「海が好きだから海に関係する仕事がしたい」
「サーフィンをしながら生活をしたいから、海で働ける仕事を探している」

ここでは、そんな方々のためにおすすめの仕事をご紹介していきたいと思います。海好きであれば海に関係する仕事を求めるのは当然です。

しかし、実際にどういった仕事があるのか分からないという人も多いですよね。そこで、この記事では海に関係する仕事をいくつかのジャンルに分けてまとめてみました。

ぜひ自分にとって最高と思える仕事を見つける参考にしてみてください。

海好きにおすすめの仕事

それではさっそく海好きにおすすめの仕事というのをご紹介していきましょう。

なお、分けているジャンルは以下の通りです。

・レジャー
・安全
・生き物
・食

自分が興味のありそうなジャンルにどんな仕事があるのか?という点をどうぞチェックしていってください。

海の「レジャー」に関わる仕事

・サーフィンインストラクター
・ダイビングインストラクター
・マリンスポーツ会社
・マリーナスタッフ
・観光船のスタッフ

サーファーが海で働くなら、まずは「サーフィンインストラクター」を目指してみるというのがおすすめです。人にサーフィンを教えながら自分もサーフィンが楽しめるというのは非常に魅力的なことです。

また、サーフィンという共通の趣味を持つ仲間を増やせるというのもやりがいに繋がることでしょう。

なお、サーフィンのインストラクターになるにはサーフィンスクールを運営するサーフショップに勤めるのが一般的で、資格は必要ありませんが、日本サーフィン連盟が認める「公認指導員」という制度もあります。

参考:http://www.nsa-surf.org/license/instructor/

次に「ダイビングインストラクター」という仕事ですが、こちらはリゾート地などで需要の多い仕事のひとつです。ちなみにダイビングインストラクターも専門的な資格が必要となり、技術的な試験と座学の両方を受講しなければいけません。

最近ではインストラクターになりたい方のために、運転免許と同じように合宿形式で資格取得に向けた講座を開いているところがありますので、そういったところをチェックしてみるのも良いでしょう。

また、サーフィンやダイビングが好きという方であれば、「マリンスポーツ会社」のスタッフとして働くというのもひとつの手です。

こちらは通常の企業と同じように応募・面接・試験といった形で就職する流れとなります。この仕事の場合は、マリンアクティビティの運営・企画などを通じて、海と触れ合えるというのが魅力的な部分です。

そして、少し業態が変わりますが「マリーナスタッフ」というのもおすすめの仕事のひとつと言えますね。ヨットなどが好きという方からすると最高の就労環境と言えるでしょう。

また似たところでは「観光船スタッフ」というのもあります。基本的には特別な資格は必要ありませんが、仕事を覚えていき「海技士」という国家資格を取得すれば、観光船を操縦することも可能です。

海の「安全」に関わる仕事

・海上保安官
・ライフセーバー

続いては海の安全を守る仕事ですが、その中でも「海上保安官」というのはもっとも代表的な仕事と言えるでしょう。ただし、その分海上保安官になるためには厳しい条件があります。

というのも、まず海上保安官になるためには海上保安大学、海上保安学校のどちらかを卒業しなければなりません。また、海上保安大学は高校卒業から2年以内、海上保安学校は高校卒業から5年以内という条件があります。

そのため、「大人になってから思い立って海上保安官になろう」というのは現実的に考えて難しいです。なお、仮に年齢的に問題がなければ、海上保安大学への進学がおすすめです。

これは大学卒の方が幹部になれる確率が高いとされているからで、自分がしたい仕事もやりやすくなるかもしれません。

次に、もっと身近な形で海の安全を守ろうとするのであれば「ライフセーバー」もおすすめの仕事です。ライフセーバーにはいくつかの種類がありますが、基本的には日本ライフセービング協会が定める講習会などに参加をして認定を貰うことになります。

海にはたくさんの危険がありますので、小さなお子さんなどをその危険から守るというのもやりがいが感じられる仕事だと思います。

 海の「生き物」に関わる仕事

・釣り情報誌などの出版社
・海洋生物学者(助教・准教授など)
・水族館スタッフ

続いては海の「生き物」に関する仕事ですが、「釣り情報誌などの出版社」に務めるというのはおすすめです。釣りが好きであれば最高の職場ですし、現地に取材へ行くこともありますから釣りをすることも出来ます。特別な資格も必要ありませんので、転職を考えるのであれば現実的と言えるでしょう。

次に、より専門的に海の生き物と関わるなら「海洋生物学者」という仕事もあります。こちらは大学で海洋学を専攻しているか、もしくは海洋生物研究所に就職をするというパターンが考えられますが、どちらも海の生物を詳しく調査することが出来るので非常におすすめです。

なお、もともと海洋生物学を専攻していた方であれば各大学が募集する助教や准教授といった情報もチェックしてみるといいですね。

また、単純に海の生き物と触れ合える仕事で言えば「水族館スタッフ」というものも挙げられます。水族館の飼育員になれば自分の好きな生き物の世話が出来るようになりますし、なにより毎日海を感じながら働くことが可能です。

海の近くにある水族館ならよりその充実度も増すと思いますので、ぜひ全国の水族館をチェックしてみてください。

海の「食」に関わる仕事

・漁師
・水産加工会社
・リゾートホテルでの調理スタッフ

海の食に関する仕事の代表格と言えば、やはり「漁師」です。漁師には色々な種類があり、遠洋から近海まで幅広い職種の中から選ぶことが出来ます。基本的にはある程度の知識があり、体力に自信がある方におすすめする仕事ですが、もちろん未経験からでも働くことは可能です。

最近では通常の企業と同じように漁師になるための就職フェアなども開催されていますので、そういった場所で情報を取得してみましょう。

ちなみに「全国漁業就業者確保育成センター」というところで情報を一括して得られるので、興味がある方はご覧になってみてください。

参考:https://www.ryoushi.jp/

次に、漁師が獲ってきた魚たちを日本全国の食卓へ届けるための仕事が「水産加工会社」の役割です。こちらも特別な資格は必要ありませんので、就職までのハードルが低いと言えますね。

仕事内容としては工場勤務や商品の企画・開発などが挙げられ、自分にとってやりがいのある仕事も見つけやすいかもしれません。

そして、最後にご紹介するのは「リゾートホテルでの調理スタッフ」です。ちなみに調理スタッフになるためには調理師の免許が必要と思われがちですが、実はそんなことはありません。

無資格・未経験からでも調理スタッフにはなれますので、海の近くで働きたいという方はぜひホテルの求人情報をチェックして応募してみてください。リゾートホテルで働くということは、休日は近くの海まで遊びに行けるというメリットがあります。

趣味がサーフィンという方にもおすすめですので、ぜひ候補のひとつに入れてもらえればと思います。

海に関わる仕事をチェック

海が好きという方のためにおすすめの仕事をご紹介してきました。資格が必要なものも不要なものもありますが、興味がある仕事がありましたらぜひ詳しく調べてみましょう。

もしかしたら自分にとって天職とも言える仕事に出会えるかもしれませんからね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事