千葉県「太東」のサーフポイントの特徴や、駐車場やシャワーの有無・場所について紹介します。九十九里浜の最南にある「太東」はサーフィンのオリンピック会場となる釣ヶ崎海岸の真横にあるポイントです。波が比較的穏やかなので、初心者にもおすすめの場所といえます。

太東ってどんなところ?

毎年開催されているサーフカルチャーを発信する「サーフタウンフェスタ」の会場となっているのが太東です。また、九十九里のビーチの中では比較的波が穏やかで、夏には海水浴場になり、 都心からファミリーが大勢遊びにきます。

太東海岸といえば、 海に突き出た堤防が特徴的で、波が荒れている時は、堤防に波が当たって炸裂するダイナミックな光景が見られます。釣りをする人も多く、ヒラメやマゴチなどが釣れる人気スポットでもあります。九十九里有料道路一宮ICから約10分ほどのところになります。

太東のサーフポイントの特徴

九十九里のサーフポイントの中では、比較的穏やかなビーチブレイクの波です。千葉ではショートボード向きのポイントが多いのですが、太東はロングボート向きのポイントといえます。

特に堤防脇はロングボーダー向けで、志田下ポイントに近づくにつれて、ややショートボート寄りの波質に変わっていきます。

堤防によって、南寄りの風をかわします。九十九里のポイントは北東よりのオンショアが吹くと、ハードなコンディションやクローズになるのですが、「太東」ポイントは他のポイントに比べてサーフィンができることが多いです。

夏の時期(7〜8月)は波が立ちにくく、海水浴場になりサーフィンのエリア規制があるので注意が必要です。

太東でサーフィンするときの駐車場・シャワーは?

太東漁港入口から入り、漁港に面して駐車場が隣接しています。釣り人や、海水浴場などで賑わう場所で、一年を通して利用可能です。夏以外は、釣り人とサーファーの利用がほとんどで、トイレやシャワーもあります。

駐車場

駐車場は無料で100台ほど駐車可能です。低いヤシの木が植えられており南国のイメージ漂う場所です。また、そのまま海へエントリーできるため海側の駐車場が人気で、海側から埋まっていく傾向にあります。

シャワー

駐車場の近くのトイレ横に、シャワーがあります。分かりやすくシャワーの絵が書いてあるので、すぐに見つけることができるでしょう。年中利用可能です。

太東は初心者でもサーフィンできる?

他の九十九里のポイントより1サイズ波が下がるので太東は初心者向けのポイントといえます。ファンボードや、ロングボードに向いている波質で遠浅というところも初心者に適しています。近くにサーフショップもあり、スクールやレンタルも可能です。ただ混雑しやすいポイントであるため周囲への配慮は必要です。

太東のポイントってローカルルールはある?

ローカルオンリーのポイントではなく、ビジターサーファーも多くいます。特別なルールはなく、サーフィンの基本のルール・マナーを守れば問題ありません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事