夏になると活躍をし始めるハーフパンツですが、なるべく子供っぽくならずオシャレに穿きこなしたいものですよね。サーファーであればサーフィンをしに海まで行くのに、よくハーフパンツを着まわすという人も多いかと思いますが、街中でも着られるようにと考えると選ぶアイテムも変わってくるものです。

そこで、ここでは普段着としても使えるハーフパンツの選び方や、おすすめのサーフブランドから厳選した5つのアイテムなどをご紹介していきます。どんなデザインがいいのか?丈はどれくらいのものがベストなのか?

ハーフパンツ選びに必要な基本的な知識やコーディネートの仕方など、ぜひ参考にしていってください。

サーフブランドのハーフパンツの選び方

最近はいろいろなファッションスタイルに取り入れられることも多くなってきたサーフブランドのアイテムたちですが、ハーフパンツも例外ではありません。

むしろハーフパンツやショート丈のパンツを選ぶのであればサーフブランドはマストとも言えるでしょう。そんなサーフブランドのハーフパンツを選ぶ際には、まずこちらの3つのポイントを抑えておいてもらいたいと思います。

丈の長さ

最初のポイントは丈の長さです。選ぶハーフパンツが自分に似合うかどうかというのは、ほぼこの丈の長さで決まるといっても過言ではないのでよく覚えておいてください。

まずハーフパンツを選ぶときの基本の丈というのは膝よりちょっと上の長さのものです。膝が完全に隠れる、また膝下を超える長さのハーフパンツというのは大人が選ぶものとして適していません。

子供っぽく幼い印象を与えてしまう可能性が大なので、選ばないようにしましょう。それではどれくらいの丈がベストなのか?というと、膝よりも短く太ももが完全に見えないくらいのものがベストです。

身長や足の長さにもよりますが、この幅で選ぶ限りはまず長さ選びで失敗することはありません。選ぶハーフパンツの長さと自分の身長・足の長さを総合的に見て決めると、自分に似合うアイテムというのが見つかりやすいので参考にしてみてください。

サイズ感

長さと同じくらい大事なポイントというのがサイズ感です。ハーフパンツはタイトなものからルーズなものまで幅広いサイズが展開されています。

ちなみにここ数年のトレンドで言うとショート丈でタイトなものが人気なのですが、ある程度の年齢の方だと恥ずかしいと感じる人もいますよね。そうした場合は、ウエストあたりからややゆったりとしたシルエットのものを選んでもOKです。

あまりにダボダボすぎるものでなければ大人の方でもオシャレにハーフパンツを穿きこなすことができます。また、サーフブランドからリリースされているハーフパンツの中には水陸両用のものもありますが、そうしたアイテムの場合は一般的にタイトなシルエットのものが人気です。

そして、サイズ感を気にする場合はトップスとのバランスというのも大切です。たとえばトップスがオーバーサイズでゆったりめのものだったとして、ハーフパンツもルーズなものを選ぶと全体的にだらしない印象に仕上がってしまいます。

そのため、ハーフパンツを選ぶときには単体で選ぶのではなく、トータルコーディネートから逆算して決めるというのが賢い方法です。自分がいつもどれくらいのサイズ感のトップスを着ているのかを理解した上で、ハーフパンツを選ぶようにしましょう。

素材

サーフブランドからリリースされているハーフパンツというのは、そのままサーフィンなどが楽しめるよう速乾性に優れた素材で作られていることが多いです。こうした素材のものはカジュアルな印象を与えるので、普段使い用のハーフパンツとしても選びやすいかと思います。

ちなみにポリエステル素材・ナイロン素材を使ったものが多いのですが、海に入らないのであればウールやコットン素材のものも着心地が良くておすすめです。

夏場でも快適に穿きやすく、洗濯などもしやすいので便利と言えるでしょう。なお、海によく行くという方の場合、チノ素材やデニム地のハーフパンツはあまりおすすめしません。

海に行くとどうしても砂や海水などが付き洗濯頻度が増えるのですが、チノ素材やデニム地のものだと洗濯による色落ちなどが目立ちます。街中用としてだけ着まわすならアリですが、機能性という面では劣るので海用のハーフパンツとしては選ばない方がいいです。

サーフブランドのハーフパンツ人気5選

それではここから、おすすめのサーフブランドから5つのハーフパンツをご紹介していきたいと思います。どれも人気の高いものばかりですので、ハーフパンツ選びに迷っているならこちらを参考にしてみてください。

パタゴニア

まずはアウトドアブランドとして世界的に有名で、かつサーファーからも愛用されているパタゴニアからのご紹介です。こちらのハーフパンツはナイロン生地で水陸両用タイプのアイテムとなっています。

速乾性に優れ、機能性も抜群なのでそのままサーフィン用のハーフパンツとしても使用可能です。もちろんデザイン力も自慢で、シンプルなものからちょっとしたアクセントを加えたものまで揃っています。丈の長さもバランスが良いので、どの年齢層の方にもおすすめできる1枚ですね。

パタゴニアに関する記事はこちら

バンクス

こちらは四方向にストレッチが効いたバンクスのハーフパンツです。ちなみにボードショーツとも呼ぶタイプのアイテムとなります。シンプルなデザイン性が魅力で、いろいろなファッションスタイルに取り入れることが可能な1枚です。やや丈が短くタイトなので、トップスには少し大きめのTシャツやワイシャツを合わせるとバランスが取りやすいかと思います。

ビラボン

こちらはサーフブランドの代表格でもあるビラボンのアイテムで、ゆったりめのシルエットにパイル生地が特徴的なハーフパンツです。サーフィンをし終わったあとやプールサイドなどで穿きたくなるような1枚ですね。

M・Lの2サイズ展開ですが、自分の体型や身長と合わせて考えればコーディネートもしやすいかと思います。ちなみに肌へ当たる部分の心地よさという面では最高のハーフパンツと言えるでしょう。デザインもシンプルなので大人の方にもおすすめできます。

デウス

デウスからはサラッとした着心地とスマートなデザインが自慢のハーフパンツをご紹介します。普段着との兼用として考えても優れた見た目を持つハーフパンツで、サーフィン以外のアクティブな趣味にも使いやすいです。

XSからXLまでサイズが豊富というところも魅力的で、自分に合うサイズ感のものを選びやすくなっています。

ルーカ

ここ数年で人気と知名度を上げてきているRVCA(ルーカ)からは、個性的なデザインのコットンハーフパンツをご紹介します。街中用やアウトドア用としてはもちろんのこと、ジムへ通うときなどにも使いやすいアイテムで非常におすすめです。

スポーツ&カジュアルファッションが好きという方であればマストのブランドでもありますので、ぜひチェックしてみてください。

ルーカに関する記事はこちら

サーフ系のメンズ夏コーデといえば?

サーフ系
メンズのサーフ系コーディネートにハーフパンツというのは欠かせません。特に夏場はハーフパンツが活躍する機会も多いので数枚は持っておいた方がいいでしょう。

定番のコーディネートでいえばハーフパンツ&Tシャツというのがもっともオーソドックスなスタイルですが、このとき下が無地デザインであればトップスは少し柄物で遊ばせるというのもおすすめです。

また、上下をタイトに揃える場合は、大きめのサングラスをチョイスしてアクセントを加えるというのも王道パターンと言えますね。

ハーフパンツがボーダーやドット柄であれば、その個性を活かすようにトップスは控えめにいったところも基本コーデですので覚えておいてください。

ハーフパンツは夏の必須アイテム

サーフ系のファッションに欠かせないハーフパンツについてご紹介してきました。ハーフパンツは丈の長さやサイズ感が難しいと思われがちですが、実際に着てみると意外としっくりくるものです。

ぜひ、こちらの内容を参考に自分の体型や身長に合ったハーフパンツを探してみてください。

サーフィン用のメンズ水着に関する記事はこちら

サーフブランドのメンズTシャツに関する記事はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事