ハワイといえばサーフィン、サーフィンといえばハワイ!というほど、ハワイとサーフィンは切っても切れない関係です。そんなハワイでは現在から過去におけるまでの間、たくさんの優れたサーファーが生まれています。ここでは、現役のサーファーからかつてのレジェンドサーファーまで、多くのハワイ出身サーファーのプロフィールや活躍ぶりをまとめました。

最近サーフィンに興味を持ったという方にも分かりやすいよう、それぞれのサーファーの特徴なども解説していますので、ぜひご覧になっていってください。

ハワイはサーフィンの聖地

ハワイはオアフ島やマウイ島など、いくつもの島によって構成されているアメリカの州のひとつです。まわりを太平洋に囲まれ、世界トップクラスのビッグウェーブが多く発生することから「サーフィンの聖地」ともいわれています。ハワイの波は世界中のサーファーにとって憧れの存在であり、サーフィンをやっている以上はいつか乗ってみたい目標の波ともいわれるほどです。

そんなハワイで生まれ、小さな頃からサーフィンを嗜みプロにまで成長したという方はたくさんいます。その中でも現役から過去のレジェンドまで、生粋のハワイアンサーファーたちをこのあとご紹介していきますのでぜひご覧になっていってください。

ハワイのサーファー「ジョン・ジョン・フローレンス」

この投稿をInstagramで見る

 

John john Florence(@john_john_florence)がシェアした投稿 -


現在、現役プロサーファーの中でも特に際立った成績を残しているのがこちらの「ジョン・ジョン・フローレンス」です。ちなみにジョン・ジョン・フローレンスは世界大会2連覇という記録を、若干20代で達成した凄腕中の凄腕サーファーです。これまでの近代サーフィン50年の歴史の中で、その偉業を達成したのは世界でたった15人しかいませんので、その凄さというのが分かるかと思います。

ジョン・ジョン・フローレンスの地元はノースショアで、小さな頃からサーフィンに没頭していました。小学生の時点でスポンサーがついていたというのも彼の実力を物語っています。そんなジョン・ジョン・フローレンスですが、2018年に3連覇がかかったツアー中に右ひざを負傷。

2018年ワールドツアーをそのまま欠場し、その後は治療に専念して復帰を果たしました。そして、2019年ツアーでは世界ランキング1位につける活躍を見せていたものの、またもや同じ右ひざを負傷しリタイアをしています。今後はツアーの復帰、そして東京オリンピックへの出場権獲得なるか?という部分が注目されているサーファーでもありますので、ぜひサーフィンに興味を持っている方であればその動向をチェックしてみてください。

ジョン・ジョン・フローレンスに関する記事はこちら

ハワイのサーファー「セス・モニス」

この投稿をInstagramで見る

 

Seth Moniz(@sethmoniz)がシェアした投稿 -


セス・モニスはハワイのオワフ島ホノルル出身のプロサーファーで、現在22歳(2019年時点)とかなりの若手です。しかし、2018年に彗星のごとくあらわれWSLのメンズチャンピオンツアーに出場すると、一気にトップサーファーの仲間入りを果たすこととなります。

2019年のツアーでは最高順位3位をマークするなどの活躍もあり、世界ランキングが12位にまでアップ。(11月時点)そんなセス・モニスはエアリアルを得意とするサーファーで、特にその高さとアクロバティックなライディングは世界でもトップクラスです。今後、ハワイ出身のサーファーとしてジョン・ジョン・フローレンスについでWSLでの優勝が期待されている逸材でもあります。

ハワイのサーファー「カリッサ・ムーア」

この投稿をInstagramで見る

 

Carissa Moore(@rissmoore10)がシェアした投稿 -

カリッサ・ムーアはホノルル出身のプロサーファーで、女性サーファーとしてはリビングレジェンドともいわれています。というのも彼女は27歳までの間に、「2011年・2013年・2015年」とすでに3度のWSL女子ワールドツアーで優勝を果たしているからです。

ちなみに14歳時点でワールドツアーの表彰台に上がるほどの実績を持っていたというのも、カリッサ・ムーアのすごさを物語っています。そんなカリッサ・ムーアは20代後半という若さで、後輩の育成にも力を入れているというところも特徴的な部分です。

なお、2018年には若手のサーファー6人を連れてサーフランチでのセッションなどをおこない、「Cスター」というメンターシッププログラムを立ち上げました。今後は彼女自身の活躍に加え、「Cスター」出身のプロサーファーがどれだけの成果を見せるのかに注目が集まっています。

ハワイのサーファー「マリア・マニュエル」

この投稿をInstagramで見る

 

Malia Manuel(@maliamanuel)がシェアした投稿 -


マリア・マニュエルはハワイ・カウアイ島出身の女性プロサーファーです。1993年生まれで、現在は26歳(2019年時点)2019年の女子ワールドチャンピオンツアーでは、最高順位2位などの活躍もみせ、翌年のツアー出場圏内である10位以内に食い込んでいます。

そんな彼女はサーフィンの腕前もさることながら、整ったルックスも魅力的な部分としてよく取り上げられています。健康的なボディと爽やかな笑顔で、この先多くの女性サーファーの憧れとなるであろうマリア・マニュエルもまた、ハワイ出身の偉大なサーファーのひとりと言えるでしょう。

【次ページ】ハワイのレジェンドサーファーたち

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事