• 腕時計 サーフアイテム
    サーフィンの腕時計おすすめ10選!メンズ・レディース別!高性能も!
    2018年11月8日
  • サーフィン ライフスタイル
    【2020年東京オリンピック】サーフィンの会場・日程・選手の選考基準を完全解説!注目選手も!
    2018年10月18日
  • サーフ ライフスタイル
    サーフミュージック人気おすすめ10選!【邦楽・洋楽別】試聴あり!
    2018年11月24日
  • 掘れた波 テクニック
    掘れた波は難しい…テイクオフのコツやサーフボードの選び方を伝授!
    2018年8月21日
  • サーフィン ライフスタイル
    サーフィンの保険入ってる?必要性や種類・特徴を解説!おすすめも!
    2019年1月2日
  • サーフィン テクニック
    サーフィンでバタ足は逆効果…?トッププロがバタ足をする理由とは?
    2018年11月11日
  • サーファー ニュース
    【2018年】五十嵐カノアのCT全11戦!厳選動画も!
    2018年12月22日
  • サーファー ライフスタイル
    【ロブマチャド】ケリースレーターとの伝説【動画】&名言!
    2019年1月20日
最強のサンダル「ギョサン」って?特徴&人気カラーを紹介!

画像出典:楽天市場

 

まず「ギョサン」と聞くと何を思い浮かべるでしょうか?普通の人なら何を指しているか分からないと思いますが、知っている人であればそれが「サンダル」であることは分かるはずです。

ギョサンというのはいわゆるソールと鼻緒が一体型のサンダルで、グリップ力に優れたものを指します。サーファーや釣り人を中心にひそかに流行しているギョサンの歴史や特徴などについてご紹介していきたいと思います。また、人気のカラーなどについても見ていきますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

 

ギョサンとは?ギョサンの歴史は?

ギョサンというと石垣島発祥のサンダルと思っている方がいますが、実はこちらのギョサンは昭和初期に小笠原諸島が米軍の統治下であった頃の名残の産物とされています。当時、アメリカの文化であったビーチサンダルに日本製のアレンジを加えたところ、現在のギョサンの原型ができ上がり、これを漁業に従事する人たちに履かせたところ大ヒット。

その頃このギョサンの原型を販売していたのが、瀬堀五郎平さんという方だったそうで、彼にちなんで「ゴロヘイゾーリ」とも呼ばれていたそうです。そんなゴロヘイゾーリですが、1968年に小笠原諸島が日本に返還されると小笠原諸島のみならず国内の漁業関係者にどんどん普及していくことになり、「漁業従事者用サンダル」が縮まって「ギョサン」というネーミングになっていきました。

もちろんアメリカ統治下における沖縄でも同じムーブメントが起こっていてもおかしくはありませんので、どちらが起源かというのは定かではありませんが、こうしてギョサンは海に関わる男たちに愛されるようになり、現在はサーファーや釣り人に人気のアイテムとなっていったわけです。

ちなみに何故ギョサンが小笠原諸島や沖縄で人気となっていったのかといいますと、やはり温暖な気候の中で涼しげなデザインが好まれたという部分。そして、脱着がしやすく、さらにはゴム製でグリップに優れているため、船の上でも揺れずに体を安定させることができたという点が挙げられます。

 

ギョサンの魅力&特徴

ギョサンの特徴としては通常のサンダル同様脱いだり履いたりが楽なところが挙げられますが、それだけではなく頑丈さも魅力のひとつです。ギョサンは普通のサンダルのようにソールと鼻緒が分かれて作られておらず、一体型になっているため、長い期間履いていても鼻緒が切れたりしないというメリットがあります。

長い方だと毎日履いていても数年は壊れないということですから、その頑丈さというものが分かるかと思います。そのほかの魅力としては価格の安さが挙げられます。

ギョサンはおよそ1足1,000円前後、もともとが漁業を営む方用に生協で販売されていたものがルーツとなっていますので、非常にリーズナブルな価格で手に入れることができるというのも特徴のひとつです。そしてギョサンがほかのサンダルと一線を画している部分はグリップ力の強さ。

沿岸部や漁船の上で使われていたギョサンは、とにかく滑りにくく、濡れた場所でもグッと踏ん張れるところが魅力的な部分です。船の上で滑って落下したらひとたまりもないという状況の中で開発されたギョサンは、当然ながらそのグリップ性能が鍛えられることとなり、現在にもその性能を残したまま発展しています。

そのため、岩場や防波堤などの海水で滑りやすいエリアで釣りを楽しむ方にも人気となり、また石垣島などの温暖な気候の地域では涼しさと便利さから、若者も愛用するようになったということです。

 

ギョサンの人気カラー&おすすめ5選

本来は漁業用のサンダルとして実用価値のみが認められていた「ギョサン」ですが、最近ではその便利さとかわいらしいビジュアルからファッションアイテムとしても注目されるようになっています。

とりわけ釣り好きの芸能人などが、テレビ番組の中で愛用しているという話題からヒットしたという部分もありますが、アパレル業界的にも新しい人気アイテムに成長させようと尽力中。ここからはルックスが特徴的なギョサンの、おすすめ人気カラーをご紹介していきたいと思います。

 

ホワイト

そもそも砂浜や漁港で使われていたギョサンとしては、汚れることが前提なのでホワイトという概念がありませんでした。なかなか見かけることができないカラーですが、現在ホワイトのギョサンはファッションアイテムとしても非常に人気の商品です。

白く輝くギョサンは神々しさすらあり、特に沖縄や石垣島などにいった際にはお土産として購入したい1足となっています。どんなファッションにも合わせやすいという点もあり、さらにはギョサンとは思えないほどのスタイリッシュさが魅力的です。

 

ラメカラー

沖縄の魚のようなキラキラとしたラメカラーのギョサンは、若い女性を中心に人気の配色となっています。遠目からでもかなり目立つので、サーフィンなどで海に入り、浜に戻ってきたときにも見つけやすい1足です。

女性サーファーの方などにはおすすめで、夜道を歩くことも多いキャンパーにも最適な色合いと言えるかもしれません。

 

クリア蛍光メタルカラー

まるでハイクラスのスニーカーのような光沢と、メタリックなカラーリングが人気のシリーズです。ギョサンとは思えないほど洗練された色合いは、ファッションアイテムとしての格もグッと引き上げてくれますので、ほかのサーファーや釣り人よりも一歩先にいきたいという方にはおすすめ。

また、街中でも普通に使えるほどのクオリティーですので、自宅周辺での買い物や休日用としてはかなり便利な1足です。ひとつあるとかなり重宝しますので、ぜひとも実物を一度ご覧になってもらいたいと思います。

 

夜光カラー

こちらは光を溜めておくことで夜間や暗がりで発光することができるタイプのギョサンです。ついにギョサンもここまで発展したかと感心するカラーシリーズですが、夜間のキャンプなどで足元を確認するのに大変便利なので、サマータイムキャンパーの方にはぜひともおすすめの1足です。

クリアなカラーリングが魅力的で、ライブや野外フェスなどにも利用ができます。ほかの人とは違った個性を発揮したいのであれば、ぜひこの夜光カラーをどうぞ。

 

ブラック

ギョサンというとやはり茶色っぽいカラーやネイビー、またオレンジ色などがベーシックな色合いですが、クラシックなブラックは男性に絶大な人気のあるカラーとなっています。基本的なファッションにはだいたい合わせることができますし、さらに汚れも目立たないというメリットもあります。

釣りやサーフィン、さらにはキャンプなどアクティブなライフスタイルの持ち主であれば、ブラックカラーのギョサンはマストアイテムのひとつです。ぜひともそのクラシックで味わい深いカラーリングを楽しんでみてください。

 

まとめ

ギョサンは元々漁業従事者用のサンダルということが分かったかと思いますが、時代は流れてファッションのトレンドアイテムにまで成長しました。「壊れにくい」「滑りにくい」そして「安い」といった特徴もさることながら、豊富なカラーリングも人気の理由となっています。

海辺に関わる趣味や、アウトドアに興味がある方にとってはマストアイテムともいえますので、ぜひ1足はマイギョサンを購入してみてください。

関連キーワード
サーフアイテムの関連記事
  • ビーチタオル
    ビーチタオルおすすめ9選!おしゃれ〜話題のブランドまで多数!
  • ミックファニングソフトボード
    ミックファニングソフトボード特集!ミック一押し〜2019年最新モデルまで!
  • マイクロファイバータオル
    マイクロファイバータオルの人気商品7選!メリット・デメリットも!
  • ウェットスーツハンガー
    ウェットスーツハンガーおすすめ3選!代用&ペットボトルでの自作方法も!
  • 日焼け止め
    サーフィンの日焼け止めおすすめ7選!スティック・オーガニック・リップなど!
  • ハワイの日焼け止め規制はいつから?禁止成分や使えるのは?持ち込みはOK?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事