• サーファー ライフスタイル
    サーファーに人気の髪型【男女別】!外国人やプロサーファーの髪型も!
    2018年11月13日
  • サーファー ライフスタイル
    サーファーの約6割?サーファーズイヤーの症状・原因・予防法を解説!
    2018年7月10日
  • サーフィン テクニック
    サーフィンでバタ足は逆効果…?トッププロがバタ足をする理由とは?
    2018年11月11日
  • 車 ライフスタイル
    サーファー・サーフィンにおすすめの車7選!選び方は?軽自動車や便利グッズも!
    2018年11月6日
  • サーフィン ライフスタイル
    【2020年東京オリンピック】サーフィンの会場・日程・選手の選考基準を完全解説!注目選手も!
    2018年10月18日
  • サーフィン ライフスタイル
    【動画】サーフィンの歴史が丸わかり!始まりは?日本で普及したのは?
    2018年9月17日
  • 離岸流 ライフスタイル
    【空撮映像】サーフィンで知っておきたい離岸流(カレント)の見分け方&対処法!
    2018年10月8日
サーフィンの組織【WSL】【JPSA】の基本を解説!

 

WSLとは?

WSL(World Surf Legue)は世界共通の組織、世界中に支部があり日本のWSL JapanはAsia支部に属します。サーフィン世界ランキングとは基本的にこの組織のランキングのことを指し、競技の種類は以下の通りです。

・ショートボード(メンズ・ウィメンズ)
・ロングボード(メンズ・ウィメンズ)
・ショートボードジュニア(メンズ・ウィメンズ)
・ビックウェーブ

ショートボード(メンズ・ウィメンズ)・ロングボード(メンズ・ウィメンズ)にはクオリファイシリーズ(QS)とチャンピオンシップツアーが存在します。

ショートボードメンズだと1000・1500・3000・6000・10000の5種類で数字が大きくなると獲得できるポイントが増えます。

クオリファイシリーズ(QS)でポイントランキング上位の選手が翌年のチャンピオンシップツアーを回る資格を得られます。チャンピオンシップツアーは年間11戦。ポイントランキング形式で1年間をかけて世界タイトルを決めるのです。

JPSAとは?

JPSA(日本プロサーフィン連盟)は日本の独立したプロサーフィン連盟。日本国籍を持っている人のみが参加できます。プロ資格を手に入れるにはプロトライアルを受けなければなりません。2018年はショートボード全8戦のうち6戦でプロトライアル同時開催が予定されています。合格するには2つの方法があります。

1つは規定のプロラウンドまで勝ち上がることでプロ本戦の予選にトライアルが存在しトライアルを勝ち抜いてプロ本戦のラウンド4前後まで勝ち上がるとプロ認定がされます。2018年7月現在開催されている田原プロではラウンド5まで勝ち上がらなければなりません。

ラウンド5ではセカンドシード(昨年の32位から17位まで)の選手が待ち受けているため決して簡単ではありません。

もう一つはヒートのトータルスコアで12点以上をマークすると認定がもらえます。こちらも難しく、20点満点中12点というと一見出せそうにも感じますがベスト2ウェーブを両方6点以上というのは中々できることではありません。

JPSAも年間を通してのポイントランキングで年間王者を決めます。ホームページを見るとポイントランキングが出ているのでチェックをしながら試合観戦するとより一層楽しむことができます。

関連記事

関連キーワード
初心者の関連記事
  • 波
    サーフィンは風が影響する!オフショア・オンショアの違い!
  • 波を見るサーファー
    【初心者必見】サーフィン前の波の見方&チェック項目4つ!
  • 潮
    潮の満ち引きとサーフィンの関係!波のコンディションが上向く狙い目は?
  • 辻堂
    辻堂でサーフィン!ポイントの特徴は?初心者向き?駐車場やシャワーについても!
  • 湘南
    初めてのサーフィンスクール!女性3人でいざ湘南へ!【体験談】
  • リーフ
    サーフィンのリーフブレイクとは?特徴や注意点を解説!初心者は怪我に注意?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事