2019年10月16日(水)~10月20日(日)、宮崎県日向市の「お倉ヶ浜海岸」でWSL・QSの「white buffalo HYUGA PRO」が開催される。今大会は国内最高グレードである女子QS3000と男子QS1000が同時に行われる。

大会の初日終了後にはWSL JAPANとセロリー株式会社の主催による、ビーチクリーン活動が予定されていて、多くの選手たちも参加する。なお大会期間中は、他の会場でトップサーファーたちのサイン会や記念撮影、大会協賛スポンサーによるプレゼント企画など来場者が楽しめるイベントも毎日開催され、試合は全日観戦無料。

日本の出場予定選手

2019ISAワールドサーフィンゲームスで2020年東京オリンピックのアジア枠での出場権(条件付き)を獲得した松田詩野(17歳)、波乗りジャパンで日本代表として戦った脇田紗良(16歳)、前田マヒナ(21歳)。

今月スペインで開催されたQS10,000イベント「ABANCA Galicia Classic Surf Pro」で優勝した都筑有夢路(18歳)、波乗りジャパン強化指定A選手の川合美乃里(18歳)、2018ISAワールドサーフィンゲームスで日本人女子の最高位だった黒川日菜子(23歳)など日本の女子トッププロが参戦を予定している。

男子QS1000は2019ISAで見事な活躍をした村上舜(22歳)、上山キアヌ久里朱(18歳)、安室丈(18歳)などが参戦を表明している。

大会概要

大会名: 『white buffalo HYUGA PRO』

開催期間: 2019年10月16日(水)〜10月20日(日)

開催時間: 7:00~16:00 ※天候により変更あり

開催会場:宮崎県日向市「お倉ヶ浜海水浴場」

カテゴリー/出場者数/賞金総額: Women's Qualifying Series 3000 / Short Boad 64名 / 約385万円(US$35,000) Men's Qualifying Series 1000 / Short Boad 64名 / 約50万円(US$5,000)

2018年大会の写真

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事