめのウォーターボトルを3つ紹介します。

サーファーにおすすめのウォーターボトル3選!

まず紹介するのはスタイリッシュでカラフルなデザインが特徴のmizuのボトル。食品基準ステンレスチールが使用されたBPA(ビスフェノールA)フリーで保冷保温に優れた真空二層構造のウォーターボトルです。日本の海の環境保護を目的に活動する団体サーフライダーファウンデーションジャパン(SFJ)とコラボした商品も販売されています。

続いて紹介するのはアメリカで大人気のフロリダ発「WATERMAN COLLECTION(ウォーターマン キャンティーン )」ボトル。サーファーやスイマー、釣り人、ダイバーなど全てのウォーターマン向けに作られたボトルで表面がパウダーポーティングされていて、海から上がって濡れた手で持っても滑りにくく、また車のドリンクフォルダーにも収まる機能性の良さがあります。こちらもBPA(ビスフェノールA)フリーの商品です。

最後に紹介するのは自然保護活動に力を入れている企業patagonia(パタゴニア)が販売しているウォーターボトルでこちらはMiiR社製品です。MiiR(ミアー)とはアメリカで自然保護の父と言われているJohn Muir による造語で起業家であるブライン・パペが「製品そのものをプロジェクト化する」として立ち上げ、購入した商品にトラッキングコードが付いていて、そのコードを登録するとMiiRのプロジェクト過程を確認することができます。

マイボトルを習慣に

プラスチックゴミ問題の解決に向けて身近にできる取り組み「マイボトル」。今回紹介した以外にもおしゃれなボトルが多数販売されていますので、お気に入りのマイボトルを見つけて、ファッション感覚で習慣にしてみてはいかがでしょうか。

海洋プラスチックゴミ問題に関する記事はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事