全国のレジャーや遊び、体験の検索・予約ができるサイト「アソビュー!」の独自調査によると、2020年2〜3月のアクティビティのキャンセル率を2018年や2019年2月〜3月と比較した結果、1.3倍にまで増加。一方で「サーフィン」「アスレチック」「釣り」などといったアクティビティの予約数は増加傾向にあるという。

  

増加しているアクティビティの特徴としては「屋外の開放空間」「人口密度が低い」「人との接触が少ない」などがあり、サーフィン体験の予約に関しては、2019年の同時期を大幅に上回っているのがわかる。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事