• サーフィン テクニック
    サーフィンでバタ足は逆効果…?トッププロがバタ足をする理由とは?
    2018年11月11日
  • サーファー ライフスタイル
    サーファーに人気の髪型【男女別】!外国人やプロサーファーの髪型も!
    2018年11月13日
  • 車 ライフスタイル
    サーファー・サーフィンにおすすめの車7選!選び方は?軽自動車や便利グッズも!
    2018年11月6日
  • 堀越力 ライフスタイル
    SUP・ショートボード二刀流!プロサーファー堀越力の独占インタビュー!
    2018年12月14日
  • サーファー ライフスタイル
    サーファーの約6割?サーファーズイヤーの症状・原因・予防法を解説!
    2018年7月10日
  • 離岸流 ライフスタイル
    【空撮映像】サーフィンで知っておきたい離岸流(カレント)の見分け方&対処法!
    2018年10月8日
  • サーフィン ライフスタイル
    【動画】サーフィンの歴史が丸わかり!始まりは?日本で普及したのは?
    2018年9月17日
  • サーフィン ライフスタイル
    【2020年東京オリンピック】サーフィンの会場・日程・選手の選考基準を完全解説!注目選手も!
    2018年10月18日
掘れた波は難しい…テイクオフのコツやサーフボードの選び方を伝授!

テイクオフをマスターしてある程度、横に滑れるようになると乗りやすい・乗りづらい波を肌で感じるようになるだろう。それは「もも〜腰」「腰〜はら」といった波のサイズだけではなく「早い」「遅い」「厚い」「掘れた」などの波質も関係する。

波質はポイントや潮の満ち引き季節などで傾向は出るが基本的には常に異なる。上級者はポイントやその時のコンディションに合わせてサーフボードを選びテクニックを使い分けている。今回は「掘れた波」のテイクオフのコツやサーフボードの選び方について解説したい。

関連記事

掘れた波とは?

リップ(波の上の部分)が巻くように崩れていく波を「掘れた波」と表現する。(または「ホローな波」)

掘れた波はサイズが上がればチューブになる波でパワーもあるため上級者の血が騒ぐ絶好の波になることがあるが、難易度が高く苦戦するサーファーが多くいる。

掘れた波でのテイクオフのコツは?

とにかくパドルのスピードがポイントになる。普通の波に比べて巻き上げる力が強いので、どうしても波に引き込まれやすい。引き込まれるとリップとともに降って叩きつけられてしまう。そのため早い段階でパドルでスピードをつけて波に引き込まれる前にテイクオフをすることが求められる。

掘れた波の時のサーフボードの選び方は?

掘れている波でもサイズが小さければ普段と変わらないボードチョイスで問題ないだろう。しかしサイズがあって掘れた波となると、よほど腕に自身がない限りサーフボードを変えたほうが無難で楽しめる。

サーフボードの選び方はいつもよりも2インチほど長めの板。2インチ変わればパドリングのしやすさテイクオフの速さは随分と変わる。デザインはノーズ・テールともに細めでロッカーも強めたデザインがいいだろう。

小波用などのデザインではテールが大きくボードコントロールが難しくなる。掘れた波はパワーがあるのでそのあたりを意識してサーフボードを選ぶのがいいだろう。

 

その他おすすめ記事↓

関連キーワード
テクニックの関連記事
  • パドル
    テイクオフの基本とコツ!初心者にありがちな失敗やお手本【動画】も!
  • サーフィン
    サーフィンでバタ足は逆効果…?トッププロがバタ足をする理由とは?
  • サーフィン
    テイクオフの動作は本当に皆同じ?足首の固さで向いている立ち方が違う!
  • テイクオフ
    サーフィンのテイクオフ使い分けてる?プロに学ぶテイクオフ!
  • イルカ
    ドルフィンスルーのやり方&コツを解説!練習方法も!【動画あり】
  • サーフィンの技
    サーフィン【技】の種類6選!テクニック【動画】あり!初心者〜中級者向け!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事