サーフィンの基本中の基本テイクオフオフ、テイクオフができて初めてサーフィンが楽しいと感じる人が多いはず。この記事では初心者向けにテイクオフの基本の流れとコツ、ありがちな失敗を解説し、最後に参考になるテクニックお手本【動画】を紹介します。

サーフィンのテイクオフとは?

テイクオフ(take off)の言葉の意味は飛行機の離陸、サーフィンで使われるときは波の上で立ち上がる瞬間のことです。サーフボードに寝そべり、パドリング(手で漕ぐ)で勢いをつけて波に押されたときに両足で立ち上がる瞬間です。テイクオフができて初めてサーフィンで波に乗ることができるので基本中の基本です。

サーフィンのテイクオフの基本

【サーフィンのテイクオフの流れ】

まずテイクオフの基本の流れについて、サーフボードに寝そべり、波に合わせてパドルを始め、波にボードを押される感覚があったときに両手を胸の近くに持ってきて、両足を体に近づけるように勢いよく立ち上がります。立ち上がるタイミングが早過ぎたり遅過ぎたりすると立ち上がるのが難しくなります。

波に合わせてパドル開始

波に押されたときに両手を胸の近く持ってくる

両足を体に近づけるように立ち上がる

サーフィンのテイクオフのコツ

・パドルでしっかり加速

・素早く立ち上がる

・下を向かない

パドルが遅くてスピードがつかないと波に追い越されて乗れません。そのためパドルでしっかり加速する必要があります。手を付いてから立ち上がるときは迷うことなく素早く立ち上がり、立ち上がってから下を向くとバランスを崩しやすいので前を見ることが大切になります。

初心者にありがちなテイクオフの失敗

・波においていかれる

・パーリング(ボードの先端が波に突き刺さる)

・立ち上がるときにバランスを崩す

波が割れて波にボードを押されているときに立ち上がるのがテイクオフの基本ですが、パドルの開始が遅かったりスピードが出ていなかったりすると波においていかれて押されることはありません。パドルの開始を早める、パドルでしっかりスピードをつけることで失敗は防げます。

またボードに寝そべる位置が前過ぎ過ぎたりダンパーの波のだったりするとテイクオフのときにパーリング(ボードの先端が波に突き刺さる)してしいます。パーリングも初心者にありがちな失敗で正しい位置に寝そべることや胸をやや張る、ボードを横に傾けるなどで失敗を回避できます。

そして立ち上がるときにバランスを崩してしまう失敗は立ち上がり始めてからの動作が遅かったり下を向いたたまま立ち上がっていたりするのが原因です。勢いよく立ち上がり滑っていきたい方向に目線を向けることが大切です。

サーフィンのテイクオフのお手本【動画】

最後にテイクオフのお手本動画を紹介します。初心者が参考になる動画です。動画でイメージを膨らませてから実際に海へ入ることで上達がより早くなります。

テイクオフのお手本動画はこちら

 

サーフィンのテイクオフに関するおすすめ記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事