サーフィン

この記事では冬場のサーフィンで活躍すること間違いなしの「インナー3選」をご紹介していきます。

気温が一桁台の真冬でもサーフィンをしたい!という元気なサーファーは少なくないと思いますが、そんな方におすすめするアイテムがインナーです。

インナーには保温性を高めるという効果以外にもウェットスーツとの摩擦を軽減させるといった効果が期待できます。

ここでは、そんなサーフィン用インナーのメリットや選び方なども分かりやすくまとめてみました。

最近になってサーフィンを始めた方、冬場のサーフィンに挑戦しようと思っている方は、ぜひこちらの内容を参考にしていってください。

冬のサーフィンはインナーの着用がおすすめ

サーフィン用のインナーは絶対に必要というわけではありませんが、着用するとその快適さや便利さに気付くことが多いと思います。

ということで、まずはサーフィン用インナーを着用するメリットから見ていきましょう。

・保温性が高まる
・ウェットスーツのフィット感がアップ
・着替えるときの防寒対策

ウェットスーツの下にインナーを着用すると、当然ですが保温性がアップします。

保温性がアップすると、これまで寒さによって動かなくなっていた身体が思い通りに動かせるようになりますのでパフォーマンス自体もアップするはずです。

また、中古のウェットスーツなどを使っている場合にはサイズがジャストフィットせず、身体とウェットスーツの間に余計な隙間が空いているといった方もいます。

こうした方の場合はインナーを着用することで問題が改善されるかもしれません。

さらに古くなったウェットスーツを使っていると素材が身体に擦れて痛いといったケースがあります。

インナーはそういった摩擦軽減にも役立ちますので、今のウェットスーツがジャストフィットしていないかも…という方は一度試してみてください。

(ウェットスーツを新しく買うより、インナーを買って問題が改善できた方が経済的でお得)

そのほか、海から上がった後の防寒対策としてもインナーは一役買ってくれます。

冬場だとウェットスーツを脱いで着替えるときにかなり寒い思いをしますが、インナーを着ていれば寒さも多少は緩和されるのでおすすめです。

サーフィン用のインナーの選び方

続いてはサーフィン用のインナーの選び方についてご紹介していきましょう。

サーフィン用のインナーにはいくつかの種類がありますので、自分に合ったものを選んでみてください。

種類

サーフィン用のインナーはその形から種類が分けられます。

・フルスーツタイプ(上下一体型)
・セパレートタイプ
・ショートジョン、ロングジョン
・ショートスリーブ、ロングスリーブ
・ショートパンツ、ロングタイプ

防寒を目的としてインナーを選ぶなら、やはり上下一体型のフルスーツタイプがおすすめです。

長袖・長ズボンが継ぎ目なく一体化されていますので、保温効果にもっとも優れたタイプと言えるでしょう。

ただし、フルスーツタイプのインナーは着脱に手間が掛かるといったデメリットがあります。

このことを踏まえると長袖と長ズボンをセパレートで用意した方が便利と言えるかもしれません。

ちなみにトップスにロングスリーブ、ズボンにロングパンツを組み合わせればそのまま全身タイプのインナーとして活用することが可能です。

あとはノースリーブ・短パンタイプのショートジョン、ロングスリーブ・短パンタイプのロングジョンといったインナーが販売されています。

どれを選ぶかは自分のウェットスーツとの相性、サーフィンをするときの気温や海水温によって変わってきますので、いくつか試してみてベストな組み合わせを見つけていきましょう。

機能性

サーフィン用のインナーには保温性に特化したタイプや速乾性に優れたタイプなどがあります。

こうした機能性からインナーを選ぶことも大切なので、その効果を簡単にまとめてみました。

・保温タイプ:蓄熱素材を使用し、ウェットスーツ内の保温効果をアップしてくれるインナー
・拡散速乾タイプ:肌に水が触れるのを防ぐことで体温の低下を抑えてくれるインナー

サーフィン用としてよく見かけるのは保温タイプのインナーです。

遠赤外線放出素材を使った起毛を採用し、内側から保温効果を高めてくれるという特徴を持っています。

拡散速乾タイプのインナーはドライスーツとの相性が良く、ウェットスーツ内の浸水を防ぎたい方におすすめとなっています。

サーフィンのインナーおすすめ3選

それではサーフィン用におすすめしたいインナー3選をご紹介していきましょう。

こちらは「HEAT RAISING」と呼ばれる裏起毛素材を使ったショートジョンタイプのインナーです。

ノースリーブなので肩周りの運動を邪魔することがありません。

また、伸縮性に優れているところ、着脱がしやすいところ、高い蓄熱性能を持っているところがおすすめのポイントに挙げられます。

セミドライスーツとの相性が良く、保温性だけでなく速乾性も兼ね備えた万能型です。

価格も5,000円弱とリーズナブルなので、試しにインナーを買ってみたいという方にはおすすめの商品と言えます。

続いてご紹介するのはフルスーツタイプのインナーです。

こちらも先ほどのインナーと同様「HEAT RAISING」を採用していて、真冬の海でも使用できる形に仕上げています。

フルスーツタイプのインナーではありますが、着用回数が増えるたびにフィット感がアップするところがおすすめのポイントです。

なお、手や足の部分にはズレ防止の紐が付いていますので、激しい運動をしても中でインナーがズレることがありません。

最後にご紹介するのはロングパンツタイプのインナーです。

同じメーカーから販売されているインナーですが、こちらの素材には伸縮性能がより高い「ハイズーム」が使用されています。

360度全方向に伸びるストレッチ性能を特徴に持ち、保温性にも優れたインナーパンツです。

また、0.5mmという薄さでウェットスーツの下に穿いても運動の邪魔にならないところが魅力的な部分と言えます。

下半身をサポートしてくれるインナーを探している方は、ぜひこちらの商品をチェックしてみてください。

その他冬のサーフィンにおすすめのアイテム

ここからは、インナー以外にもおすすめしたい冬場のサーフィンアイテムをご紹介していきます。

グローブ

冬場はとにかく手がかじかんで動かないときが多々あります。

そんなときにあると便利なアイテムがサーフィン用のグローブです。

グローブは着用することで身体全体の体温低下を防ぐ効果もありますので、まだ使っていない方はぜひ一度試してみてください。

関連記事:サーフィンの防寒グッズおすすめ6選!真冬に重宝するキャップ・ブーツ・ジェルなど!

サーフブーツ

サーフブーツもグローブと並んで冬のサーフィンに欠かせないアイテムのひとつです。

なお、サーフブーツには保温効果のほかにケガ防止といった役割もあります。

特に海底が岩場のポイントでサーフィンをするときには、ボードから落ちたときに足をケガしないようサーフブーツを履いておきましょう。

関連記事:サーフィン用ブーツおすすめ4選!選び方や熱成形の履き方も

まとめ

冬のサーフィンにおすすめしたいアイテム「インナー」に関する情報を色々とご紹介してきました。

ご覧いただいたようにインナーにはいくつかの種類がありますので、自分が着用しているウェットスーツと相性が良いものを選びましょう。

また、冬場にサーフィンをするなら合わせてグローブやサーフブーツといったアイテムもぜひ使ってみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事