Instagram:WSL

オーストラリアで開催された2020年WSLロングボードツアー開幕戦「Noosa Longboard Open」、メンズはジョエルチューダー(アメリカ)、ウィメンズはケリスカレオパ(ハワイ)が優勝を決めた。

昨年優勝、2019年チャンピオンのジャスティンクインタルが欠場する中、2019年の「Longboard Classic New York」に続き参戦したジョエルチューダーが43歳という年齢を感じさせないライディングでトップシード選手たちを破り、ファイナルでケヴィン・スカヴァーナ(アメリカ)に勝利して優勝。

この投稿をInstagramで見る

 

World Surf League(@wsl)がシェアした投稿 -

ウィメンズは2019年チャンピオンのホノルア・ブロムフィールド(ハワイ)がRound of 8で敗退すると、同じラウンドで勝ち上がったケリスカレオパ(ハワイ)がファイナルでソフィアコーヘン(ハワイ)に勝利して優勝。

この投稿をInstagramで見る

 

World Surf League(@wsl)がシェアした投稿 -

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事