サーファーなら思わず共感してしまうような「サーフィン・サーファーあるある」を初心者・心理・行動別に12個紹介します。

サーフィン・サーファーあるある《初心者編》

初心者サーファーならではのサーフィンでのあるあるを紹介。

あるある1「ウェットスーツの前と後ろがわからない」

チャックが付いてる方は前?後ろ?

サーファーにとっては当たり前の話ですが、ウェットスーツを初めて着る人にとっては着方がわからない…。サーフィンスクールで初めての人に説明が不足すると後前反対に着替えてしまうのはよくある話。

あるある2「サーフィンを始めた理由はモテそうだから」

サーフィンを趣味にしている人に「サーフィンを始めた理由は?」と聞くと「モテそうだから」というのはよくあること。「趣味はサーフィンです」って言いたいだけの場合も…

ただ、そのきっかけからサーフィンに熱中することも。実はサーフィンを始めるきっかけなんて何でいい。

あるある3「ローカルサーファーのおじさんが怖い」

初心者サーファーにとってローカルサーファーのおじさんは本当に怖い…真っ黒に日焼けした見た目が怖いというのがあるかもしれませんが、普通にサーフィンしてるだけなのに「怒られるんじゃないかな?」なんて心配してしまうことも…

あるある4「気象に興味を持つ」

自然を相手にするサーフィンで波情報をよく見ていると、気象に興味を持って、「気象予報士になろうかな?」と思い立つも難易度の高さ知って失望…というあるある。

サーフィン・サーファーあるある《心理編》

サーファーのサーフィンにおいての心理や秘めている感情あるあるを紹介。

あるある5「波がある日は朝からソワソワ」

朝起きて波情報をチェックして波がいいとソワソワが止まらない!「早く海に行きたい」という気持ちが高ぶってきてソワソワが止まらないというあるある。

あるある6「海水浴はつまらない」

サーフィンを始めるとただの海水浴はしなくなるというあるある。せっかく海に入るのにサーフィンしないなんてもったいない…

あるある7「自分より上手いサーファーの前乗りは仕方ない…」

前乗りはルール違反!だけど自分より上手いサーファーに前乗りされても「まあ、しょうがないかな」って思ってしまう…自分と同レベルやそれ以下のサーファーの前乗りは許せない。

あるある8「海・自然の怖さを熟知」

普段から波に巻かれたり流されたりして海での無力さを実感しているサーファーは自然の怖さを熟知している。

サーフィン・サーファーあるある《行動編》

サーファーがつい無意識に取りがちな行動あるあるを紹介。

あるある9「サーフィンのために仕事を変える」

サーフィンにハマって海近に住むために仕事を変えるというのはあるある。仕事前や仕事後にもサーフィンできる環境を求めて転職したくなるのです。

あるある10「サーフィン以外の海沿いドライブでも波チェック」

サーフィンとは関係なくただのドライブでも海沿いを通ると思わず「波はどうかな?」と見てしまうというあるある。それで波がいいと損した気持ちになる…

あるある11「台風の発生に敏感」

台風はいい波を届けてくれるのでサーファーは「台風の発生」に敏感。台風の進路予想をみていつ頃から影響が出るか予想をする。

あるある12「やたらビジターに厳しいローカルサーファーがいる」

ローカル意識が強すぎるサーファーで仲間にはすごく優しいのにビジターに対して怖いサーファーが…仲間の前乗りは笑って許すのにビジターの前乗りは絶対許さないみたいな…

 

こちらの記事もおすすめ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事