日々サーフィンを楽しんでいる方の中には、車を使って海まで訪れるという人も多くいるかとは思いますが、やはりサーファーとしては車選びにもこだわりたいものです。また、海に行ったときに、駐車場でほかのサーファーから自分の車を見られて「あの車カッコいいな」と思われたいという願望もありますよね。

そこでおすすめなのがやはり「外車」です。国産車にも素敵な車はたくさんありますが、やはりサーフィンに適した外車で颯爽と海まで出かけるというのはサーファーにとって理想のシチュエーションのひとつでもあります。ここでは、そんなサーファーに向けておすすめしたい外車を全部で5車種ピックアップしてご紹介しています。

また、サーファーが外車を選ぶ際に抑えておきたいポイントなども合わせてご覧いただけますので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。

サーファー向けの外車とは?

それではさっそくサーファー向けの外車の特徴について見ていきましょう。まず、最初に絶対条件として覚えておきたいのは「サーフボードが積めるかどうか」という部分ですね。当たり前ですが「サーフィンに行くための車」として購入するわけですから、サーフボードが楽々と積み込めなければ話になりません。

ちなみにサーフボードを車に積載する際には「車内に積む込む方法」と「ルーフトップに積載する方法」の2つがあります。どちらでもあまり大差ないように思えますが、おすすめとしては車内に積める方が安心です。走行中、ボードに木などの障害物が万が一当たったら、ボード自体が傷付きますし、さらに運転にもリスクが生じます。

そうした意味でもやはり車内が広々とした外車を選ぶことが優先順位と考えられるでしょう。次に抑えておくべき点はオフロードに対応した車かどうか、という部分です。海岸付近には舗装されていない道路環境のところもたくさんありますので、なるべく4WDなどパワーのあるタイプの車がおすすめと言えます。

そしてせっかく外車を買うのであれば、やはり見た目にもこだわりたいところです。これからご紹介するおすすめの外車たちは、誰から見ても格好良いと思われるような外車ばかり。海沿いの駐車場で注目を集めたいのであれば、ぜひ外車の中からお好みの1台を見つけ出してみてください。

サーファーにおすすめの外車「ボルボXCシリーズ」

この投稿をInstagramで見る

 

Volvo. for lifeさん(@volvo.forlife)がシェアした投稿 -


まずは外車の定番としても知られるボルボから、XCシリーズのご紹介です。こちらのXCシリーズはいわゆるSUV車で、「XC40」「XC60」「XC90」といった3つのタイプを展開しています。

XC40はアーバンスタイルに溶け込んだスタイリッシュなデザインが魅力的で、ちょっとした買い物などにも利用がしやすい1台です。そして、中型車タイプのXC60はファミリーカーとしても選びやすい1台で、パワフルな走行性能を持ちサーフボードも楽々と積めるスペースを車内に用意しています。

XC90はラグジュアリーなボディーに、最先端技術を駆使したあらゆる機能を搭載していて、まさに憧れの外車といった印象のある1台です。なお、2.0LガソリンターボのT5、2.0Lガソリンターボ&スーパーチャージャーのT6、T6に電気モーター2基を加えたPHEVのT8といった各種エンジンを搭載しているのも同シリーズの特徴です。

サーファーにおすすめの外車「アウディQシリーズ」

この投稿をInstagramで見る

 

Audi Japan / アウディ ジャパンさん(@audijapan)がシェアした投稿 -

ドイツの高級自動車メーカーとして有名なアウディから販売されている4WD仕様の車が「Qシリーズ」です。「Q」というのは「Quattro(クワトロ)=4」という言葉から取られていて、四駆のパワフルな走りを実現するために開発されています。

2018年に販売が開始されたQ8を含めて、これまでQシリーズでは数多くの四駆自動車を輩出してきていて、そのダイナミックでワイルドな走りはまさにアウトドア全般に利用することが可能です。ちなみに最新のQ8は過去最大のサイズとなっていて、サーフボードも楽々と積み込める空間を用意しています。ファミリーのための1台としても使うことができますので、ご家族がいるサーファーの方にもおすすめの外車です。

サーファーにおすすめの外車「ベンツGLC」

この投稿をInstagramで見る

 

Mercedes-AMGさん(@mercedesamg)がシェアした投稿 -

誰もが知る有名外車ブランドのベンツからは「GLC」をご紹介していきます。GLCはプレミアムミドルサイズSUV車として販売されていて、Cクラスということだけありそのサイズ感も特徴のひとつです。圧倒的なラグジュアリーさと魅力的な曲線美でデザインされたGLCは、9速ATといった多彩なギアも搭載。街中からアウトドアまで幅広いシーンで活躍をすること間違いなしです。また、実際に座ってみるとかなり視線が高く、運転がしやすいというメリットもあります。

もちろんリヤシートを含めた後部座席全体の空間は広く、サーフボードから各種サーフ用グッズを楽々と積んでおける造りです。ベンツというブランド力とスタイリッシュなボディーはまさに一級品、海辺も非常に注目される1台としておすすめさせてもらっています。

サーファーにおすすめの外車「ジープ ラングラー」

この投稿をInstagramで見る

 

Jeepさん(@jeep)がシェアした投稿 -

日本でも多くのユーザーがいるジープですが、その中でもサーフィンにもってこいの車種が「ラングラー」です。2ドアタイプの4ドアタイプがありますが、サーファーの方であれば4ドアタイプの「アンリミテッド・スポーツ」がおすすめとなります。

名前の通りアクティブな活動を好まれる方から支持を得ているシリーズで、もちろん4WD仕様車です。オフロードでもガツガツと進むことができて、レアなサーフスポットなどで道路環境が整っていなくても走行性能を落とさずに運転することができます。

また、リヤシートが倒しやすく比較的フラットな空間を作りやすいというのもラングラーをおすすめする理由のひとつです。サーファーにとって便利な部分が圧倒的に多い車種でもありますので、ぜひ検討する際の参考にしてみてください。

ジープの車に関する記事はこちら

サーファーにおすすめの外車「ワーゲンバス」

この投稿をInstagramで見る

 

Volkswagenさん(@volkswagen)がシェアした投稿 -

最後にご紹介するのはフォルクスワーゲンから販売されている「ワーゲンバス」です。ワーゲンバスを買ってサーフトリップを楽しむのが夢と語るサーファーも多いのではないでしょうか。最大の魅力は車内の広さで、カスタムをすればどこまでも自由なデザインを楽しむことができます。

車中泊をしながら色々な海岸線沿いをサーフィンしながら移動するというのも、ワーゲンバスとならきっと可能ですし、サーファーにとっては憧れのひとつではないでしょうか。そんなワーゲンバスはこれまでにT1からT5までのシリーズが展開されていましたが、2013年に製造中止となってしまい、現在では市場に出回っているものを購入するしかチャンスがありません。(新世代ワーゲンバスとして「Generation Six」という車種が現在も販売されていますが、かつての車種とは少し趣きが異なる車となっています)

もし、お気に入りのワーゲンバスが見つかった際には、ぜひ購入をして思う存分サーフィンに打ち込める生活をゲットしてみてください。

お気に入りの外車でサーフィンに出かけよう

サーファーにおすすめの外車を全部で5車種ご紹介してきましたが、どれもサーフィンをするには打ってつけの車ばかりです。サーフボードを積みっぱなしにしていても邪魔にならないサイズ感があり、さらに海だけでなく街中でも注目を集めることができるのが外車の魅力でもあります。アーバンスタイルからアウトドアスタイルまでに対応した魅力的な外車を選んでみては。

サーファーにおすすめの車に関する記事はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事