最近はサーフィン動画を撮影するためにアクションカメラを利用する人が増えてきました。そんなアクションカメラの中で最近注目を集めているのが「360度対応」のカメラです。

360度カメラは一度に周りの景色をすべて撮影することができますので、雄大な海原や迫力のある波しぶきを撮るのにもっていこいのアイテムといえます。ここではそんな360度カメラの中でサーファーに適した4種類のカメラをご紹介していきます。ぜひ、360度カメラの購入を検討している方は参考までにご覧になってください。

サーフィン用の360度カメラの選び方

サーフィン用に360度カメラを使う場合はいくつか選び方にポイントがあります。

・半球or全球
・防水性
・性能

この3つのポイントはカメラ選びに欠かせない要素ですので、ひとつずつ詳しく解説していきたいと思います。

半球or全球

360度カメラというのは大きく分けると半球タイプと全球タイプの2つがあります。半球タイプというのは超広角カメラがひとつ搭載されていて、水平方向360度と撮影ポイントから見て球体の上半分(一般的には235度)だけが撮影できるタイプです。

そして全球タイプというのは水平方向に加えて上下も360度撮影できるタイプとなっています。半球タイプの場合はカメラがひとつのため、撮影した画像が滑らかという特徴がありますが、上下360度すべてを収めた内容の動画を作ろうとするとやや手間が掛かります。

そして全球タイプのカメラは上下左右360度の画像を記録しているため、編集の手間は掛かりませんが、どうしてもその動きの滑らかさという点では半球タイプに劣ります。ちなみに、半球と全球でどちらが優れているということはありません。

あくまで自分が撮影したいものによって選ぶタイプが違うということを理解しておいてください。また、編集技術の有無などによっても選び方は変わってきます。なお、編集技術やソフトなどを持っていない、まったくの素人、といった場合は半球タイプが使いやすいかと思います。

防水性

360度カメラの中には防水性能を兼ね備えていない商品というのがあります。そのため、サーフィン用として購入するのであればそのカメラが防水性のあるものかどうかをまずチェックしてください。

ただし、防水タイプの360度カメラでなくても防水ケースを使えばまったく問題なく使用できますので、そこまで心配しなくて大丈夫です。中には専用の防水ケースが付属されているカメラもありますので、サーフィン用カメラとして使うのであれば、そういったカメラを選ぶようにしましょう。

ちなみにですが、もし初期費用を安く抑えたいのであれば最初から防水機能が付いているタイプの方がおすすめです。

性能

360度カメラを選ぶ際には、従来のアクションカメラ同様に各種性能もチェックしておいた方がいいです。たとえば、どれくらいまでの撮影ブレに耐えられるのか?編集はどれくらい手軽なのか?ネットへの接続方法はどうなっているのか?といった部分が確認しておきたい性能です。

また、画素数なども気になる点だとは思いますが、最近の360度カメラはどのアイテムも2000万画素以上で4Kや7Kといった画質に対応しています。そのため、画像の解像度が低いかもしれないという心配はほとんど不要です。

なお、最近ではネットに動画をアップする人がほとんどなので、アプリへの連動力で選ぶという人も多いです。次に、ここまでの360度カメラ選びのポイントを踏まえた上で、おすすめの機種を4つご覧いただきたいと思います。

サーフィン用の360度カメラおすすめ4選

ここでは、サーフィン用の撮影に使う360度カメラの中でもおすすめの機種を厳選して4つピックアップしました。どれを買ったらいいか分からないという人は、まずこちらの4つの中から選んでみてください。

Insta360 ONE X

こちらの「Insta360 ONE X」は5.7Kという画質に加え、優れた編集機能を搭載した360度カメラです。撮影時には50 FPS (4K)もしくは100 FPS (3K)という2つのモードが選択可能で、サーフィンのように動きが激しいスポーツでも滑らかな動画を撮ることができます。なお、静止画の場合の画素数は1800万画素です。

このカメラの特徴はとにかく撮影後の編集が楽というところで、初めて360度カメラを購入するという方でも簡単に動画編集ができます。

また、スマホへの動画シェアもWi-Fiを使ってすぐに出来るので、撮った動画をその場でSNSにアップしたいという方にもおすすめです。さらに別売りで防水ケースや潜水ケースが販売されているため、サーフィン以外にもスキューバダイビングなどの際の撮影にも使えます。

360fly 4K

こちらはカメラ本体がすでに防水加工されているというサーファーにとって便利な360度カメラです。半球タイプのため撮影した動画には不自然さがなく、滑らかな動きが実感できます。またメモリが64GBもあって、電子コンパスやGPSも搭載されているため、1日におけるサーフィン動画を撮影するには十分なスペックと言えるでしょう。

さらにこの「360fly 4K」が優れているところは、アプリと連動させることで撮影している動画をリアルタイムでスマホやタブレットなどのモバイル端末に送信できる点です。しかも撮影した動画をその場で編集をすることもできます。サーフィンなどの外出先でもすぐに動画をアップしたいという方には非常におすすめで、初心者にも使いやすい1台となっています。

GoPro Fusion

アクションカメラの代名詞ともいえるのがこちらのGoProシリーズです。Fusionはスマホからでも操作ができて、さらに撮影した動画を編集するのも簡単というのが特徴的な部分となっています。

さらにVR動画を撮影することもできますので、いろいろな作品を生み出すことが可能です。また、動画編集の際にはステッチング時にスタビライザー機能をオンにすれば強力な手ぶれ補正機能を発揮してくれます。

しかも水深5メートルまでの防水機能付きということですから、まさにサーフィン撮影に使うにはうってつけの1台と言えるでしょう。ちなみにGoProシリーズは耐久性に優れ、付属のアクセサリーが充実しているところも魅力的な点です。

GoProに関する記事はこちら

RICOH THETA SC

こちらの「RICOH THETA SC」はアプリから動画をアップロードするのが楽で、動画のURLも発行できるというのがおすすめのポイントです。旅先などで撮影した動画を友人などに見てもらいたいというときにも非常に使えます。

なによりほかの360度カメラと比べて安いという点も魅力的です。3万円以下で購入することができますので、初めて360度カメラを買うという人からしても手が出しやすいかと思います。

360度カメラでサーフィンのVR動画も撮影可能


360度カメラではサーフィンのVR動画も撮影が可能です。先ほどもご紹介したGoProのFusionなどが代表的な例ですが、ほかの「RICOH THETA」シリーズなどでもVR動画の撮影は出来ますので、ぜひ試してみてください。

サーフィンをしている姿をVR動画に収めると、テクニックの紹介などもしやすいですし、なにより臨場感あふれる動画に仕上がります。こうした動画が撮影できるのも360度カメラの魅力と言えますので、ぜひ購入を検討してみてください。

サーフィン用の360度カメラをチェック!

サーフィンの撮影用におすすめという360度カメラをご紹介してきました。どのモデルも魅力的な部分がたくさんありますが、安く抑えたいという人の場合は最初から防水機能付きのタイプを選ぶことをおすすめします。

また、動画編集の知識がないという方の場合は半球タイプが便利ですので、あわせてそちらも参考までに覚えておいてください。

こちらの記事もおすすめ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事