2019年WSL・CT最終戦「パイプラインマスターズ」最終日、熾烈なワールドタイトル争いはファイナルまでもつれ、初のチャンピオンの座を狙うイタロフェレイラと3度目の獲得を狙うガブリエルメディナが対戦。

イタロが開始早々バックドアの波をつかんで7.83p。続け様にパイプラインのチューブからエアーもメイクして6.17とリードする。


ガブリエルが深いチューブをメイクして7.77p

イタロがリードした状況で中盤、ガブリエルがメイクするも5.17pと逆転できず。


残り10分を切ったところでイタロがやや小ぶりながらも深いチューブからエアリバースもメイクして7.73pとリードを広げる。

そのままイタロが逃げ切り、2019年のワールドタイトル獲得を決めた。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事