海

アウトドアブームの昨今、「何かマリンスポーツに挑戦してみたい」と考える方は多いと思います。

そんな方に向け、ここでは趣味におすすめのマリンスポーツ4選をまとめました。

もちろん、マリンスポーツは夏だけに楽しむものではありません。

一度楽しみ方を覚えてしまえば1年を通して没頭できますので、ぜひ様々なマリンスポーツの始め方についてもご覧になっていってください。

また、合わせてマリンスポーツを趣味にするメリット・デメリットもご紹介していきます。

趣味におすすめのマリンスポーツ4選

それではさっそく趣味におすすめのマリンスポーツ4選をご覧いただきましょう。

今回ピックアップしたのは以下の4つです。

・ボディボード
・サーフィン
・SUP
・ウィンドサーフィン

どれも一度ハマれば生涯の趣味にできるものばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

ボディボード

ボディボード

「マリンスポーツを一切したことがない」という方でも手軽に始められるのがボディボードです。

ボディボードの特徴は、サーフィンよりも簡単な形で波に乗れるところにあります。

小さめのボードに身体を乗せて、そのまま波の上を滑っていくというのがボディボードの基本的な楽しみ方です。

なお、サーフィンのようにボードの上に立つことがないので、最初から波乗りの感覚が掴めるところがボディボードならではの特徴と言えます。

また、そこまで波がないときでも浜辺近くで楽しめるということもあり、女性や子供にはおすすめのマリンスポーツとなっています。

もちろん技術を磨けばサーフィンのようなトリックを決めることも出来ますので、カッコ良さを追求したい方はぜひ挑戦してみてください。

ちなみに、使うボードのサイズが小さいので、道具の持ち運びが楽という点はボディボード特有の魅力と言えそうです。

サーフィン

サーフィン

マリンスポーツの代表格と言えばやはりサーフィンです。

夏だけでなく1年を通してサーフィンをする方は多く、また生涯の趣味としてサーフィンを選ぶ人も少なくありません。

そんなサーフィンには大きく分けてショートボードとロングボードという2つのタイプがあります。

現在はショートボードの方が主流と言われているのですが、オリンピックなどで派手な技を披露していたのもこちらのショートボードです。

ショートボードは板の長さが短いためロングボードより浮力が少なく、乗りこなすのには技術と経験が必要になります。

しかし、その分波に乗れたときのスピード感や機動性、なにより爽快感は格別です。

もちろんロングボードにも色々な魅力があり、特に初心者でも簡単にボードの上に立てるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

ボードに立てなくてサーフィンをやめてしまう人も多いのですが、最初のうちはロングボードで練習してみるというのも悪くありません。

ちなみに最近はショートとロングの中間のサイズであるファンボード(ミドルサイズ)が流行っているので、そちらもおすすめです。

サーフィンを始めると様々な海で波に乗りたくなり、アクティブな生活が送れるようになります。

週末を有意義に過ごしたいという方は、ぜひ趣味のひとつにサーフィンを選んでみてください。

SUP

sup

SUPとはスタンドアップ・パドルボード(Stand Up Paddleboard)の略称で、大きいサイズのボードの上に立ち、オールで漕ぎながら進んでいくというマリンスポーツです。

日本の場合だと、海だけでなく湖などでおこなうことも多く、人気のウォーターアクティビティとして知られています。

SUPは最初からボードの上に立ってスタートするので、特別なスキルが必要ありません。

また、オールで推進力を得るため自分にとって最適なスピードで水面を進んでいけます。

海や湖の近くにあるショップではSUP体験をウリにしているところも多いので、興味がある方はぜひそういった施設や体験教室を利用してみてください。

関連記事:SUP(サップ)サーフィンとは?歴史や魅力は?サーフィン以外の楽しみ方も!

ウィンドサーフィン

ウェンドサーフィン

マリンスポーツの中では、かなり本格的なものとして位置づけられるのがウィンドサーフィンです。

セイルボードとセイル(帆)を使い、風を推進力に変えながら波乗りを楽しむのがウィンドサーフィンの醍醐味です。

風を上手くとらえれば時速40kmや50kmというスピードを出すことも可能なわけですが、このあたりが他のマリンスポーツにはない特徴と言えるでしょう。

マリンスポーツの始め方

おすすめのマリンスポーツを4つご紹介してきましたが、ここからはそんなマリンスポーツの始め方を解説していきたいと思います。

・自分で道具を揃えて独学で始める
・マリンスポーツをやっている友達に教わって始める
・体験レッスンや体験教室を利用する

上記の3つがマリンスポーツを始めるときの主なパターンだと思います。

この中でもっともおすすめなのが体験レッスンや体験教室を利用するという始め方です。

友達に教わって始めるのも悪くありませんが、やはり最初は基礎的な部分をちゃんと学んだ方が良いので、専門のインストラクターに教えてもらいましょう。

基本的なやり方や注意点を教えてもらい、慣れてきたら友達と一緒にマリンスポーツを楽しむという流れがベストだと思います。

中には道具を揃えて独学で始める方もいますが、初心者がいきなりひとりで海に入っていくのは危険なのでおすすめはしません。

マリンスポーツは楽しくて魅力的な反面、色々なリスクもあります。

最悪の場合は命の危険もありますので、やはりマリンスポーツを始めるときは最初にしっかりとした基礎を学ぶようにしてください。

マリンスポーツを趣味にするメリット・デメリット

最後にマリンスポーツを趣味にするメリット・デメリットを簡単にまとめておきます。

メリット

マリンスポーツを始めると同じ趣味を持った友人がたくさんできます。

正直、これがもっとも大きなメリットだと思いますが、ほかにも健康的な生活を送れるといったところがメリットに挙げられます。

どんなマリンスポーツを始めるにしても、やはり体力は必要です。

そのため、マリンスポーツを趣味にすると基礎体力や筋力を鍛えるようになります。

また、空いている海に出掛けようとすると早起きになり、生活リズム自体が健康的になるわけです。

楽しく遊べて健康的になれるというのがマリンスポーツの良いところなので、ぜひ興味があるものを選んで始めてみてください。

デメリット

唯一、マリンスポーツのデメリットとして挙げられるのが「日焼け」です。

特に女性の場合は日焼けをしたくないという方が多いと思いますが、マリンスポーツに日焼けは付きものと言えます。

もちろん日焼け止めを使ったり、ウェットスーツを着用したりすれば多少は防げますが、それだけケアが必要ということだけは覚えておきましょう。

あとはどんなマリンスポーツでも水難事故には注意が必要です。

「なるべくひとりだけで海に入らない」「潮の流れや海底の地形は把握しておく」「天候が悪いときは早めに切り上げる」といった心構えや準備が大切なので、この点もしっかりと理解しておいてください。

まとめ

趣味におすすめのマリンスポーツ4選とその始め方をご紹介してきました。

マリンスポーツを始めると同じ趣味を持つ友人が増え、健康的な生活が送れるようになります。

新しく始める趣味としては最適とも言えますので、ぜひ興味があるマリンスポーツを見つけてみてください。

なお、初心者のうちはひとりで海に入らない、最初は体験レッスンなどで基礎を教えてもらうといったことは忘れないようにしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事