サーフボードの素材で一般的なのは「PU(ポリウレタン)」と「EPS(エクスパンダブルポリスチレン)」、元々はPUのサーフボードが主流であったが、最近注目を集めているのはEPS。

プロのロングボードのコンテストではほとんどの選手が使用、またショートボードのコンテストでも小波のときにEPSを使用するプロサーファーが多く、地位を確立している。この記事ではEPSのサーフボードの特徴やデメリット、PUとの違いを解説。最後には初めて使ったサーファーと、愛用しているサーファーの感想も紹介する。

 EPSのサーフボードとは?

EPS(エクスパンダブルポリスチレン)のサーフボードは、ポリスチレンの発泡フォームにガラスクロスを巻いて、エポキシ樹脂で固めたサーフボードのこと。

EPSとPUのサーフボードの違いは?

PU(ポリウレタン)のサーフボードはポリウレタンの発泡フォームにガラスクロスを巻いてレジンで固めたサーフボードのことで、大きな違いは使用している樹脂、レジン・エポキシで異なるためサーフボードの性質が変わる。

浮力は容積によるものでEPSとPUで違いはないが、硬さ(強度) や重さが大きく違ってくる。硬さ(強度)はEPSの方が優れていて、重さはEPSの方が軽い。サーフボードはこの要素で乗り味に大きな違いがでる。

EPSのサーフボードのメリット

・PUより軽くて持ち運びやすい

・PUよりも壊れづらい

・軽いのでスピードが出やすい

・軽いのでボードを動かしやすい

PUのサーフボードに比べて軽いので持ち運びやすく、レジンよりもエポキシの方が強度が優れているので壊れづらい。またPUよりも、軽くて硬くてしなりづらいので、サーフィンで波に乗るときのスピードが出やすく、テイクオフが早くなる。小波のコンテストで使用するプロサーファーが多いのは、テイクオフが早くできて、スピードが出しやすいからであろう。

EPSのサーフボードのデメリット

・軽い分だけ安定性に欠ける

・熱に弱い

・ボードがしならない

・リペア代がやや高い

EPSのデメリットは軽くて硬くてスピード・動きが出しやすい分、ボードがしなりづらいこと。ボードがしならないとタメが作りづらいので、大きなターンをしづらいなどの影響が出る。

また中上級者がサーフィンでスピードをつけるときに、ボードを踏み込んでボードをしならせて反発の力を使うことがあるが、それもPUより難しくなる。そのため、必ずしも小波に向いているサーフボードとは言い難い。

またPUよりも熱に弱く、高温状態に置いていると剥離することもあり、夏の時期は取り扱いに注意が必要で、リペア代もやや高くなるといったデメリットもある。

【次ページ】EPSのサーフボードに関する体験談

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事