ソフトボードといえば元々はサーフィンスクールなどで用いられる初心者向けに作られたサーフボード。多くはEPSフォームでシェイプされたフォームをエポキシ樹脂でコーティング(ラミネート)し、表面にスポンジを貼り付けて安全性を高めている。

ソフトボードが人気の理由と楽しみ方

ソフトボードがサーフィンスクールで用いられるのは「安定してまっすぐ走れる」からであるが、最近は初心者やサーフィンスクールに限らず中・上級者の間でソフトボードが流行っている。

その理由は何と言っても「気楽にサーフィンを楽しめる」からだ。ほとんどのソフトボードは長さの割に厚みがあってボリュームもあるのでテイクオフがかなり楽になる。厚みがあるおかげで、ただ突っ立っているだけでボードが走ってくれるのでショートボードのようにスピードをつける必要がなく、ロングボードのようにノーズを狙わなくてもいい。ただ純粋に波の斜面を滑る感覚を楽しめる。

サーフィンがある程度上達すると「楽しむ」よりも「練習」に目が向いてしまいがち。「今日はターンの練習をしよう」など目標を胸に秘めていい波でのターンのイメージを膨らませながら海へ向かう人も多いだろ。しかしいざ海に着いたら波が小さくて練習どころではないなんてことないだろうか…

もちろんサーフィンの上達に練習は必要不可欠、しかしサーフィンの「楽しさ」も忘れてはいけない、楽しさを失えば向上心は生まれない。

波が小さくていつもの練習ができないときは、ソフトボードでサーフィン本来の楽しさを感じながら波と戯れてみてはどうだろうか。いつもとは少し違う感覚で新しい発見もあるかもしれない。

ソフトボードのデメリットは?

スポンジを貼り付けている分重くなってしまうのがデメリット。ボードの上で体重をかけてコントロールをするときにボードとの間にスポンジがあると力が伝わるまでに時間がかかる。柔らかいフィンが付いていたりすると更に重くなる…ターンなど動きを求めるのであれば普通のシェイプボードがいい。

ソフトボードおすすめブランド

《CATCH SURF》

種類豊富でトッププロのモデルもあるソフトボードブランド「CATCH SURF」。

ジュリアン・ウィルソンによるフィンレスの動画↓

HOUR OF POWER WITH JULIAN WILSON from Catch Surf® on Vimeo.

《MICK FANNING SOFT BOARD》

3度のワールドタイトルを獲ったミックファニングのプロデュースするソフトボード「MICK FANNING SOFT BOARD」。


Is Mick Fanning Going Soft?
from Skuff TV on Vimeo.ソフトボードに乗っているとは思えないサーフィン

関連記事

その他サーフボードに関するおすすめ記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事