2019年10月5日(土)、フランス ソール=オスゴールで株式会社資生堂が世界85の国と地域で展開している「SHISEIDO」のサンケアを通じて、海を守るビーチクリーン活動などをグローバルで実施する「SHISEIDO BLUE PROJECT」の第一弾が開催され、海への環境の配慮を示す植樹活動「Dune Planting」やビーチを清掃するビーチクリーン活動が実施された。

当プロジェクトは「Respect for Oceans」をテーマに、資生堂とプロジェクトアンバサダーの五十嵐カノア、サーフィンの世界的な母体団体である「WSL(World Surf League)」、WSLの非営利団体であり、海洋保護の推進や啓発活動、実践を目指す「WSL PURE」が共にビーチクリーン活動などの海を守る活動を実施するもの。

ビーチを守る植樹活動「Dune Planting」

ビーチを守る植樹活動「Dune Planting 」には、WSL、WSL PURE、オスゴール市関係者のほか、サーファーのインフルエンサーなど計28名が参加。参加者はMarram Grassの苗木とスコップを手に、オスゴールの環境保護区域の一角の砂丘に合計約60本の苗木を植樹。

ビーチクリーン活動

ビーチクリーン活動では「Quiksilver Pro France(クイックシルバー・プロ・フランス)」大会出場中の、プロジェクトアンバサダー五十嵐カノアも参加した他、オスゴール現地のビーチクリーン団体Water Familyなど計48名が参加。大会が行われる会場の賑やかな雰囲気の中、ゴミの手拾いからスタートし、用意された麻の袋に様々なビーチのゴミを回収。

五十嵐カノアはビーチクリーン活動後、「ビーチにはたくさんのゴミがあるので、それを清掃する活動はサーファーの自分にとっても非常に大事。自分もプロジェクトの一員としてビーチを綺麗にしていきたいし、この活動を通じて重要性がもっと広まることを願っている」と語っている。

「SHISEIDO BLUE PROJECT」概要

「SHISEIDO」はサンケアを通じて(1)サーフィンの世界的な母体団体である「WSL(World Surf League)」(2)WSLが運営する環境保全活動団体の「WSL PURE」(3)世界トッププロサーファーでインフルエンサーの「五十嵐カノア」の3者と協働しながら、プロジェクトを実行している。

プロジェクト第一弾として、「チャンピオンシップツアー(WCT)」の男子「Quiksilver Pro France(クイックシルバー・プロ・フランス)」、女子「Roxy Pro France(ロキシー・プロ・フランス)」への協賛、サンケアだけでなく日焼けした肌のアフターケアまで含めた、人の肌を守るSHISEIDOならではのトータルケアを提案するブースの展開。さらに、大会期間にWSL PUREが行うビーチクリーン活動、および激しい波や嵐から砂浜の浸食を守るための植樹活動「Dune Planting」が実施された。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事