国内屈指のサーフスポットである宮崎県は、国内外問わずプロサーファーもよく訪れる地域です。1年を通して温暖な気候で、いい波が来やすい条件が揃っている宮崎県は、サーファーにとってまさに天国。ここでは、そんな宮崎県のサーフスポイントをエリア別にご紹介しています。

それぞれのエリアやポイントの特徴、またどれくらいのレベルであれば挑戦できそうなのかといった情報もご覧いただけますので、ぜひこちらを参考に各ポイントに訪れてみてください。また、宮崎県はサーファーの移住者も多いということですが、そのあたりの事情も見ていきたいと思います。

宮崎はサーフィン天国!

国内でもサーフィン需要の高い県として知られる宮崎ですが、九州の太平洋側に面しているため、低気圧の影響を受けて波が大きくなりやすいというところが特徴的な部分。ポイントによっては海外の波に負けないくらいのパワフルな波がやってきますので、腕試しをしたいというサーファーの方も数多く訪れています。

さらに宮崎県は南北に渡って長く海岸線が続いていますので、いろいろなサーフポイントが存在しているというのも特筆すべき点です。そして、その点在するサーフポイント同士の距離感も近く、波が来ないときにはほかのポイントに移りやすいので時間を無駄にしないというのも魅力のひとつと言えるでしょう。

それぞれのポイントごとにやってくる波の質も異なり、初心者から上級者まで幅広く楽しめるようになっているというのもありがたいところで、老若男女がサーフィンに打ち込める環境というのが整っています。また、サーフィンができるポイントが多いエリアでは、街自体がサーファーに対して理解があり、サーフィン終わりに立ち寄りたくなるようなカフェやレストランも充実しているところも宮崎がサーファーから愛されているところではないでしょうか。

そんな宮崎県に訪れた際に、ぜひともサーフィンをしたくなるエリアやポイントをここから紹介していきたいと思いますのでご覧ください。

宮崎のサーフィンポイント&特徴【北エリア】

それではここから、宮崎県のサーフィンポイントを北側から順番に見ていきます。

伊勢ヶ浜

海水浴場として知られる海岸ですが、1年を通してサーフィンをするのに適した波がやってくるポイントでもあります。波はゆるやかで子供連れでも楽しめるレベルとなっているため、初心者向けの場所と言えそうです。

お倉ヶ浜

こちらも比較的波が穏やかで、さらにビーチが広いため初心者の方におすすめのポイントです。ショートでもロングでも波に乗ることができて、女性や子供の利用者も多い場所となっています。特に防波堤に近いエリアは波が小ぶりなので、初心者が練習するにはもってこいの場所と言えるでしょう。

金ヶ浜

お倉ヶ浜から少しだけ南下すると現れるのがこちらの金ヶ浜です。お倉ヶ浜よりも波のサイズがありますので、中級者以上の方におすすめのポイントと言えます。目の前には民宿もありますので、泊りがけでサーフィンを楽しみたいという方にもぴったりです。

蚊口浜

宮田川付近に近づくと波が高くなりますが、比較的テトラポット付近では柔らかめな波がやってきますので、レベルごとに使い分けることができます。複数の仲間や団体でサーフィンに訪れた際にも便利なエリアと言えるでしょう。

富田浜

蚊口浜から程近いポイントで、サイズの大きい波が楽しめるところが魅力的とされています。あまり混雑もしないので、ゆっくりとサーフィンがしたい人にもおすすめです。

宮崎のサーフィンポイント&特徴【中央エリア】

中央エリアは県庁所在地でもある宮崎市が近いため、とても多くのサーファーが訪れるエリアです。空港からも近く、サーファーであれば旅行の際にもちょっと立ち寄ってみたくなるエリアと言えます。

木崎浜

宮崎でのメインサーフポイントとも言える場所です。空港からわずか10分で到着できるというロケーションが魅力的で、近くの宿泊施設に泊まっていれば1日中サーフィンを楽しむことができます。波のサイズは季節や天候によってマチマチといったところですが、条件が揃ったときの波は国内トップクラスです。

この木崎浜の波に乗るためだけに海外から訪れるサーファーもいるほどなので、ぜひとも一度はチャレンジしてみたいポイントと言えます。

木崎浜に関する記事はこちら

青島

観光スポットや海水浴場としても知られるのが、こちらの青島ポイントです。木崎浜からすぐ南側に位置していて、波がやって来ないときにはそれぞれのポイントを行ったり来たりできるというのが特徴のひとつ。

ちなみに木崎浜の波が荒れているときは、この青島ポイントに良い波が来ているときも多いので、波の状態を見極めながらサーフィンを楽しむというのがコツです。

青島ポイントは木崎浜に近い北側が大きめのサイズ、南にいくほど小さなサイズと波の種類がある程度決まっていますので、レベルごとに波を選びやすくなっています。

白浜

基本的には海水浴場ですが、初心者がサーフィンをするのであれば問題なく練習できるポイントです。夏場などオンシーズンはほかの方に迷惑にならないように利用しましょう。

宮崎のサーフィンポイント&特徴【南エリア】

宮崎市よりも南に下った、日南市以南のサーフポイントをご紹介しています。

伊比井

メインシーズン以外でも人が多くて混雑するほど人気のポイントです。ただ、波が集中しやすいので、ある程度のレベルがあった方が周りに迷惑にならずにプレイできるかと思います。

照寿園

こちらの照寿園ポイントは、ウネリともにやって来るパワフルな波が特徴的で、非常に質の高いサーフィンを楽しむことができます。初心者にはちょっと難しい波が多いかもしれませんが、上級者の方にとっては「宮崎に来たかいがある」と感じさせてくれる波を捕らえやすいので、とてもおすすめです。

大堂津

照寿園から少し南下したところにあるのがこちらの大堂津ポイントです。低気圧の影響を受けやすいエリアではありますが、比較的波が穏やかなので初心者でも楽しめます。照寿園ポイントが荒れ始めたら、こちらの大堂津まで避難してもいいかと思います。

恋ヶ浦

海水温が高く、1年中ブーツやグローブなしでサーフィンが楽しめるポイントです。宮崎県にあるポイントとしては南端に位置するポイントで、海のキレイさ自体が魅力的でもあります。

宮崎のに移住するサーファーが多い?

宮崎県内の魅力的なサーフポイントをいろいろとご紹介してきましたが、そうしたポイントに魅せられて宮崎県へと移住する人というのも多いようです。

実際、地元の賃貸情報などを見ても「サーファー歓迎」などの言葉が並んでいますので、サーファーにとっては移住しやすい環境が整っていると言えますね。また、気候が穏やかで1年中温かな宮崎県では、通年サーフィンが出来るというのも非常に魅力的な部分です。

さらに宮崎県はフィリピンやインドネシアの方で発生する台風の影響を受けやすく、ビッグウェーブが起こりやすいという部分も特徴的で、サーフィンが生きがいという方にとってはまさに天国と言えるでしょう。

移住に関する記事はこちら!

宮崎でサーフィンしよう!

国内のサーファーはもちろんのこと、海外サーファーも多く訪れるサーフィン天国・宮崎。ご覧いただいたように波のサイズや特徴が異なるポイントがたくさんありますので、初心者から上級者までが楽しめるところが非常に魅力的です。本格的にサーフィンをするために移住を考える方も多く、サーファーであれば一度は訪れてみたいところではないでしょうか。

こちらの記事もおすすめ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事