夏場はもちろんのこと、陽射しが強いと冬場でも気になるのが太陽からの紫外線です。特に最近、女性の中で流行とされる美白・美肌を保つためには、紫外線からどうやって肌を守るのかというのは常日頃からの悩みのひとつ。

そんな中、外国の女性を中心に、サーファーなどから注目をされているのが飲む日焼け止めサプリです。日本でもネット通販を中心によく見かけるようになりましたが、まだまだ日本では一般的ではなく、その成分や仕組みを知っている方も少ないかと思います。

そこで、ここでは「飲む日焼け止め」の成分や、どういった仕組みで日焼けを防止できるのか?といった点を詳しく、そして分かりやすく解説していきます。

飲む日焼け止めの仕組みは?

飲む日焼け止めを簡単に説明すると「体内の抗酸化作用を高め、メラニン色素を破壊、排出を促すサプリ」ということになります。まず、日焼けの仕組みというのは、太陽からの紫外線を肌が受けて、その細胞の中にあるメラノサイトが刺激され、メラニン色素というものが発生することが大きな原因です。

紫外線を受けると体内では各細胞が刺激されるのですが、そうなると活性酵素が多く発生します。そしてこの活性酵素によってメラノサイトが刺激されてメラニン色素が生まれるのですが、その対策として必要なものが「抗酸化作用のある食物」です。

昔からいわれているのはレモンなどビタミンCが豊富に入っている食物は、抗酸化作用があるものとして知られていますが、しかし実際に毎日レモンを摂取することや、100%のフルーツジュースを購入するのは手間が掛かりますし、コスパ的にもよくありません。

そこで、現在に至るまでの間に抗酸化作用のある成分を配合したサプリメントが多数販売されるようになりましたが、日焼け止めにも応用することができるということが発見され、非常に話題となっています。抗酸化作用のある飲む日焼け止めには、多くの有効成分が配合されていて、先ほど紹介したようにメラニン色素の発生を抑え、また発生してしまったメラニン色素を破壊して、排出する役目があるわけです。

しかし、どんな成分が入っているのか分からないと不安で使えないという意見もあることでしょう。そこで、次はその成分についても見ていきます。

飲む日焼け止めの成分は?

飲む日焼け止めに含まれる成分のひとつには「Polypodium leucotomos(ポリポディウム・リュウコトモス)」と呼ばれる、中央アメリカ原産のシダ植物から抽出されたものが使われています。

こちらは、別名「PLエキス」とも呼ばれていて、体内で発生した活性酵素を除去する抗酸化作用がたくさん含まれていて、まさにメラニン色素を抑えるのに最適な成分です。もちろん植物由来ですので、安全性が高く、アレルギーなどがある方でも安心して利用することができます。

また、ほかにも「ニュートロックサン」や「ファーンブロック」、そして美容系サプリメントにも多く使われている「アスタキサンチン」といった成分が飲む日焼け止めには配合されていますので、ひとつひとつその特徴を見ていきましょう。

まず「ニュートロックサン」というのは、シトラスとローズマリーから抽出した成分をブレンドしたもので、高い抗酸化作用と抗炎作用があるとされています。紫外線によってダメージを負った肌の炎症を抑え、さらに体内で発生した活性酵素を分解する役割のある成分です。

すでに発生してしまったメラニン色素を破壊し、さらに排出する役目もあるため、日焼け止めに配合するにも最適で、科学的にもその効果が認められていいます。次に「ファーンブロック」ですが、こちらも抗酸化作用に優れていて、古代マヤ文明の時代からアトピーの治療にも使われている、シダ科の植物から抽出される成分です。

アメリカのハーバード大学の研究でもその有効性・安全性が認められていますので、安心感があります。そして美容効果が高いとされるサプリメントにも使われている「アスタキサンチン」ですが、こちらは主に甲殻類などから取れる成分なのですが、飲む日焼け止めに使われているものは、「ヘマトコッカス藻」と呼ばれる藻から抽出したものが主に使われています。

このアスタキサンチンというのは、藻や甲殻類の生物が紫外線からの刺激を受けたときに、体内を守るために発生させる成分です。そのエキスを抽出しサプリに配合することで、人間でも紫外線から身を守る体内作用が期待されているというわけです。

塗る日焼け止めとの併用がおすすめ?

ここまでにご紹介したように、飲む日焼け止めには抗酸化作用を持つ多くの成分が配合されていて、日焼けの原因である活性酵素・メラニン色素を破壊して、さらに体外へと排出する効果が期待されています。

しかし、どこの研究結果でも、やはり飲む日焼け止めだけでは充分な効果が発揮されるわけではないということも分かっていて、塗るタイプの日焼け止めとの併用が望ましいとされています。サーファーを含め、日頃から日焼け対策を考えている方にとっては、あくまで補助的な役割として、この飲む日焼け止めを飲むのがいいでしょう。

飲む日焼け止めは副作用はある?

さて、そんな便利で手軽な飲む日焼け止めですが、副作用があるのかどうかが気になるところかと思います。現在のところ、重大な副作用というものは確認されていませんが、先ほどもご紹介したようにアスタキサンチンなどは甲殻類から抽出されたエキスを使っている場合もあるようで、甲殻類アレルギーの方が摂取するとアレルギー反応を引き起こしてしまう可能性があります。

そのため、植物由来の成分だけを配合しているのか、それとも動物性の成分も配合されているのかをよくチェックして購入する必要があると言えるでしょう。しかし、アレルギーのない方々にとっては、ほぼ副作用の心配がありませんので、安心して利用ができるものとなっています。

まとめ

手軽に利用ができる日焼け止めとして注目をされている「飲む日焼け止め」ですが、その仕組みや配合されている成分についてご紹介してきました。従来の日焼け止めによる肌のベタベタなどが解消され、さらに日焼け止め効果を高めてくれるアイテムとして注目されていますが、サーファーにとっては従来の日焼け止めと併用するのがベストといった印象です。

塗るタイプの日焼け止めのおすすめ記事はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事