サーファーにとってお馴染みの『アロハポーズ』は挨拶や写真のポーズの定番で何気なく使っている人もいるかもしれませんが、ハングルースシャカの2種類あって意味がそれぞれ変わってきます。

アロハポーズの「シャカ」の意味

具体的に2種類の違いというのは手の平と手の甲のどちらを相手に向けているかになります。まず親指と小指を出して手の甲を相手に見せるシャカで「元気?」「頑張ろうぜ」といった励ましの意味合いがあります。

この投稿をInstagramで見る

 

Italo Ferreiraさん(@italoferreira)がシェアした投稿 -

アロハポーズの「ハングルース」の意味

一方手の平を相手に見せるハングルースは「こんにちは」「さようなら」「ありがとう」「またね」など挨拶の意味合いになります。

この投稿をInstagramで見る

 

Italo Ferreiraさん(@italoferreira)がシェアした投稿 -

ハワイで生まれたアロハポーズの由来は諸説ありますが、サーフィンやビーチが関係していると言われています。ハングルースとシャカの意味を理解して使い分けることでコミニュケーションの幅が広がります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事