キャンプ

サーフィンとキャンプの両方を楽しむ「サーフキャンプ」は、サーファーにとって最高の休日の過ごし方だと思います。

最近はそんなサーフキャンプを楽しむサーファーの方が増えてきました。

しかし、まだサーフキャンプをしたことがない方からすると、「どんな道具を揃えれば良いの?」「最低限の必需品は?」といった疑問が思い浮かぶはずです。

この記事では、そんなサーフキャンプで必要となってくる便利グッズをまとめました。

これからサーフキャンプに挑戦してみようと考えているサーファーの方は、ぜひ参考にしていってください。

サーフキャンプの必需品

サーフキャンプとは、友人同士やひとりでサーフィンとキャンプの両方を楽しむというアウトドア趣味のひとつです。

まずはそんなサーフキャンプをする場合の必需品というものを見ていきましょう。

サーフィン用具

サーフボード

サーフキャンプというくらいなので、サーフィン道具というのは絶対に欠かせません。

そのため、サーフボードやウェットスーツは必需品の部類に入ります。

また、サーフィンをする上ではタオルや日焼け止めといった細かなものも必要です。

このあたりは普段サーフィンをするときに持っていくものを抑えておけば問題ないと言えるでしょう。

キャンプ用具

キャンプ

次にキャンプ道具ですが、一泊するのであればテントや寝具が必要となります。

車中泊をするのであればテントは不要ですが、それでも寝袋や毛布といったものは用意しておいた方が良いです。

季節によっては車の中でもかなり冷え込むことがあります。

そのため最初はイメージよりも厚手の寝袋、そして毛布やブランケットを準備しておきましょう。

また、せっかくサーフキャンプをするのであれば、料理なども楽しみたいところです。

初めはソロキャンプ用のシングルガスバーナーやクッカーだけでも簡単な料理が楽しめるので、そういった調理用キャンプグッズを揃えてみてください。

仮に大所帯でサーフキャンプをおこなうのであれば、バーベキュー台を用意しても良いかもしれません。

あとは日中まったりするためのアウトドアチェアー、料理を置く折りたたみ式のテーブルなどが必要です。

簡単にまとめると「テント・寝袋・ガスバーナー・クッカーなど調理グッズ・マグカップ・アウトドアチェアー」といった道具があれば、基本的なキャンプは楽しめると思います。

あとは細かな部分で言えばグランドシートやタープ、焚き火台や寝袋の下に敷くマットなどがあれば完璧です。

普通のキャンパーと同じくらいの装備になりますので、キャンプ自体の質がグッと高まるはずです。

サーフキャンプにおすすめの便利グッズ5選

ここからはサーフキャンプに持っていくと便利なグッズを5つご紹介していきます。

どれもサーフキャンプにはおすすめのグッズとなっていますので、ぜひ参考にしてください。

ウェットスーツハンガー

泊りがけでサーフキャンプに行くなら、ウェットスーツを乾かしておく「ウェットスーツハンガー」があると便利です。

ウェットスーツハンガーは普通のハンガーと違って、肩の部分が幅広になっています。

これによって通気性が良くなり、ウェットスーツが中までちゃんと乾くわけです。

一泊した次の日に湿ったウェットスーツを着るのはちょっとキツイと思いますので、ぜひこうしたウェットスーツハンガーを利用してください。

また、ウェットスーツハンガーを使うとウェットスーツの素材に掛かる負荷が軽減されます。

結果としてウェットスーツを長く使えることになるので、普段から利用するのもおすすめです。

関連記事:ウェットスーツハンガーおすすめ4選!代用&ペットボトルでの自作方法も!

サーフポンチョ

サーフポンチョはサーファーに人気のアイテムです。

メンズ・レディース共に販売されていますが、波待ちをしているときにサーフポンチョがあると身体を冷やさずに済みます。

身体が冷えてしまうと2ラウンド目や3ラウンド目のパフォーマンスが低下してしまうので、こうしたサーフポンチョを用意して寒さ対策をおこなってみてください。

また、主にサーフポンチョは着替えるときに活躍します。

ウェットスーツに着替えたいけど周りに更衣室がないといった場合でも、ポンチョで身体を隠せばその場で着替えを済ませられて便利です。

そのほか日差しを避けるために使うことも出来ますので、ぜひひとつくらいはサーフポンチョを用意しておきましょう。

関連記事:サーフィンポンチョおすすめ12選!メンズ・レディース別におしゃれなブランドを厳選

ポータブルバッテリー

泊りがけでサーフキャンプを楽しむとなると、スマホやタブレットの充電がもたなくなるケースが大半です。

そんなときにあると便利なアイテムが「ポータブルバッテリー」です。

ポータブルバッテリーがあれば、複数のデバイスを同時に充電することが出来ます。

そのほか電気を使ったアウトドア用調理器具なども使えるので、結果として一石三鳥くらいの活躍をしてくれます。

ちなみに車のバッテリーから電源を引っ張ろうとするとバッテリーあがりの原因にもなってしまうので、サーフキャンプのときはぜひポータブルバッテリーを持っていってください。

関連記事:車中泊で活躍する『ポータブルバッテリー』おすすめ3選!使い道や選び方も

ポータブルシャワー

「ポータブルシャワー」もあると非常に便利なアイテムのひとつです。

近くにシャワー施設がない場所でサーフィンやテント泊をするときは、このポータブルシャワーが大活躍してくれます。

なお、ポータブルシャワーには手動式と電動式の2つがありますが、やはり電動式の方が便利です。

ちなみに市販されているポータブルシャワーの中には、自宅のシャワーと同じくらいの水圧で使えるものもあります。

こうしたポータブルシャワーを用意しておけば連泊サーフキャンプも苦になりませんので、ぜひ購入してみてください。

※水圧は「3.5~4リットル/分」以上のものがおすすめです。

関連記事:サーフィン用ポータブルシャワーおすすめ5選!充電式やCMで話題の商品も

焚き火台

キャンプ場には直火OKなところとNGなところがあります。

直火がNGの場合は焚き火台を使わないといけないので、サーフキャンプを楽しむのであれば焚き火台は用意しておきましょう。

やはりキャンプの醍醐味は焚き火です。

サーフィンの後に焚き火を囲んでまったりと過ごす時間は最高のひとときと言えます。

これからサーフキャンプに挑戦するという方は、ぜひこうしたキャンプグッズも充実させてみてください。

ちなみにひとりでサーフキャンプをする場合は、折りたたみ式のコンパクトな焚き火台がおすすめです。

サーフキャンプの魅力とは?

サーフキャンプの魅力は1日中、もしくは連日に渡ってサーフィンとキャンプの両方を楽しめるところにあります。

特にテント泊や車中泊をする場合は、車を運転して帰る必要がなくなるのでお酒を飲むことが出来ます。

朝からサーフィンをして疲れた身体に流し込むビールというのはやはり最高です。

また、お酒を飲まない方でも自然の中でゆっくり過ごす時間というのは格別なものに感じられると思います。

いつもはサーフィンをした後に急いで帰る方も多いと思いますが、その帰りを翌日に持ち越せるというのは非常に楽なことです。

トータルして考えるといつもとは違う非日常的な時間を過ごせるところがサーフキャンプの醍醐味と言えますので、ぜひ一度試してみてください。

まとめ

サーフキャンプの魅力やおすすめの便利グッズをまとめてご紹介してきました。

サーフキャンプをより楽しくするためには、ある程度キャンプグッズを充実させる必要があります。

しかし、そんなグッズを集めている時間さえも楽しいと感じられるはずなので、ぜひ週末を利用してサーフキャンプにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事