車中泊

最近はキャンプブームと共に車中泊ブームというのも到来しているわけですが、そんな車中泊であると便利なグッズが「炊飯器」です。

キャンプ場で車中泊をする場合は焚き火と飯盒を組み合わせてご飯を炊くという方も多いと思います。

しかし、飯盒などでご飯を炊くにはある程度の経験が必要です。

せっかくのキャンプや車中泊旅の食事どきに、ご飯がちゃんと炊けていなかったらテンションもやや下がってしまいますよね。

そこでおすすめしたいのが車中泊で使える「炊飯器」となるわけです。

特にシガーソケットから電源を確保できる炊飯器は車中泊にぴったりです。

そのほかポータブルバッテリーを使って普通の炊飯器を使うといった手段もありますが、ここではそうした「車中泊×炊飯器」の事情について詳しく解説していきます。

車中泊時に美味しいご飯を食べたいという方はぜひ参考にしていってください。

車中泊で炊飯器を使う方法

車中泊をしている方が、車内で炊飯器を使う場合には大きく分けて2つの方法があります。

その2つというのが「シガーソケットから電源を取り炊飯器を使う方法」と「ポータブルバッテリーで通常の炊飯器を使う方法」です。

どちらでも美味しいご飯が炊けるのですが、その特徴や違いについてまずは見ていきましょう。

シガーソケットタイプの炊飯器を使う

最近は車中泊を含めアウトドアが人気ということもあり、車内にあるシガーソケットから電源を取って使える炊飯器というのが販売されています。

こうした炊飯器は別で電源を必要としないので、車中泊にはまさに最適です。

ちなみにシガーソケットから電源を取って炊飯器を動かしても大丈夫なのか?といった心配もあるかと思いますが、専用タイプの炊飯器であればまったく問題ありません。

車中泊中に1~2回炊飯器を使ったくらいではバッテリー上がりを起こす可能性もないので、安心して使ってもらえればと思います。

なお、シガーソケットから電源が取れる車中泊用の炊飯器は1~2合炊きがメインです。

カップルや夫婦で車中泊を楽しんでいる方でも2合炊きがあれば十分だと思いますので、ぜひ使ってみてください。

ポータブルバッテリーで通常の炊飯器を使う

家庭で使うような通常の炊飯器でお米を炊くときには、ポータブルバッテリーというものを使用します。

ポータブルバッテリーには色々な種類がありますので、出力の高いものを選べば家庭用の炊飯器でも余裕で動かすことが可能です。

ちなみにこちらの方法は主にグループキャンプなどで使われます。

3合炊きや5合炊きといった炊飯器を使いたい場合にはこうした方法を利用してみてください。

ただ、車中泊を楽しんでいる方の層を考えるとだいたい1人~2人というケースが多いと思いますので、車中泊用のシガーソケットタイプ炊飯器で十分に事足りるはずです。

ポータブルバッテリーと通常の炊飯器の組み合わせはあくまで大人数用といったイメージなので、その点は理解しておきましょう。

関連記事:車中泊で活躍する『ポータブルバッテリー』おすすめ3選!使い道や選び方も

車中泊用の炊飯器の選び方

続いては車中泊用の炊飯器の選び方をご紹介していきます。

どんなシーンで車中泊をするのか?何人で車中泊をするのか?などによって選ぶべき炊飯器が変わってきますので、ぜひ事前にチェックしておいてください。

サイズ

まず炊飯器を選ぶ際には本体のサイズを確認しましょう。

炊飯器には炊ける量と比較してサイズが大きい・小さいがあります。

また、車中泊に持っていくのであれば全体の荷物の量から考えるのもひとつの手です。

あまり炊飯器が大きくてもかさばってしまうので、基本的にはコンパクトサイズの炊飯器を選ぶのがおすすめと言えます。

あと、車内で炊飯器を使うときは「どこに炊飯器を置いてお米を炊くのか」といった部分も重要です。

炊飯器が置けるスペースがあることを確認した上で、適切なサイズのものを選びましょう。

炊飯量

ひとりで車中泊を楽しむのであれば、1合~1.5合炊きの炊飯器がおすすめです。

カップルや夫婦の場合は2合炊きがちょうどいいサイズと言えます。

ファミリーやグループキャンプで使うなら3合~5合炊きがおすすめですが、おそらく車中泊メインの方だと使うシーンがあまりないかと思います。

また、炊飯量が多いとその分「水」が必要になりますので注意してください。

「飲料用の水は用意していたものの炊飯用の水を忘れてしまっていた」となると、わざわざ車を動かして水を買いに行かなければいけないケースもあります。

機能性

炊飯器を機能性から選ぶのもひとつの方法です。

最近の炊飯器の中には小型でも多機能なものがたくさん販売されています。

中には炊飯器でスポンジ生地が作れるものや、内蓋が別に付いていてお米と一緒にほかの食材を加熱調理できるものなどがあります。

シンプルにお米が炊ければ良いという方であればどんな炊飯器でもOKですが、車中泊での食事タイムにこだわりたい方もいるはずです。

そういった方は、ひとつで色々な機能が使える炊飯器を選んでみましょう。

なお、レジャーで使うのであれば保温機能はマストと言えますので、まずは最初に確認してみてください。

車中泊用の炊飯器おすすめ3選(シガーソケットタイプ)

ここからは車中泊用におすすめの炊飯器3選をご紹介していきます。

なお、こちらでピックアップした炊飯器はすべてシガーソケットから電源が取れるタイプです。

そのため、ポータブルバッテリーを持っていなくても使用可能となっています。

まずひとつ目は自動車用や船舶用に作られた小型炊飯器「炊けるくん」です。

炊飯器の釜に水と無洗米を入れてスイッチを押すだけという簡単仕様なところがおすすめのポイントとなっています。

こちらは最高で1.5合まで白米が炊ける上に、サイズが非常にコンパクトです。

車の中に常備しておいても邪魔になりませんので、ぜひ車中泊のお供に選んでみてください。

また、ライフラインがストップするような災害時にも、ひとつ持っておけばかなり安心の優れものと言えます。

2つ目は、最大2合まで炊けるタイプの炊飯器をご紹介します。

カップルなどで車中泊やアウトドアを楽しむ際にはぴったりのサイズで、しかも値段が安いところが非常に魅力的です。

なお、こちらは炊飯と保温というシンプルな機能だけなので使い方に手間取ることもありません。

男性ひとりの車中泊にも最適な1台と言えますので、ぜひご覧になってみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事