サーフィン最高峰の戦い、WSL(World Surf League) Championship Tour 、通称「CT」の2019年シーズンが開幕。昨年グランドチャンピオンのガブリエル・メディナが今年も魅せるのか、惜しくも2位に終わったジュリアン・ウィルソン、3位フィリペ・トレド、4位イタロ・フェレイラが雪辱を果たすのか。

また怪我から復帰したジュリアンウィルソンは昨年の上位組の勢いを止めるのか、引退を表明しているレジェンド、ケリー・スレーターは優秀の美を飾れるのか、さらに昨年、自己最高ランクの10位に入った五十嵐カノアは躍動するかなどなど、2019年もCTから目が離せません。

2019年CT!Gold Coast Men’s Pro 五十嵐カノア試合速報!Day1

五十嵐カノアは【ラウンド1・第10ヒート】に登場。Sebastian Zietz(ハワイ)、Deivid Silva(ブラジル)とのヒート。前半はリズムを掴めなかったものの、残り7分で5.90pで2位へ、さらに残り4分では、カービングからのレイバック、クローズセクションへのエントリーで6.83pと1位へ躍り出てそのまま終了。ラウンド1、1位通過でラウンド3進出を決めました。

2019年CT!Gold Coast Men’s Pro 五十嵐カノア試合速報!Day2

五十嵐カノアの出場なし。

2019年CT!Gold Coast Men’s Pro 五十嵐カノア試合速報!Day3

五十嵐カノアはラウンド3、第3ヒートに登場。J.Mendes(ブラジル)とのヒートで、1本目(4.17p)、2本目(4.47p)、4本目(6.10p)と前半から相手を圧倒。さらに後半8本目(6.27p)、9本目(6.87p)で差を広げ、トータル13.14pでラウンド4進出を決めました。J.Mendesはトータル(8.50p)。

2019年CT!Gold Coast Men’s Pro 五十嵐カノア試合速報!Day4

五十嵐カノアはラウンド4、第2ヒートに登場。Conner Coffin(アメリカ)とのヒートで、一時は逆転しリードするも再びリードを許して最後は一歩及ばず、ラウンド4敗退が決まった。
【トータルスコア】

Conner Coffin 12.27p

Kanoa Igarashi 12.06p

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事