10月24日〜27日、千葉県・釣ヶ崎海岸で開催されたJPSAショートボード第7戦「Trident Seafoods Chiba Ichinomiya Pro」。JPSAの最終戦はメンズが仲村拓久未、ウィメンズは川合美乃里の優勝で幕を閉じた。なお2019年のグランドチャンピオンはメンズが河谷佐助、ウィメンズは須田那月に決定した。

川合美乃里仲村拓久未

熾烈なグランドチャンピオン争い

メンズはグランドチャンピオン候補の西修司がQFの第1ヒートで破れ、第3ヒートで佐藤魁も敗退。河谷佐助がSFを勝ち上がればグラチャンが確定、もし上がれなければ佐藤魁という展開で河谷佐助がSFの接戦を制してグラチャンをものにした。

河谷佐助

ウィメンズは宮坂麻衣子がSFで敗退し、須田那月が2位以上ならグラチャンが確定する展開で須田が2位入賞でグラチャンを獲得した。

須田那月

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事