ケリースレーターのパドル動作を参考にパドルテクニックを解説した動画で『パドルのスピード』を上げるための3つのコツが紹介されています。(動画は記事下部にあり)

1、頭をなるべく動かさない

パドルは左右の腕を交互に動かしますが、腕につられて頭が左右に動いてしまうと、ボードも左右に揺れて水の抵抗を受けてスピードが出ずらくなります。頭の動きをなるべく小さくすることで、ボードの揺れを防ぎ、水の抵抗も受けずらくなります。

2、肘を上げて水面に手を入る

ケリースレーターのパドルの映像をみると、片方の手が水面から一度出て、再び漕ぎ出すときに肘を上げながら水面に手を入れているのがわかります。これは手と前腕が垂直の状態で水に入るため「表面積が大きい状態で漕ぐ時間が長くなる」という利点があります。逆に肘が上がらずに水面に入ると、手と前腕が垂直になる時間が短いため、肘を上げるときに比べるとスピードが出ずらくなります。動画では水中映像で両方を比較しているので、そちらをみるとよりイメージが湧くと思います。

3、両サイドのレールにわずかに転がる

右手で漕ぐときは右のレールにわずかに転がり、左手で漕ぐときは左のレールにわずかに転がることでバネのような力が加わり、パドルのスピードが上がります。もちろん転がるという表現は大袈裟で、わずかな動きです。また頭は動かさないというのが前提になります。これをすることで、2番目のポイントである肘を上げて水面に入るという動作もしやすくなります。

動画はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事