11月1日〜4日、神奈川県藤沢市鵠沼海岸で開催されるジョエル・チューダーによる招待制ロングボードコンテスト&ビーチフェスの会場を盛り上げる11組のアーティストの出演が決定。ビーチフェスティバルを彩るべく、サーフカルチャーをより身近に楽しめるアーティストがメインステージでライブを行う。 大型野外フェスティバルにも出演している“YOUR SONG IS GOOD”や、サーフミュージックをアレンジした楽曲が魅力の “SPiCYSOL”などが出演する。

11組の出演アーティスト

SPiCYSOL

出演予定:11月4日(月)12:00~12:45
2013年に結成されたバンド。メンバーはボーカル兼ギターのKENNY、ギターのAKUN、ドラムのKAZUMA、トランペット兼キーボードのPETEの4人組。洋楽のフレイバーを注入しながらも抜群のセンスで独自の進化を遂げたCityとSurfが融合する新世代ハイブリッド・バンド。

Emerald

出演予定:11月1日(金)14:00~14:45
2011年結成。メンバーは、ボーカルの中野陽介、ベースの藤井智之、キーボードの中村龍人、ギターの磯野好孝、ドラムの高木陽、マニピュレーターの藤井健司の6人組。ジャズ、ネオソウル、AORといったジャンルを軸にした楽曲群に、Vo.中野陽介の持つジャパニーズポップスの文脈が加わったそのサウンドは、新しいポップミュージックの形を提示している。

Ryu Matsuyama solo

出演予定11月1日(金)16:00~16:45
ピアノスリーピースバンド。イタリア生まれイタリア育ちのRyu(ピアノ・ボーカル)が2012年に“Ryu Matsuyama”としてバンド活動をスタート。2014年、結成当初からのメンバーであるTsuru(ベース)にJackson(ドラム)を加え現メンバーとなる。

bonobos

出演予定:11/2(土) 12:00~12:45
2001年に大阪で結成された5人組のバンド。メンバーは、ボーカル兼ギターの蔡忠浩(さいちゅんほ)、ベースの森本夏子、ギターの小池龍平、キーボードの田中佑司、ドラムの梅基浩亘。デビュー以来、レゲエやダブをベースにしながらも、ラテン、ソウル、フォーク、ロック、そしてクラシックやエレクトロニカ、ジャズまでも取り入れた、ミクスチャー・ポップが特徴。

TWAINGS

出演予定:11月2月(土)14:00~14:45
2016年結成の3人組バンド。メンバーは、ボーカル兼ギターのCony Plankton、ベースのeliy、ドラムのYurika。ガレージ、ポストパンク、ニューウェーブなど様々な要素を飲み込んだサウンドで、東京を拠点に活動している。The Lemon Twigs、Hinds、Japanese Breakfastなど多くの海外アーティストのサポートを務め、2018年のSXSWに出演、初の海外公演を行った。2019年12月18日には1stアルバム「TAWINGS」をリリースが決定。

Lee Ann Curren

出演予定:11月2日(土)16:00~16:45
プロサーファーでありミュージシャンとしても活動している。 VANSがスポンサーを勤めており、サーフカルチャーからインスピレーションを受けた楽曲を制作。父は、ワールドチャンピオンにも輝いたことのある、サーファーのTom Curren。

DALLJUB STEP CLUB

出演予定:11月3日(日)11:00~11:45
2012 年、GOTO(drum / dub / compose) と BENCH.(bass / voice)、Yuta Hoshi(machine / bass fx / voice) の 3 人を中心として結成。2013 年には Alaska Jamのボーカルとしても活動する森 心言 (synthesizer / rap) が加入。あらゆるジャンルを取り込み消化、昇華した真にオルタナティブな音を追求している。

PES

出演予定:11月3日(日)15:00~15:45
1994年に結成されたヒップホップグループ「RIP SLYME」のMCを担当。2018年より、RIP SLYMEが
活動を休止しているため、ソロで活動を続けている。独特でインパクトのある高いボイスが特徴的。

FINO

出演予定:11月4日(月)12:00~12:45
2010年に神戸で結成された4人組のバンド。2017年6月にTOY'S FACTORYからメジャーデビュー。メンバーは、ギター兼ボーカルのHiroshi、ギターのWataru、ベースのShun、ドラムのHayato。パンクロックバンドとしてキャリアをスタートさせながらR&B、ブラックミュージック、ゴスペルなどの要素を昇華させたロックサウンドに、英語で歌われる爽やかなメロディーとコーラスワークスタイリッシュな洋楽ポップスさながらで心地よくノれると、幅広い世代からの支持を受ける。

jizue

出演予定11月4日(月)14:00~14:45
2006年に結成された、京都を中心に活動する、インストゥメンタルバンド。結成当初は井上典政(ギター)、山田剛(ベース)、粉川心(ドラム)の3人で活動を行っていたが、2007年に片木希依(ピアノ)が加入し、4人組となった。これまで6枚のフルアルバムを発表し、そのどれもがロングセラーを記録。ロックや、ハードコアに影響を受けた魂を揺さぶるような力強さ、ジャズの持つスウィング感、叙情的な旋律が絶妙なバランスで混ざり合ったサウンドで人気を集める。

YOUR SONG IS GOOD

出演予定:11月4日(月)16:00~16:45
1998年東京で結成。通称YSIG。サイトウ”JxJx”ジュン、ヨシザワ”MAURICE”マサトモ、シライシ”JICHO”コウジ、ハットリ”SHORTY”ヤスヒコ、タカダ”DAATAKA”ヒロユキ、タナカ”ZEERAY”レイジに、現在、サポートパーカッショニストの松井泉を加えた7人体制。DIYなスタジオライブから、ライブハウス、クラブ、巨大野外ロックフェスまで、ジャンル、場所、雰囲気、メジャー/インディ、時間帯、問わず、定評のあるライブを展開中。

ライブステージスケジュール

VANS JOEL TUDOR DUCT TAPE INVITATIONAL AND FESTIVALについて

「VANS JOEL TUDOR DUCT TAPE INVITATIONAL AND FESTIVAL」は、 ロングボードの競技大会を行う「DUCT TAPE INVITATIONAL(以下、DTI)」と、サーフカルチャーを楽しむ「DUCT TAPE FESTIVAL(以下、DTF)」の二部構成からなる、世界的なサーフイベント。

DTIは、カリスマサーフボーダーのジョエル・チューダーが、スポンサーであるVANSと共に 2010年にスタートさせた、ロングボードの世界大会で、前回は2019年10月にニュー ヨークのロッカウェイビーチで開催されている。世界各地の男女16人の選手が参加予定 で、優勝賞金は$8,000 USD。

また、DTFは、DTIの期間中に同時開催されるビーチフェスティバルで、サーフカル チャー独自の音楽や食事などを楽しむことができる。サーファーやサーフボードアーティストのオリジナルアートにも触れられ、豊かなサーフカルチャーを体験する事が出来るイベ ント。

開催概要

会期 :2019年11月1日(金)~11月4日(月)
会場 :鵠沼海浜公園および鵠沼海岸 (神奈川県藤沢市鵠沼海岸4-4-1)
入場料 :無料
予定来場者数 :20,000人
出展社数 :15社
主催 :株式会社エービーシー・マート
後援 :藤沢市

出場選手などに関する記事はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事