カイトサーフィン

ここではカイトサーフィンに必要な道具や実際に体験できるスポットをご紹介していきます。

「カイトサーフィンってなに?」

「初心者でも出来るの?普通のサーフィンとどう違うの?」

といった疑問にお答えしていきますので、ぜひ最後までご覧になっていってください。

カイトサーフィンとは?

カイトサーフィン

カイトサーフィンというのは、名前の通り「カイト(凧)」を動力にして海や湖、川などで楽しむウォーターアクティビティーです。普通のサーフィンよりもカイトという動力が存在するため、アクロバティックな動きを可能としています。

カイトサーフィンは波がなくても風さえ吹いていれば水面を滑走することができるため、従来のサーファーからも人気です。また、ウェイクボードやウェイクサーフィンのように船が必要ではないというところも特徴の一つです。

日本でもカイトサーフィンがおこなえるところはたくさんあり、サーフィン未経験者でもすぐにボードの上に立てるというところが魅力な部分として伝えられています。しかし、カイトサーフィンをする上では必要な道具もありますので、次にその説明もしていきましょう。

カイトサーフィンに必要な道具一式

ここからはカイトサーフィンに最低限必要なものを見ていきます。もちろん全国にあるカイトサーフィンの体験レッスン教室などでは、このすべてが用意されていることが大半です。体験もせずにいきなり道具から揃えるにはおすすめできませんので、こちらは参考程度にご覧ください。

カイト

カイト

カイトはその名前の通りカイトサーフィンに必要不可欠な凧のことを指します。カイトは風を受け止めるキャノピーという部分と、リーディングエッジやトレーリングエッジといった骨組み部分から構成されるものです。

当然キャノピー部分が大きくなればなるほど揚力が増しますので、水面を移動するスピードは速くなります。ただし、その分コントロールすることが難しいので適切なサイズのものを選ぶことが重要です。カイトには自分でエアーを入れて膨らませるタイプと、機体前方に穴が開いていて空気を取り込むタイプの2つがあります。

なお、コントロール性能を司るのはラインとコントロールバーで、基本はカイトから4本のラインが伸びているものが一般的です。(中にはコントロール性能を高めるために前方の中心から伸びるラインを配した5本ラインモデルもあり)

ボード

ボード

カイトサーフィンをおこなう際には専用のボードを使うことになります。カイトサーフィン用のボードには左右どちらかにだけ進むことができるディレクショナルボードと、左右両方ともに進むことができるツインチップボードの2つがあります。

ちなみに前者のうちボードと足を固定するストラップがないものをノンストラップボードと呼び、通常のサーフボードに近い造りをしています。そのため、ツインチップボードの方がよりカイトサーフィンをするために造られたボードと言えるでしょう。

バー・リーシュコード

バー

こちらは先ほども軽く触れたコントロールバーのことです。カイトの動きを調整して自分がどう進むのかを決める大切なパーツと言えます。コントロールバーは大半のモデルでカイトのサイズによって推奨される長さなどが決められています。

同一メーカーのカイトとコントロールバーの組み合わせであれば、ほとんどが機能します。またリーシュコードがセット販売されているものもあります。

ハーネス

ハーネス

ハーネスは腰に巻くタイプのウェストハーネスと、パンツのようにしてはくタイプのシートハーネスの2つが代表的です。ハーネスはコントロールバーに付いているチキンループと繋ぐことで、体重移動によってカイトをコントロールする役割があります。このハーネスという道具を使うところもカイトサーフィンならではの特徴と言えるでしょう。

その他

その他、安全面の考慮で体が海中で浮くフローティングベストや、季節に合わせたウェットスーツなどが必要になります。また初心者はヘルメットがあると安心です。

カイトサーフィンが体験できるおすすめスポット

それではここから実際にカイトサーフィンが体験できる全国のスポットをご紹介していきたいと思います。ぜひ、休日などに友人たちと訪れてカイトサーフィンの魅力を直に感じてみてください。

北陸

【新潟市西区・カイトボード】風に乗って海上を疾走!カイトボーディングスクール
こちらは新潟県新潟市にある五十嵐浜でカイトサーフィンが楽しめるスポットです。機材はすべてレンタルが可能で、ひとり16,500円程度からとなっています。2~3日かけて教えてくれるので上達スピードも早いところが魅力的です。

【福井・坂井・カイトボード】海の上で空中を疾走!カイトボード・フォイル1日体験
こちらでは福井県坂井市にある三国サンセットビーチでカイトサーフィンが楽しめます。国際大会にも出場した経験があるインストラクターが最新の技術を教えてくれるところが特徴です。1レッスンにつき最大3名までで、しっかりと教えてもらいたい人にもおすすめとなっています。

関東

千葉県・富津岬・カイトサーフィン体験
千葉県富津岬でカイトサーフィンを楽しむことができるスポットです。都心から近くリゾート感も味わえるため、女性同士のグループからも人気となっています。

気軽に楽しむカイトボード 三浦海岸
こちらも都心から近い神奈川県の三浦海岸でカイトサーフィンのレッスンが受けられるスポットです。普段、湘南などでサーフィンをしているという人にとってはアクセスがしやすい立地だと思いますのでぜひ利用してみてください。ちなみにひとり6,500円程度で予約ができるため、気軽なレジャー感覚で訪れるにもおすすめとなっています。

東海

【静岡・カイトサーフィン】風を集めて海を走る!カイトサーフィン1日体験プラン
こちらは富士山や「三保の松原」を眺めながらカイトサーフィンが出来るという体験スポットです。女性インストラクターが指導してくれるので、女性グループでも利用がしやすくなっています。

【名古屋・SUP&エアセイル・体験カイトボード】1日でウォータースポーツを大満喫
こちらでは、愛知県木曽川でカイトサーフィンとSUPの両方が楽しめます。丸1日をかけてカイトサーフィンとSUPの講習を受けることができるスポットというのはあまりありませんので、とても貴重な場所と言えるでしょう。

山陰・山陽

瀬戸内の風と遊ぶ☆カイトサーフィン体験!
瀬戸内海を使って半日たっぷりとカイトサーフィンが楽しめる体験スポットです。集合場所が広島駅から近く、アクセスしやすいところがおすすめのポイントとなっています。もちろん機材はすべてレンタル可能です。

瀬戸内の穏やかな風でカイトサーフィン体験
こちらは先ほどご紹介した広島のお店と同じ系列の店舗がおこなっています。山口県光市に集合し、瀬戸内海にてカイトサーフィンのレッスンを受けることになります。実績のあるショップが運営しているので安心感も抜群です。

九州

鹿児島で初めの一歩を踏み出すカイトボード体験!
九州でカイトサーフィンの体験レッスンをおこなっているのがこちらのスポットです。プロインストラクターが一からカイトサーフィンのテクニックを教えてくれるので、誰でもすぐに上達ができます。

沖縄

【マスタープラン・3〜5日間】本格的にカイトボードを始めたい方
3日から5日にわたり上達までをサポートしてくれるというのがこちらの特徴です。沖縄県の宮古島でたっぷりとカイトサーフィン三昧の日々を過ごすことができます。集中的にカイトサーフィンのテクニックを磨きたいという人にも非常におすすめです。

カイトサーフィンを体験してみては

いま人気を呼んでいるカイトサーフィンについてご紹介してきました。カイトサーフィンは普通のサーフィンよりもアクロバティックな技をバンバンとおこなえるようになるのが魅力的な部分です。また、普通のサーフィンより簡単にボードの上に立てるので、初心者でも楽しみやすいという特徴を持っています。

ぜひ、ご紹介したおすすめスポットに訪れて、あなたもカイトサーフィンの魅力を実際に感じてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事