トイレ

最近になって「車中泊に興味が出てきた」という方も多いと思います。

しかし、意外と知られていないのが車中泊時のトイレ事情です。

近くに公衆トイレなどがあればそちらを利用すれば良いわけですが、「そういったトイレすらない場合はどうすればいいのか?」というところが気になる部分に挙げられます。

そこで、この記事では車中泊時におけるトイレ事情とおすすめのポータブルトイレについてご紹介していきます。

車中泊をするのであればポータブルトイレは持っておいて損のないアイテムです。

また、ポータブルトイレに関しては災害時などにも役立ちます。

車の中にポータブルトイレのセットを置いておけば万が一のときにも安心なので、ぜひ参考にしていってください。

車中泊のトイレ事情

トイレ

車中泊をする際には事前に「トイレがどこにあるのか?」を確認しておくことが大事です。

いざ便意を感じたときにトイレがすぐ近くにないとかなり困ることになります。

そこで、まずは実際の車中泊でよく利用するトイレについてご紹介していきましょう。

公衆トイレ

車中泊をしている場所の近くに公衆トイレがあると非常に安心です。

公衆トイレであればトイレットペーパーが付いていることがほとんどで、水洗である可能性も高いです。

車中泊が出来るような大型の公園などにはたいがい公衆トイレがありますので、あらかじめどこにトイレがあるのかをチェックしておきましょう。

施設のトイレ

きちんとした施設がある敷地内で車中泊をする場合は、その場所にあるトイレを利用する機会が多いです。

オートキャンプが可能なキャンプ場であればほぼ必ずトイレがありますし、道の駅などであれば施設内のトイレを使うことが出来ます。

そのほかサービスエリアやパーキングエリアで車中泊をするときにもトイレがありますので安心です。

また、近くにコンビニなどの店舗があれば、そういったお店のトイレを借りることもあります。

とにかく車中泊をする場合はどこにトイレがあるのかを事前に知っておかないといざというときに困ってしまいますので、ぜひチェックしておいてください。

しかし、場所によってはこういったトイレがない可能性もあります。

さらにトイレがあったとしても管理がされていないようなトイレの場合は、非常に不衛生で使うのを躊躇うケースも少なくありません。

そこで必要になってくるのが「ポータブルトイレ」というわけです。

ポータブルトイレとは?

ポータブルトイレというのは簡易式の便器、もしくはトイレの代用品になるものを指します。

現在のところ販売されているものだと、箱型の便器の中に専用の袋や給水シートをはめて利用するものが一般的です。

また、中には給水タンクが一体型になっていて、水洗式として利用可能な便利なポータブルトイレも売られています。

こういったポータブルトイレをひとつ持っておくと、車中泊をするときにとても安心です。

特に公衆トイレやキャンプ場のトイレが汚くて利用しづらいという場合には非常に助かります。

なお、組み立て式の簡易ポータブルトイレだと、だいたい1回利用したらその内側の袋やシートを捨てるだけなので、手入れなどの手間はほとんど掛かりません。

中には付属品として消臭スプレーや除菌スプレーが付いているものもあり、ニオイや衛生面を気にする方でも使いやすくなっています。

トイレがないような山奥のキャンプ場などで車中泊をする際にはかなり便利なアイテムなので、利用しているというキャンパーは多いです。

ちなみに水洗式のポータブルトイレの場合は汚水タンクの処理が少々面倒に感じますが、利用するときの快適性には優れています。

ほとんど自宅のトイレと変わらない使い心地なので、このあたりは個人の好みで選ぶといったイメージです。

ということで、次に車中泊で大活躍すること間違いなしのポータブルトイレ3選をご紹介していきたいと思います。

車中泊で活躍するポータブルトイレおすすめ3選

ここでは、実際の車中泊時に使える便利なポータブルトイレを3つピックアップしました。

まずこちらは簡易式のポータブルトイレです。

誰でも簡単に組み立てられる設計になっていて、使い捨て出来るところがおすすめのポイントと言えます。

使い方としては便器にあたる箱を組み立てて、そこに付属の袋をセットすれば完了という形です。

セット内容には付属の袋と吸収シートが各5枚ずつ付いているので、1回の車中泊やキャンプであれば十分に事足りると思います。

ちなみに値段は付属品すべて込みで1,600円弱です。

値段がリーズナブルな上に場所も取らないコンパクト設計なので、ひとつ車の中に常備していて損はありません。

また、使い終わった後はすべて可燃ごみとして処理することが可能なので、後片付けもかなり簡単です。

初めて車中泊キャンプに挑むという方は、ぜひこちらのポータブルトイレを持っていってみてください。

こちらはポータブルトイレと目隠し用のポンチョがセットになった商品となります。

汚物をすばやく凝固してくれる凝固剤付きなので、排泄後の処理が非常に簡単です。

お子さんがいる家庭であれば長距離移動の際に「子供が途中でトイレを我慢できなくなった」といったときなどにも使えます。

これまで、ゴールデンウイークや正月に帰省するとき高速道路の渋滞でトイレに困った経験があるという方にもおすすめのポータブルトイレセットなので、ぜひ内容をご覧になってみてください。

ちなみにこちらのセットには排便用の袋と凝固剤が10個ずつ付いています。

最後にご紹介するのは水洗式の本格的なポータブルトイレです。

給水タンクに水を入れてフラッシュボタンを押せば水が流れるという仕組みになっていますので、ほとんど自宅のトイレと変わりません。

使い心地という面でも非常に優れているので、キャンプなどのアウトドアレジャーをよく楽しむという方はぜひ1台購入してみてください。

もちろん汚水タンクは分離できるようになっていますので単体で洗浄・処理が可能です。

水洗式のポータブルトイレは衛生的でもあり、複数人で利用する場合には特におすすめとなっています。

ちなみに値段はおよそ16,000円、別売りの洗浄液や消臭防腐剤とセットでも20,000円ほどです。

20,000円で完璧なトイレ体制が整うのであればかなり安い買い物だと思いますので、どうぞ検討してみてください。

ポータブルトイレは災害時にも役立つ

ポータブルトイレというのは車中泊時だけでなく、災害時にも役立つアイテムです。

地震や台風の影響によって断水がおこなわれたりすると自宅のトイレが使えなくなるケースがあります。

無理に使おうとするとトイレが詰まって壊れたりしてしまう可能性もありますので、そういったときにはポータブルトイレを利用しましょう。

簡易式のポータブルトイレなら水がなくても用を足すことが可能です。

しかも排泄物の処理は可燃ごみとして捨てるだけなので後片付けも楽です。

大きな災害があると避難所のトイレに行列が出来たりすることもあるのですが、こうなるとかなり困ってしまいます。

しかし、ポータブルトイレがあればトイレ待ちをすることもないので、ひとつストレスが軽減されるわけです。

非常事態時にはこうしたストレスを少しでもなくすことが重要なので、ぜひポータブルトイレをひとつは常備しておくようにしましょう。

まとめ

車中泊の際に役立つポータブルトイレについてご紹介してきました。

ポータブルトイレはキャンプなどのアウトドア時にかなり重宝するアイテムです。

実際にキャンプ場や近くの公衆トイレが汚くて使いづらいといったシーンは多々ありますので、ぜひ旅のお供にポータブルトイレをひとつ用意してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事