いつの時代も「ダイエットをしたい」という人たちは多くいると思いますが、今回は「サーフィンをすると痩せられるのか?」というお話をしていきます。

ちなみにサーフィンというスポーツを思い浮かべてみてください。あまり肥満体系のサーファーというのは想像できませんよね。実際にプロのサーファーともなると選手たちの中に肥満体系の人というのはまったくいません。

ほぼ皆無といってもいいです。もちろん趣味でサーフィンをしているという人の中にはポッチャリ体型の方もいますし、プロから引退して中年太りをしているサーファーというのはいます。

ただ一般的なサーファーの大半は細身もしくは平均的な体型を維持しています。こうなると「サーフィン=ダイエット効果あり」と思えてくるのですが、これは半分正解で半分不正解です。

どういうことかと言いますと、サーフィンには確かにダイエットになる運動も含まれていますが、ダイエットだけを目的として始めるスポーツではないということです。

ということで、ここではさらに詳しくサーフィンとダイエットという2つのキーワードをもとに「実際にサーフィンをすると痩せるのかどうか」という気になる疑問に対してお答えしていきたいと思います。

サーファーはスタイルが良い?

まずサーファーの平均的な体型ですが、ほとんどの人は健康的な良い肉体をしています。なお、ここで言う健康的な肉体というのは肥満体系ではなく、それでいてガリガリで痩せすぎている体型でもないということを表しています。

ちなみに何故サーファーの多くが健康的な肉体をしているかと言いますと、サーフィンをする上では「過度に体重がないこと」「一定以上の筋肉があること」が重要だからです。

当たり前ですが、サーフィンというのは波に乗る競技で、サーフボードの上に自分が立つことで成り立ちます。この最低限の動きをおこなうためには、太っていると動作がスムーズにいきません。

また、太っていると足腰に負担が掛かるのでサーフィンをするのに適さないというのも理由のひとつです。そして波の力に負けないように泳いでいくためには一定以上の筋力も必要となってきます。

こうしたことから必然的にサーファーの身体というのは絞られてくるわけです。プロのサーファーたちの身体を見るとよく分かりますが、みんないわゆる逆三角形のボディーをしています。

中でも特にスタイルが良い女性のプロサーファーなどはファッションモデル・水着モデル・ランジェリーモデルとして活躍している選手も少なくありません。

以上のような点から考えてもサーファーというのはスタイルが良く、一般的な体型の方からすると憧れの肉体と言えるかもしれませんね。

サーフィンは痩せる?ダイエット効果は?

「サーファーはスタイルが良い」ということが分かりましたが、実際にサーフィンがダイエット効果をもたらすのかどうかという点を見ていきましょう。まず冒頭でも触れましたが「サーフィン=ダイエット効果あり」というのは半分正解でもあり、半分不正解でもあります。

サーフィンというのは全体の工程を通すと有酸素運動に当てはまりますので、ランニングなどと同じ効果が期待できます。つまりダイエット効果があるということですね。

しかし、サーフィンを続けたからといって劇的に体重が減るということはありません。

これは「ある程度まで余分な脂肪は減るが、その分筋肉量が増えるため大幅に体重が減少することはない」という理論から考えられるものなのですが、こうなると「体重が減らない=ダイエット効果なし」とも捉えられます。

こうしたことから「サーフィン=ダイエット効果あり」というのは半分正解で半分不正解なのです。

ただし、余分な体重が減るだけでもダイエットになるならやってみたいという人もいますよね?そこで、サーフィンをするといったい身体にどういった作用が働くかを段階的に解説していきたいと思います。

まず、波に乗るためにはボードに腹ばいとなり、パドリングといって両手で海の上を進んでいかなければいけません。

このとき、二の腕のたるみや余分な脂肪というのは高確率で燃焼され引き締まっていきます。次に波に乗る段階まで来るとボードを両手で持ち、身体をリフトアップさせる運動が加わります。

このときに鍛えられるのは主に大胸筋と広背筋です。胸の筋肉が鍛えられると女性であればバストアップ効果も期待できますので、年齢と共にたるみを覚えるバストに対して効果的なアプローチができます。

そして、ボードの上に立つとなるとお尻から太ももにかけての筋肉、また腹筋や体幹が鍛えられることになります。これはヒップアップやウエスト周りのくびれを手に入れたいという方にとって最高の筋トレと言えるでしょう。

また、同時に体幹が鍛えられると基礎代謝が上がるといわれていますので、太りにくい身体を手にすることも可能です。

このようにサーフィンを段階的に分けてみると、実に様々な筋肉を使うことが分かります。この運動を繰り返しおこなうことで、自然と理想的な肉体になっていくわけです。

ただし、先ほども触れたように筋肉量が増える分、体重というのはそこまで減りません。(もとの体重・体型にもよりますが)そのため、とにかく細くなりたい・痩せたいという人向けのスポーツではないことだけは理解しておいてください。

ダイエット以外のサーフィンの健康効果

サーフィン

サーフィンというのはダイエット効果だけでなく、リラックス効果やストレス解消効果などもあると言われています。

そのため「心のデトックス作用」を求めてサーフィンをしているという人も少なくないようです。そもそも波の音というのは人間がリラックスしやすい周波数・音色とされていますので、ただ海にいるだけでもメンタル的健康効果が期待できます。

また、砂浜を素足で歩くと足裏にあるツボが全体的に刺激されて健康に良いという説もあります。

実際に裸足で海辺を歩き、波の音を聞くだけでも身心に対してプラスのホルモンが脳内で分泌されると言われていますので試す価値はあるでしょう。さらに海水というのはミネラルが豊富なので美肌効果があるとも言われています。

一般的には紫外線に当たることは肌に良くないというイメージがありますが、サーフィンのあとにしっかりとフェイスケアやスキンケアをすればそこまで問題はありません。

しかも海の砂には天然のスクラブ効果もあり、さらに汗をかくことで汗腺のつまりを解消し不快な体臭となる原因も予防できます。

トータルで考えてみるとサーフィンをする、海で泳ぐという行為は健康に対して様々なプラス効果を与えてくれますので、ぜひ参考にしてもらいたいと思っています。

とはいえ、長時間にわたって紫外線にあたることは当然NGですので、健康を目的としてサーフィンを始める場合は日焼け止めや帽子の着用などの対策をしっかりと取りながらおこないましょう。

サーフィンの健康効果に関する記事はこちら

まとめ

サーフィンとダイエットの関係性についてご紹介してきました。

「サーフィン=ダイエット」と単純に直結するものではありませんが、余分な脂肪をなくすのに対してサーフィンは非常に効果的です。また、脂肪をなくすということ以外にも、サーフィンは様々な健康効果をもたらしてくれます。

日常的に精神の疲労感を覚えている人などには特におすすめですので、そういった方はぜひ一度サーフィンを楽しんでみてください。きっとダイエット以上の効果が実感できると思いますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事