⽇本サーフィン連盟のジャパンオープンオブサーフィン実⾏委員会は、サーフィンの⽇本⼀を決定する祭典「第2回JAPAN OPEN OF SURFING」を2020年4⽉19 ⽇(⽇)〜 22 ⽇(⽔)の日程で、オリンピック会場でもある千葉県⼀宮町⼀宮海岸で開催することを発表した。

同大会は、NSA(日本サーフィン連盟)が主催しており、JPSA(日本プロサーフィン連盟)およびWSL Japan(World Surf League Japan)の協力のもとで実行委員会を組織して、2019年5月に初めて開催されたサーフィンの日本一を決める大会であり、2020年5月に開催される「2020 ISAワールドサーフィンゲームス・エルサルバドル大会」出場権を争う選考大会でもある。

2020年ISAの出場がすでに決まっている男子の五十嵐カノアと村上舜、女子の都筑有夢路と松田詩野に加えて男女1名ずつが同大会で選出される。

⼤会概要

大会名 第2回JAPAN OPEN OF SURFING
開催期間 2020年4月19 ⽇(⽇)〜22⽇(⽔)※男⼦は21⽇(⽕)から
会場 千葉県⼀宮町 ⼀宮海岸
主催 ⼀般社団法⼈ ⽇本サーフィン連盟(NSA)
主管 ジャパンオープンオブサーフィン実⾏委員会
協賛 アース製薬株式会社、株式会社マツモトキヨシ、エイベックス株式会社、株式会社乃村⼯藝社、朝⽇新聞社、デイリースポーツ
後援 未定
協⼒ 株式会社ハンディ、株式会社エイ出版社
出場選⼿ 男⼦24 名・⼥⼦24 名
大会HP https://japanopenofsurfing.jp

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事