オーストラリア・ビクトリア州、ベルズで開催されている【WSL CT第2戦】Rip Curl Pro Bells Beach。五十嵐カノアはラウンド1・第12ヒートに登場し、Mikey Wright(オーストラリア)Peterson Crisanto(ブラジル)と対戦。

5.23p・5.23pのトータル10.46pで2位、Round of 32 への進出を決めました。

1位:Peterson Crisanto(ブラジル)トータル10.87p

2位:Kanoa Igarashi(日本)トータル10.46p

3位:Mikey Wright(オーストラリア)トータル9.33p

【WSL CT第2戦】 Round of 32 

Round of 32・15ヒートに登場、Adrian Buchan(オーストラリア)と対戦。6.17p・5.90pのトータル12.07で Round of 16進出を決めました。

【WSL CT第2戦】 Round of 16

ハードコンディションで実施されたRound of 16・8ヒート、Jordy Smith(南アフリカ)と対戦。波選びが難しい中、後半に追い上げるも一歩及ばず五十嵐カノアはここで敗退。

Jordy Smith(南アフリカ)6.77 + 6.33 トータル 13.10p

Kanoa Igarashi(日本) 6.10 + 4.93 トータル 11.03p

【WSL CT第2戦】Rip Curl Pro Bells Beachのライブ中継はこちら!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事