「サーフィンは体で覚えろ」

というと、「がむしゃらにとにかく数をこなせ」と聞こえるかもしれないがそうではない。サーフィンに限らずスポーツはがむしゃらにやっても上達に限度がある。それどころか変な癖が付くことも…

「サーフィンを体で覚える」とは『無意識でも体が正確に動くようにする』ということ。

サーフィンを体で覚えるには?

テイクオフの動作『手をついて体を起こす』という簡単な動きを例にしてみよう。初めてサーフィンをする人は『手をついて体を起こす』という動作を手を伸ばして前をみて体も起こしてなど…考えながら体に意識をおいて動かすことになる。これは意識しながら体を動かしているので体で覚えてる状態ではない。

逆に中上級者はテイクオフで体を動かすことに意識をおいていない。波に乗れたら立とう。そう思うと無意識のうちに『手をついて体を起こす』さらには足まで持ってきてしまう。これは体が覚えている状態。

要はサーフィンのあらゆる技術をこの状態にできれば、頭で何も意識しなくても波に合わせて勝手に体が動く。おそらくプロサーファーやセミプロほどの実力があればこれに近いだろう。

サーフィンを体に覚えさせるコツ

では体で覚えるにはどうすればいいのか?それは正確な動作を頭で意識しながら反復練習をする。これを続ければ徐々に意識しない状態でも体が反応して動けるようになる。正確な動作を頭で意識して繰り返していくと、正確な動作をするための力の入れ具合などもわかってくる。

そうなると一つ一つの動きの過程に意識をおくのではなく、力の入れ方に意識を置くようになってより無意識に近づいていく。そして力の入れ方に慣れてくれば反射的に体が動くようになる。そしてその時、「体が覚えた」状態になる。

その具体的な方法としては、お手本になる動作を頭にインプットしてそれを真似し続けて体に覚えさせることだ。プロサーファーなど上手いサーファーの動画を繰り返しみて頭でイメージしながらを同じ動作を意識して体で実践する。それを何十回、何百回と繰り返せば無意識にできる状態に近づく。より正確な動作を身に付けるのは自分のサーフィンを動画で撮影してもらい客観的にみて感覚との誤差を修正していく。

もちろん言葉でいうのは簡単だが、実際にやるのは根気がいるだろう。ただサーフィンに限らずどのスポーツにおいてもこれが上達への近道ではないだろうか。

気をつけなければならないのは、これによって悪い癖も体が覚えてしまうということ。悪い動作を繰り返せば自然に体がその動きを覚えて直すのも難しくなる。そのため、最初の段階で悪いお手本を真似するとことは避けたい。

まとめ

ここまでの話をまとめると、「サーフィンを体で覚える」ことは大切。ただそれは何も考えずに数をこなすのではなく、正しい動作を意識しながら反復練習をすること。最初のステップとしてプロサーファーなどお手本になる動作を動画などで繰り返しみて、頭でイメージしながら体に意識をおいて真似をしながら反復練習をする。根気はいるが、それを続けることで正しい動作を無意識にできるようになりサーフィンの上達につながる。

こちらの記事もおすすめ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事